Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

記事内容

この記事では「Photoshopの使い方」として、解像度とサイズを適切に設定する方法について解説しています。

特に、写真を印刷する場合には重要な項目なので、しっかりと確認するようにしましょう。

目次 ▽△

画素数と解像度の関係について

画素(ピクセル)とは!?

カメラのスペックには、2400万画像や6100万画像などのように、画素数の表示が必ずあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、デジタル写真は点の集合体です。なので、どんどん拡大していくと点が見えるようになる。

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

このように格子状に点々が見えますね。この点1つが、1画像となります(ちなみに画素 = ピクセル)。

なので、2400万画像の画像は、2400万個のピクセルの集合体と考えることができますね。縦横比が 3 : 2 なら、縦6000ピクセル × 横4000ピクセルとなる( = 2400万画像)。

そして、この画素数のことをざっくりと「サイズ」などど言われることがあります。特に、Web関連では画素数 = サイズという感じです。

しかし、画像を印刷する場合などでは、画素数だけでサイズは決められません。そこには解像度が関わってきます。

解像度とは!?解像度と画素数で画像サイズは決まる

解像度では 「ppi」という単位が使われます。これは pixel / inch(ピクセル・パー・インチ)の略で、「1インチ(25.4mm)あたり何ピクセルあるのか」を表しています。簡単にいうとピクセルの密度です。

例えば、 300ppi であれば、1インチあたり300個のピクセルが並んでいることになります。この場合、2400万画像(6000px × 4000px)の画像であれば、縦は20インチ(6000px ÷ 300ppi)で508mm(20インチ × 25.4mm)、横は13.3インチ(4000px ÷ 300ppi)で338mm(13.3インチ × 25.4mm)で、縦508mmで横338mmの画像サイズとなります。

また、 150ppiであれば、2400万画像(6000px × 4000px)の画像だと、縦は40インチ(6000px ÷ 150ppi)で1016mm(40インチ × 25.4mm)、横は26.6インチ(4000px ÷ 150ppi)で676mm(26.6インチ × 25.4mm)で、縦1016mmで横676mmの画像サイズとなります。

同じ2400万画素でも、300ppiの時よりも、150ppiの方が大きな画像サイズとなります。ピクセルの密度が半分になった分、画像サイズが伸びた感じですね。

そして、解像度はピクセルの密度なので、印刷するときに画像の画質に関わります。解像度が低い状態で印刷すると、荒さが目立ち、ぼやけた印象になってしまう。

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

左画像は解像度が高く綺麗ですが、右画像は解像度が低くボヤけています。

 

では、具体的に解像度はいくつにすれば良いのでしょうか!?

補足

ppi と似た言葉に、dpi (dot per inch) があります。dpiは印刷の際に使われる言葉です。

これは1インチあたり何ドットで表わすかを示し、このドットというのは多くの場合、印刷のインクの点になります(印刷された写真はインクの粒の集まりです)。

そして、似たような言葉ですが、必ずしもdpi = ppiではありません。例えば、印刷の際に100ppiの画像を300dpiで印刷することも可能です。この場合は、1インチ100個のピクセルを、300個のインクの粒で印刷することになります。画像データの1ピクセルを、さらに細かいインク粒の3点で印刷するイメージですね。

ただし、やろうと思えばできるという話で、意味があるかどうかは不明。300dpiで印刷したからといって、300ppiの画像になるわけではないので。元画像データが100ppiなので画質は変わりません。

具体的に必要な解像度は!?

まず、印刷する場合ですが、高品質に印刷するには一般的に350ppiが必要と言われています。逆に、これより高くしてもプリンターの限界があるので、画質は向上しないようですね。また、人の目にも限界があり、違いを認識できなくなる。

次に、Web上(SNSなど)にアップするなどの場合ですが、これはちょっと話がややこしいです。実は、この場合は解像度を考える必要はありません。というのも、モニターの解像度に依存するからです。

どんなに高い解像度の画像であっても、モニター依存で表示されるため、画質に変化はありません。例えば、500ピクセル × 500ピクセルで100ppiの画像と、 500ピクセル × 500ピクセルで350ppiの画像をWebにアップしても、モニターで見る画質は同じです(ファイルサイズもほぼ同じになります)。

なので、解像度を考える必要はありません。ただし、72ppiを使うことが習慣となっているようなので、とりあえず、Web用などでは72ppiにすると良いでしょう。

 

では、長くなりましたがPhotoshopで解像度と画像サイズを設定する方法を確認しましょう。

Photoshopで解像度と画像サイズを設定する

メニューバーの [イメージ] から [画像解像度] を選択します。

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

そうすると下のような画像になります。

ここで解像度の変更をします。まず、 [再サンプル] のチェックを外します。これで [解像度] の項目の数値を変更します。

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

[解像度] 、[幅] 、[高さ] は連動して動くようになっています。解像度を低くすれば幅と高さが増し、逆に解像度を高くすれば幅と高さが減ります。これは上で説明した通りですね。

