Sony(ソニー)の一眼レフカメラまとめ。

記事内容

この記事ではSony(ソニー)の一眼レフカメラについて、それぞれの特徴を簡単にまとめています。

Sony(ソニー)の一眼レフカメラは、ちょっと停滞気味で、まだ機種も少ないです。どんなカメラがあるのかご紹介します。

目次 ▽△

Sony(ソニー)の一眼レフカメラについて

ソニーはミラーレスカメラが主力となっていますが、一眼レフカメラのラインナップもあり、αシリーズと呼ばれています。これは「Aマウント」を採用。

ただし、ソニーはミラーレスカメラに注力しているようです。一眼レフカメラの方はなかなか新製品が発売されていません。最新機種でも2016年発売です。ただし、新しいAマウントレンズは発売させているので、マウントが無くなることはなさそうです。

とは言っても、なかなか手を出しにくいマウントではあります。

Sony(ソニー)の一眼レフカメラ

まず、Sony(ソニー)の一眼レフカメラにはこのような機種があります(現在HPで現行モデルとされているもの)。

  • α99 II
  • α77 II

それぞれ個別にご説明します。

α99 II

α99 IIは4240万画素の高画素モデルとなっています。裏面照射型センサーなので高感度耐性もある程度ある。あとローパスフィルターレス仕様です。

連写はAF/AE追従で12コマ/秒。高画素機としては早いです。連続撮影枚数もRAW54枚なので、連写の息切れはしにくいかと思います。AポイントFは399点でレフ機にしては多いです。瞳AFなどもあります。

あと光学式手ぶれ補正搭載になっています。そして、ファインダーが一眼レフカメラなのに電子ビューファインダー(EVF)仕様です。ソニーらしい型破りな仕様ですが賛否はあります。光学式ファインダーがレフ機の強みでもありますからね。バッテリーの減りも早くなります。

ボディは約849gで重めですが防塵防滴構造です。モニターは2軸チルト式、タッチパネルは未対応。

α99 IIの基本スペック
有効画素数 約4240万画素
画像エンジン BIONZ X
連写速度 約12コマ/秒
AFポイント 399点
手ブレ補正 最高4.5段分・光学式5軸手ブレ補正
動画 4K/30P・フルHD
ファインダー EVF(約236万ドット有機ELパネル)
モニター チルト式・約123万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約849g
防塵防滴
通信 WiFi・Bluetooth

α77 II

α77 IIはAPS-C機になります。約2430万画素でローパスフィルターはあり。

連写は12コマ/秒なので早いですが、連続撮影枚数がRAW26枚で少なめです。連写で息切れが早いかもしれません。AFポイントは79点で、いたって普通な性能です。4K動画は不可

そして、このカメラも手ぶれ補正搭載。ただしα99 IIのように5軸ではないようです。また、α99 II同様にファインダーはEVFです。カメラの重さは約726gなので、APS-C機としては重めでしょう。

α77 IIの基本スペック
有効画素数 約2430万画素
画像エンジン BIONZ X
連写速度 約12コマ/秒
AFポイント 79点
手ブレ補正 光学式ブレ補正
動画 フルHD/60P
ファインダー EVF(約236万ドット有機ELパネル)
モニター チルト式・約123万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約726g
防塵防滴
通信 WiFi

以上がソニーの一眼レフカメラまとめでした。

こちらの記事も

Photoshopで不要なものを消す方法。コピースタンプ、修復ブラシツール、パッチツールなどの使い方。

ボケを大きくするコツ!ボケの4要素を知ってボケをコントロールしよう。

ホワイトバランスの基本と設定方法!ホワイトバランスについて基本的知識を付けよう。

ゴースト・フレアとは何か?その防止方法について。