Lightroom ClassicとLightroomの違いについて。自分にあったプランを探そう。

記事内容

この記事では「Lightroom Classicの使い方」のLessen 0として、Lightroom ClassicとLightroomの違いについて解説しています。

この2つは全く使い勝手の違うアプリです。Lightroom ClassicとLightroomの違いを理解して、自分にあった方を選びましょう。

目次 ▽△

Adobe Creative Cloudについて

そもそもAdobe Creative Cloudとは?

AdobeのHPをみると「Adobe Creative Cloud」という単語が出てきます。

まずは、Lightroom ClassicとLightroomの違いを解説する前に、Adobe Creative Cloudについて確認しましょう。

Adobeは写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上のアプリをランナップし、他にも様々なサービスを提供しています。写真の加工にはPhotoshop、イラストにはIllustratorなどが有名ですね。

これらのAdobeが提供する数多くアプリやサービスの全体をまとめて「Adobe Creative Cloud」という呼び方をしています。Adobe Creative CloudはAdobeのアプリやサービスの集合体ですね。

そして、私たちはAdobe Creative Cloudの中から使いたいアプリやサービスを、月額払いや年額払いで利用することが可能になっています。

写真関連には3つのアプリがある

Adobe Creative Cloudには写真関連で3つのアプリがあります。

  • Photoshop
  • Lightroom Classic
  • Lightroom

それがこの3つです。

実は、かつてLightroomは一つしかありませんでしたが、2017年に「Lightroom」と「Lightroom Classic」に分離しました。

何故なのか!?・・・。 それについてはLightroom ClassicとLightroomの性質の違いにあります。

ちなみに、PhotoshopとLightroomの違いについては下の記事を参考にしてください。

LightroomとPhotoshopの違いを解説する。Lightroomの特徴を理解しよう。

Lightroom ClassicとLightroomの違いについて

いくつかの項目に分けて、Lightroom ClassicとLightroomの違いを説明します。

使えるデバイスの違い

Lightroom Classic Lightroom
使えるデバイス PC PC・タブレット・スマホ

まず、Lightroom ClassicはPCにインストールして使う必要がります。そして、Lightroom Classicはタブレットやスマホでは使用できません。

一方で、LightroomはPCにインストールして使える他、タブレットやスマホに対応したアプリもあります。また、PCにインストールしていなくても、web版がありネットを経由して(ブラウザを経由)して使用できます。

 

この点ではLightroomの方がメリットが大きいでしょう。最近のカメラはWi-FiやBluetoothが内蔵されているので、その場でスマホに転送、サクッとLightroomで編集してSNSに投稿ということも可能なわけです。

また、Lightroomはweb版があるので異なるPCで簡単に写真編集することができます。いちいちアプリをインストールする必要がありません。

Lightroom Classicではそうは行きませんね。Lightroom ClassicはインストールしたPCだけでの使用なので、ちょっと機動力に欠けます。

画像の保存先の違い

Lightroom Classic Lightroom
画像の保存先 PCや外付けHDD内
(ローカル)
クラウド

Lightroom Classicは画像をPC内や外付けHDD内に保存します。従来からの方法です。

一方で、Lightroomは画像をクラウドに保存します(ローカルに保存できない)。つまり、ネット上に置かれたサーバーに画像を保存する。

 

この場合、Lightroom Classicのメリットとしては、容量の制限がないことです。外付けHDDなどを取り替えれば、10TBでも100TBでも行けます。それに対し、Lightroomの場合はクラウドの容量に制限があり、最大で10TBまでです(1TBを超える場合は追加料金で10TBまで拡張する)。

また、Lightroom Classicはネット環境がなくても写真編集が可能です。一方で、Lightroomはクラウドに画像を保存するので、ネット環境がないと写真編集不可。そして、RAWなどの重いファイルだと、速度的にもLightroom Classicの方が優位だと思います。

一方で、Lightroomだとネット環境さえあれば、どこでも写真編集可能というメリットがあります。ネット上に画像があるので、外付けHDDなどを持ち歩く必要がありません。また、Lightroomはバックアップも自動でAdobeのサーバーが保存してくれます。Lightroom Classicは手動でのバックアップになる。

機能性の違い

Lightroom Classic Lightroom
機能性 多機能 シンプル

Lightroom ClassicはPC向けアプリなので、細かい補正も可能で多機能になっています。

一方で、Lightroomはタブレットやスマホでの使用も想定しているので、非常にシンプルな操作性となっています。

機能的にはLightroom Classicの方が出来ることが多いですが、Lightroomもバージョンパップされるにつれて機能性が良くなっているので、差は小さくなっていくと言われているようですね。

 

以上が、Lightroom ClassicとLightroomの違いでした。

Lightroom ClassicとLightroomはどっちがおすすめか!?