上記した通り印刷用なら350ppi、Web用なら72ppiにすると良いです。

 

次に、画像サイズ(ピクセル数)自体を小さくしたり、大きくする場合です。この時は [再サンプル] のチェックを入れます。

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

こうすると [解像度] と [幅] 、 [高さ] が独立して動くようになります(幅と高さは鎖で繋がった状態にする)。そして、 [解像度] と [幅] 、 [高さ] を変えれば、画像サイズも変更されます。

数字を動かすと分かるかと思いますが、オリジナルの画像サイズ以上に大きくすることも可能です。これについては下で詳しくご説明します。

以上のようにして自分の目的にあった画像サイズにしましょう。

補足

SNSで出来るだけ高画質にアップしたい場合は、各SNSによって最適な画像サイズがあるので、調べてその大きさにすると良いでしょう。

ちなみに、Twitterは長辺4096ピクセル以下まで無劣化でアップ可能です(ファイルサイズ 5MB以下で)。

特に明確な目的がないのなら、画像サイズはオリジナルのままにして、解像度だけを350ppiの高解像にしておけば良いかと思います。

次に、 [再サンプル] についてです。

[再サンプル] について。「ディテールを保持 2.0」とは?

例えば、大きくプリントしたいけど画像サイズが足らない、もう少し解像度を上げられれば綺麗に印刷できるのに・・・という場合がしばしばあります。

上記した通り、 [画像解像度] の設定では、 画像サイズを大きくすることが可能です。低解像度の画像を高解像度にできます。

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

元は6048px × 3941px(約2380万画素)の画像ですが、横幅を倍にして12096px × 7882px(約9530万画素)に大きくしました。ちなみに、画像サイズを大きくすることをアップサンプリングというようですね。

そして、アップサンプリングする場合では、ピクセルを増加させ補間する必要があります。その補間方法を決めるのが、 [再サンプル] の項目になります。ちなみに、画像サイズを小さくする場合でも、ピクセルを間引く必要があので、その補間方法に関係してきます。

やはり、アップサンプリングする場合では、無かったピクセルを足すことになるので、画質劣化が避けられません。特に繊細感が低下します。ですが、Photoshopでは2017年に「ディテールを保持 2.0」という機能が搭載され、これがなかなか優れもののようです。

「ディテールを保持 2.0」はAdobeの人工知能「Adobe Sensei」のノウハウを活かした機能で、ディテールを保持しながら画像の変更の劣化が抑えられる機能になっています。AdobeHPには以下のように記載されています。

Photoshop に人工知能を活かしたアップスケール機能が搭載されました。これにより、大事なディテールやテクスチャを保持しつつ画像サイズを変更でき、劣化が抑えられます。スキントーンや髪のきめはもちろん、輪郭のはっきりしたテキストやロゴなどのディテールも保持されます。きめを保つのに手間のかかるスープ、サラダ、ピザのような被写体でお試しください。

では、「ディテールを保持 2.0」を試してみたいと思います。

まず、6048px × 3941px(約2380万画素)の画像を、12096px × 7882px(約9530万画素)にアップサンプリング。補間方法は「ディテールを保持 2.0」です。

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

約2380万画素と約9530万画素では、ここまでの大きさの違いがあります。

これを同じ大きさに表示させて比較します。つまり、約9530万画素では100%拡大表示、約2380万画素では200%拡大表示です。

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?
Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

左画像が約2380万画素の200%表示、右画像が約9530万画素の100%表示ですが、いかがでしょうか!?

ブラウザーを通してだと分かりにくいかもしれませんが、「ディテールを保持 2.0」を使いアップサイプリングした方が、境界線が若干くっきりし解像感が高いように感じます。ただ、思ったよりも効果は薄いような・・・。

もし、どうしても小さいサイズの画像を、大きなサイズにしたい時に、「ディテールを保持 2.0」は有用かと思います。とは言っても、やはりアップサイプリングには限界があるので、オリジナルで十分な画像サイズがあるのが一番良いです。

補足

[ディテールを保持 2.0] は、補間されるピクセルのブレンド率を高めながら、境界線のコントラストを高めるものです。

この補間方法をさらに活かすには、ピクセル数を2倍、4倍、8倍…という倍数するのが良い。2の倍数にすると、ピクセルのブレンド率が均等になるので、アップサンプリングの仕上がりがキレイになります。

まとめ

  • 印刷する場合は350ppi、Web用なら72ppiに解像度を変える
  • 特に目的がないなら画像サイズはオリジナルのまま350ppiの高解像にするのが良い
  • アップサイプリングには「ディテールを保持 2.0」が優秀だけど限界もある

こちらの記事も

Photoshopのワークスペースとパネルのカスタムについて。作業しやすい環境を作る。

彩度マスク(サチュレーションマスク)とは!?Photoshopで彩度マスクを作る方法。

Photoshopで細かな選択範囲を簡単に作る方法。細かな木々と空を切り抜く方法。

Photoshopで画像をシャープにするフィルターの使い方(アンシャープマスク、スマートシャープ、ぶれの軽減など)。