レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

記事内容

この記事では「Photoshopの使い方」として、レイヤーの基本と使い方について解説しています。

レイヤーはPhotoshopに欠かせない機能です。細かなことは使って行くうちに覚えるとして、まずは基本はしっかりと覚えましょう。

目次 ▽△

レイヤーとは!?

レイヤーとは透明なフィルムのようなものです。

Photoshopでは複数のレイヤーを重ねることで1枚の画像を作ります。イメージでは下図のようになります。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

①山のレイヤー、②木のレイヤー、③花のレイヤーが重なることで、1枚の画像を作っています。

また、画像そのものだけなく、色味や明るさ、コントラストなどの調整もレイヤーとして扱うことができます。下図のようなイメージです。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

①明るさ・コントラストのレイヤー、②トーンカーブのレイヤー、③色相・彩度のレイヤーが重なり、元画像がレタッチされました。ちなみに後述しますが、これらのレイヤーを調整レイヤーと言います。

なぜレイヤーを利用するのかですが、調整の自由度が高くなるからです。例えば、後から各レイヤーの効果を変えたり、あるいは削除することもできます。これにより微調整が可能ですし、何度でもやり直しが効きますね。

レイヤーを扱う上での注意点

まず、Photoshopを使い始めの頃にありがちなミスですが、レイヤーを調整する際は、調整したいレイヤーを選択しましょう。

例えば、2枚目のレイヤーを消したいのに、1枚目のレイヤーを消してしまうなど・・・。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

レイヤーパネルで選択してるレイヤーが編集されるので、2枚目のレイヤーを編集したいなら、2枚目のレイヤーを選択する必要があります。

それからレイヤーとレイヤーマスクも別物です(レイヤーマスクについては後述します)。例えば、これでたまにあるのが画像レイヤーの色をサンプルリングしたいのに、レイヤーマスクの色をサンプルリングしてしまうなどですね。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

初めの頃は混乱することもありますが、自分が目的のレイヤーを選択できているのかを、レイヤーパネルにて確認しましょう。

 

次に、レイヤーの並び順や役割などのレイヤー構成です。レイヤーの構成が変わってしまうと、出来上がる画像も変わります。

レタッチに慣れてくると、レイヤーの数が物凄く多くなり、レイヤー構成が把握できなることも出てきます。それで後からレタッチを微調整しようにも、どのレイヤーに手を付けていいのか分からなくなる。

こうならないように、レイヤー名の変更やグループ化などを使い、レイヤーは分かりやすい構成にしましょう。これらについては後述しています。

 

では、レイヤーの操作に欠かせない、レイヤーパネルの使い方について確認していきましょう。

レイヤーパネルの使い方について

Photoshopにレイヤーパネルが表示されていない場合は、メニューバーの [ウィンドウ] から [レイヤー] にチェックを入れてください。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

これでレイヤーパネルが表示されます。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

Photoshopのワークスペースとパネルのカスタムについて。作業しやすい環境を作る。

新規レイヤー作成

新規レイヤーを作成するには、ここをクリックします。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

また、 複製したいレイヤーを選択し、このマークを [option(Alt)] を押しながらクリックすれば、ダイヤログが表示されるので、レイヤー名などを入力することも可能です。

名前変更

名前を変更したいときには、レイヤー名をダブルクリックするだけです。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

名前が変更できる状態になるので、レイヤーの役割などが分かるような名前を入力しましょう。

選択

レイヤーを選択するには、そのレイヤーをクリックします。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

これでレイヤーがアクティブになる。編集したいレイヤーを選択しましょう。

重なりを変える

レイヤーの重なりを変えるにはドラッグです。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

複数枚選択するれば、複数枚を同時に動かすことも可能です。

表示・非表示

各レイヤーの左端にあり、目玉マークをクリックすると、レイヤーの表示・非表示を切り替えられます。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

不必要なレイヤーを非表示にしたり、効果の効き目などを確認する時に使います。

ちなみに、 [option(Alt)] を押しながらクリックすると、そのレイヤー以外の全てのレイヤーを一気に非表示にすることができます。

複製

レイヤーを複製するには、下のようにレイヤーをドラックします。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

これで複製ができます。

また、 [option(Alt)] を押しながらクリックすれば、ダイヤログが表示されるので、レイヤー名などを入力することも可能です。

グループ化

レイヤーの枚数が増えたときは、複数のレイヤーをグループ化すると、まとめて移動させたり、まとめて非表示にさせたりすることができ作業が楽になります。

レイヤーをグループ化するには、[command(ctrl)] を押しながらレイヤーをクリックし、グループ化したいレイヤーを選択します。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

その上で○印のマークをクリックします。これでグループ化の完了です。

また、 [option(Alt)] を押しながらクリックすれば、ダイヤログが表示されるので、レイヤー名などを入力することも可能です。

グループの中身を確認したい時は、下矢印をクリックします。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

また、グループにレイヤーを追加したい時は、ドラッグ&ドロップで追加可能です。

グループ化を解除したい時は、右クリックで [レイヤーのグループ解除] をクリックします。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