元々はLightroomは一つしかありませんでしたが、2017年にモバイルやクラウドの高まりを受けて「Lightroom」と「Lightroom Classic」に分離しました(この動きをProject Nimbusと呼ぶ)。

2つの違いは上記した通りですが、従来のLightroomは「Lightroom Classic」に受け継がれ、「Lightroom」が新しく加わった形になります。

Lightroom Classicがおすすめな人

  • 2017年以前よりLightroomを使っている人
  • RAWで撮影する人
  • じっくり編集したい人

2017年以前よりLightroomを使っている人は操作性が似ているLightroom Classicで良いでしょう。

また、RAWで撮影する人もLightroom Classicがおすすめ。やはりLightroomはクラウドの容量が心配です。RAWで撮影していると、1TBは1年経たずに一杯になってしまうかもしれません。その後は課金しても10TBまでです。

そして、じっくり写真を編集したい人も比較的多機能なLightroom Classicが良いでしょう。

Lightroomがおすすめな人

  • 初心者の人
  • 場所を問わず作業したい人
  • RAWで撮らない人

Lightroomはシンプルで分かりやすい操作性なので、初心者の方はLightroomが良いかもしれませんね。写真管理もLightroomの方が楽らしい。

家だけでなく場所を問わずに写真編集したい場合は、Lightroomの方が適しているでしょう。ネット環境さえあればどこでも編集可能です。タブレットやスマホでも編集できるのでフットワークが軽いです。

また、基本的にRAWでは撮らない人もLightroomの方が適していると思います。JPEGなら容量の心配も少ないです。ライトなユーザーはこちらです。

Lightroom ClassicとLightroomのプランについて

まず、Lightroom Classicを使いたい場合は、単体でのプランがなく「フォトプラン」を選ぶ必要があります。

「フォトプラン」は「Lightroom Classic、Lightroom、Photoshop」の3つを使えるサービスです。写真をがっつりやるなら、このプランとなります。ちなみに、「フォトプラン」には2通りあります。

そして、Lightroomを使いたい場合では、「フォトプラン」の他に「Lightroom単体プラン」もあります。

フォトプラン(20GB) フォトプラン(1TB) Lightroom単体プラン
価格(月払い) 980円 1980円 980円
価格(年払い) 11760円 23760円 11760円
アプリ Lightroom Classic
Lightroom
Photoshop
Lightroom Classic
Lightroom
Photoshop
Lightroom
クラウドストレージ 20GB 1TB 1TB
※価格は税別。

フォトプランの場合では、クラウドストレージが20GBか1TBの違いがあります。Lightroom Classicを使いたい場合は、クラウドはあまり使わないかと思いので20GBで良いかと。ちなみに、20GBはRAWで約400枚程度、jpegで約4000枚程度の枚数、1TBはRAWで約2万枚枚程度、jpegで約20万枚程度の枚数となります。

フォトプランならLightroom ClassicとLightroomの2つを使えるので、Lightroom Classicをメインに使い、Lightroomも時々使うみたいなことも可能ですね。Lightroom Classicでコレクションに入れた写真を同期することで、スマホやタブレットのLightroomで編集することもできます。

Lightroom単体プランは月払い980円で最初からクラウドストレージ1TBです。課金すれば10TBまで増やせます(フォトプランも)。

まとめ

  • Lightroom ClassicはPCで使いローカルに画像を保存、ネット環境がなくても使える
  • LightroomはPC・タブレッド・スマホで使え、クラウドに画像を保存、ネット環境が必要
  • 自分にあった方を選ぼう

こちらの記事も

Lightroomの変形の使い方について。歪みを除去して自然な見え方にする。

Lightroomのシャープとノイズ低減の使い方について。写真の細部を補正する。

Lightroomの「コピペ」、「同期」、「書き出し」の使い方について。

Lightroomの切り抜き(トリミング)、角度補正、スポット修正の使い方について。