Nikon(ニコン)のミラーレスカメラまとめ。

記事内容

この記事ではNikon(ニコン)のミラーレスカメラについて、それぞれの特徴を簡単にまとめています。

Nikon(ニコン)のミラーレスカメラは、今の所ではフルサイズ機のみの展開となっています。発売してから時間が経っておらず、機種もまだ多くありません。これからという感じです。

目次 ▽△

Nikon(ニコン)のミラーレスカメラについて

ニコンは長年に渡って一眼レフカメラを製造してきましたが、昨今のミラーレス化の流れを受け、2018年に初のフルサイズミラーレスカメラを発売しました。

それが「Zシリーズ」です。ミラーレスカメラでもニコンらしい堅実な製品作りが活きています。ボデ機は頑丈、AF精度なども確かなものです。ただし、まだまだレンズのランナップは少ないく、これからという雰囲気。

ちなみに、Zシリーズは「Zマウント」を採用しています。

Nikon(ニコン)のZシリーズ:フルサイズミラーレスカメラ

まず、Nikon(ニコン)Zシリーズのフルサイズミラーレスカメラにはこのような機種があります(現在HPで現行モデルとされているもの)。

  • Z7
  • Z6
  • Z5

それぞれ個別にご説明します。

Z7

Nikon(ニコン)のミラーレスカメラまとめ。

Z7は高画素機モデルとなります。

約4575万画素のローパスフィルターレスセンサーを搭載。先鋭感と繊細感のある画を創り出します。また、裏面照射型センサーなので、高感度にも強くなっています。しかし、実際には高画素機なので高感度耐性はそこそこです。

連写はAF/AE追従で9コマ/秒です。高画素機にしては早い。連続撮影は約23コマまでなので、連写息切れは早いかも知れませんね。AFポイントは493点あり、画面の90%を覆う広範囲です。動体への追従性能はあまり高くは無いようです。Z7は動体向けのカメラではなく、どちらかというと風景などの静体向け。

ボディについてはニコンならではの堅牢性を備え、しっかりとした防塵防滴です。ボディ内手ぶれ補正の効果もしっかりとしています。EVFも自然な見え方で高評。ちなみに、約675gなのでそこまで軽量ではありません。

Z7の基本スペック
有効画素数 約4575万画素
画像エンジン EXPEED 6
連写速度 約9コマ/秒
AFポイント 493点
手ブレ補正 光学式5軸手ブレ補正
動画 4K/30P・フルHD
ファインダー EVF(約369ドット有機ELパネル)
モニター チルト式タッチパネル対応・約210万ドット3.2型液晶モニター
重さ 約675g
防塵防滴
通信 WiFi・Bluetooth

Z6

Nikon(ニコン)のミラーレスカメラまとめ。

Z6は約2450万画素のスタンダードモデルです。ローパスフィルターはありです。高画素ではないのでZ7よりもずっと高感度耐性は高いです。

また、Z6は動体にやや強いです。AFポイントは273点で減りますが、追従性はZ7よりも良いとされています。暗さにも強く、-6EVの低輝度までAF可能です(Z7は-4EV)。連写はAF/AE追従で約12コマ/秒なので早い方です。

ボディに関してはZ7と全く同じです。ホールドしやすく、気候耐性も抜群で安心して使えます。

Z6の基本スペック
有効画素数 約2450万画素
画像エンジン EXPEED 6
連写速度 約12コマ/秒
AFポイント 273点
手ブレ補正 光学式5軸手ブレ補正
動画 4K/30P・フルHD
ファインダー EVF(約369ドット有機ELパネル)
モニター チルト式タッチパネル対応・約210万ドット3.2型液晶モニター
重さ 約675g
防塵防滴
通信 WiFi・Bluetooth

Z5

Z5は約2493万画素のエントリーモデルです。AFについてはZ6と同じ273点AFポイント。ただし暗所にはちょっと弱く、-3EVの低輝度までAF可能です(Z6は-6EV)。連写はAF/AE追従で約4.5コマ/秒なので普通ですね。

ボディに関しては右肩のサブ液晶がないのが特徴です。また、SDカードのダブルスロットを採用し、さらにUSB給電が可能となっています。

Z5の基本スペック
有効画素数 約2493万画素
画像エンジン EXPEED 6
連写速度 約4.5コマ/秒
AFポイント 273点
手ブレ補正 光学式5軸手ブレ補正
動画 4K/30P・フルHD
ファインダー EVF(約369ドット有機ELパネル)
モニター チルト式タッチパネル対応・約104万ドット3.2型液晶モニター
重さ 約675g
防塵防滴
通信 WiFi・Bluetooth

Nikon(ニコン)のZシリーズ:APS-Cミラーレスカメラ

次にNikonのAPS-Cミラーレスカメラです。

Z50

Nikon(ニコン)のミラーレスカメラまとめ。

ニコンで初のAPS-CミラーレスカメラになるのがZ50です。

軽量コンパクトなボディながら、しっかりとした性能になっています。しかし、ボディ内手ぶれ補正は搭載されていません。また、ニコンは強固な防塵防滴が売りですが、このカメラは防塵防滴に配慮した設計となっています。

それでも気軽に持ち歩けるカメラとして良い選択肢になりと思います。これからAPS-C専用レンズも増えてくるでしょう。

Z50の基本スペック
有効画素数 約2088万画素
画像エンジン EXPEED 6
連写速度 約11コマ/秒
AFポイント 209点
手ブレ補正 ×
動画 4K/30P・フルHD
ファインダー EVF(約236ドット有機ELパネル)
モニター チルト式タッチパネル対応・約104万ドット3.2型液晶モニター
重さ 約450g
防塵防滴
通信 WiFi・Bluetooth

以上がニコンのミラーレスカメラまとめでした。

こちらの記事も

写真撮影の時に心がけた方が良い基本事項。初心者にありがちな失敗を減らそう。

一眼レフやミラーレスのレンズの選び方。まずはこれを読んでレンズ選びに役立てよう。

カメラの設定の方法について!絞り(F値)・シャッタースピード・ISO感度の設定の方法を知って露出を決めよう。

Lightroomの段階フィルター、円形フィルター、ブラシの使い方について。