これでグループ化する前の状態に戻せます。

結合

複数のレイヤーを結合して、1つのレイヤーにすることもできます。レイヤー構成がスッキリしますし、データ量も軽くなる。

レイヤーを結合するには、[command(ctrl)] を押しながらレイヤーをクリックし、結合したいレイヤーを選択します。そして、右クリックで [レイヤーを結合] をクリックです。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

ショートカットキーは [command(ctrl ) + E] になります。

補足 ①

レイヤーを結合すると元に戻せません。後からやり直しが効かなくなるので、レイヤーを結合する前によく考えましょう。後からやり直すかもしれない場合は、グループ化を使うと良いです。

また、非表示レイヤーを結合した場合は破棄されます。

補足 ②

レイヤーの結合にはいくつかのパターンがあります(レイヤーの選択の仕方によって表示が変わる)。

それぞれは以下の通りです

  • レイヤーを結合・・・選択したレイヤーを結合して1つにする
  • 表示レイヤーを結合・・・表示されている全レイヤー(選択されていないものも含む)を結合して1つにする
  • 画像を統合・・・表示されている全レイヤー(選択されていないものも含む)を結合して背景レイヤーにする
  • 下のレイヤーと統合・・・選択したレイヤーとその下のレイヤーを結合して1つにする
  • グループを統合・・・グループ内の全レイヤーを結合して1つにする

となっています。

ロック

ロックはレイヤーを移動や編集できなくする機能です。誤操作の防止ですね。

ロックは下画像の部分で行えます。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

① 透明部分の編集ができなくなる、② ブラシで塗ったりなどの画像編集ができなくなる(移動は可)、③ レイヤーを動かすことができなくなる(編集は可)、④ 編集も移動も何もできなくなる、このような感じです。

ちなみに、ロックを解除するには、鍵のアイコンをクリックします。

不透明度の変更

不透明度の変更は下画像の部分で行えます。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

対象のレイヤーを選んでから不透明度を変更します。0 〜 100%で調整可能です。

不透明度の数値を下げると、レイヤーを透明にすることができます。写真のレタッチでは調整レイヤーなどの不透明度を下げることによって、レタッチの効果を調整することがありますね。

描写モードの変更

描写モードとは下のレイヤーに対してどのように合成するかを設定できる機能のことです。

ちょっとイメージしずらいですが、星の奇跡をぐるぐる回す比較明合成も描写モードを変えることで、作ることができます。

そして、描写モードの変更は下画像の部分で行えます。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

対象のレイヤーを選んでから描写モードを変更します。

とりあえず、すべて一気に覚える必要はないので、初めはこの場所で描写モードを変更できると確認できれば問題ありません。使って行くうちに必要なものを覚えると良いです。

レイヤーに関するその他知識

背景レイヤーについて

新規ファイルを作成した場合などに、最初の1枚目のレイヤーが「背景」レイヤーになっている場合があります。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

これですね。

このレイヤーはロックされているので、移動も編集もできません。もし、移動や編集をしたいなら背景レイヤーを、通常レイヤーに変更する必要があります。

その場合は、右クリックから [背景からレイヤーへ] をクリックです。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

ダイヤログが表示されるので、レイヤー名を入力し [OK] をクリックです。

ちなみに、背景レイヤーがないといけないことはないです。背景レイヤーはなくても構いません。

レイヤーの種類

簡単にレイヤーの種類を見てみましょう。

レタッチも最も使うのが「調整レイヤー」です。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。

上は調整レイヤーパネルです。調整レイヤーは明るさ、コントラスト、色味、彩度などを調整可能。

次に、 「スマートレイヤー」と呼ばれるレイヤーもあります。これは元画像の情報を保持できるという、ちょっと特殊なレイヤーです。これについては下記事にまとめます。

Photoshopのスマートオブジェクトとは!?スマートオブジェクト活用して効率よくレタッチしよう。

他には、「塗りつぶしレイヤー」があり、これはベタ塗り(全体が1色で塗りつぶされている)、グラデーション(全体にグラデーションがかかる)、パターン(ドット柄などの模様がかかる)のパターンがあります。写真のレタッチでもたまに使うことがあります。

図形を作る「シェイプレイヤー」、文字を入力する「テキストレイヤー」などもあります。これらは写真のレタッチでは出番は少ないです。

まとめ

  • レイヤーはPhotoshopに欠かせない機能なので、しっかりと基本的な使い方を覚えましょう。
  • 細かな描写モードなどは、使って行くうちに覚えれば良いでしょう。
  • レイヤーの種類も多いですが、これも必要なものを使って行くうちに覚えると良いです。

こちらの記事も

Photoshopのスマートオブジェクトとは!?スマートオブジェクト活用して効率よくレタッチしよう。

Photoshopでの画像ファイルの開き方。レイヤーとして開く方法など。

Photoshopでルミノシティマスク(輝度マスク)の作成方法。ブレンドや露出の調整に使えるレイヤーマスク。

彩度マスク(サチュレーションマスク)とは!?Photoshopで彩度マスクを作る方法。