Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

記事内容

この記事ではOlympus(オリンパス)の現行ミラーレスカメラについて、それぞれの特徴を簡単にまとめています。

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラはプロユースの本格仕様のものから、おしゃれな女性向けカメラまでラインナップが揃っています。それぞれの違いを知った上で、自分に合ったものを見つけましょう。

目次 ▽△

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラについて

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

オリンパスはフォーサーズというAPS-Cよりも一回り小さなセンサーの規格でカメラを作っています。フォーサーズのカメラは軽量コンパクト、価格も比較的抑えられているのが特徴です。

そして、フォーサーズ規格のカメラは「マイクロフォーサーズマウント」を採用しています。実は、マイクロフォーサーズマウントはパナソニックも採用しているので、オリンパスとパナソニックはメーカーが違うのに、レンズを共通で使える変わったマウントになっています。

そんなオリンパスには「PENシリーズ」と「OM-Dシリーズ」という2つのシリーズがあります。

PENシリーズはいわゆる女子カメラというものを最初に形成したと言えます。おしゃれで使い勝手も良いです。一方で、OM-Dシリーズはアウトドアでガシガシ使え非常にタフ、ハイアマからプロまで対応しています。あと手ぶれ補正も超強力です。

では、一つづつどんなカメラがあるのか特徴を見てみましょう。

Olympus(オリンパス)のOM-Dシリーズ

まず、Olympus(オリンパス)のOM-Dシリーズにはこのような機種があります(現在HPで現行モデルとされているもの)。

  • E-M1X
  • E-M1 MarkⅢ
  • E-M1 MarkⅡ
  • E-M5 MarkⅢ
  • E-M5 MarkⅡ
  • E-M10 MarkⅢ
  • E-M10 MarkⅡ

それぞれ個別にご説明します。

E-M1X

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

E-M1XはOM-Dシリーズの中でフラグシップモデルになります。

特徴としては縦位置グリップ一体型形状で、横位置・縦位置撮影にて同じホールディング性を実現していることです。また、1機能1ボタンにこだわったボタンレイアウトを採用し操作性も抜群です。ファインダーも業界トップクラスとなる最高0.83倍で視野性が広いです。防塵・防滴・耐低温構造も非常に優れ、「WEATHER PROOF」と表記されるほど。

連写はAF/AE追従最高15コマ/秒で速い(AF/AE固定なら最高60コマ/秒)。AF追従性も進化し、AF低輝度限界-6EVと暗い場所でもAFが効きやすくなっています。

手ぶれ補正についてはボディー単体で最高約7.0段もの手ぶれ補正を実現。シャッター速度4秒の手持ち撮影でも手ぶれが発生しないとされています。これは本当に凄い。ちなみに、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」との組み合わせでは、世界最高となる最高約7.5段です。

また、手持ち撮影でのハイレゾショットも可能となっています。三脚が不要なので気軽に超高繊細な画像を撮影できます。それから「ライブND」という機能が追加。これは複数の画像を合成して疑似的に露光時間を延ばすことで、スローシャッター効果を使った表現が得られる新機能です。撮影シーンやレンズごとにフィルターを付け替える手間が省けるだけでなく、フィルター装着が困難なレンズを使う場合にも活用できます(ND32相当まで)。

重さが約997gとフォーサーズのカメラとしてはかなり重いですが、機能はてんこ盛りです。

E-M1Xの基本スペック
有効画素数 約2037万画素
画像処理エンジン デュアルTruePic VIII
連写速度 15コマ/秒
AFポイント 121点
手ブレ補正 最高約7.0段・5軸手ブレ補正
動画 4K/30P・C4K/24P・フルHD
ファインダー EVF(約236万ドット)
モニター 2軸可動式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約997g
防塵防滴
通信 WiFi・Bluetooth

E-M1 Mark III

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

E-M1 Mark IIIもプロフェッショナルモデルの位置付けになります。E-M1Xとスペック的にも似てる点が多いです。

手ぶれ補正についてはボディ単体で7段です。旧モデルのE-M1 Mark II(5.5段分)よりも大きく進化しました。E-M1Xと同じです。

あとは、やはり強力な防塵防滴構造です。ボディー各所に施したシーリングが、砂やホコリ、雨、水しぶきなどの侵入を防ぎます。-10℃耐低温性能もあり信頼性が高い。

重さは580gでE-M1Xよりだいぶ軽く、軽量コンパクトなボディに必要な機能がぎゅっと詰まっている印象です。

E-M1 Mark IIIの基本スペック
有効画素数 約2037万画素
画像処理エンジン TruePic IX
連写速度 約15コマ/秒
AFポイント 121点
手ブレ補正 7段・5軸手ブレ補正
動画 4K/30P・C4K/24P・フルHD
ファインダー EVF(約236万ドット)
モニター 2軸可動式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約580g
防塵防滴
通信 WiFi・Bluetooth

E-M1 Mark II

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

E-M1 Mark IIは、E-M1 MarkⅢの旧モデルになります。

手ぶれ補正についてはボディ単体で5.5段になります。新モデルは7段分なのでそれよりは穏やかです。それでも十分な効果なのは違いません。

あとは、やはり強力な防塵防滴構造です。ボディー各所に施したシーリングが、砂やホコリ、雨、水しぶきなどの侵入を防ぎます。-10℃耐低温性能もあり信頼性が高い。

E-M1 Mark IIの基本スペック
有効画素数 約2037万画素
画像処理エンジン TruePic VIII
連写速度 約15コマ/秒
AFポイント 121点
手ブレ補正 5.5段・5軸手ブレ補正
動画 4K/30P・C4K/24P・フルHD
ファインダー EVF(約236万ドット)
モニター 2軸可動式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約574g
防塵防滴
通信 WiFi

E-M5 MarkⅢ

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

E-M5 MarkⅢはミドルクラスに位置するカメラ。画素数は2037万画素になります。旧モデルであるE-M5 MarkⅡ(1605万画素)よりも増えている。

5.5段分の5軸手ブレ補正を搭載し、連写は10コマ/秒となります。AF測距点は121点で上位モデルと同じような仕様です。ちなみに、シングルスロット。

ボディはしっかりとした防塵防滴構造でフィールドでもガシガシ使えます。ハイレゾショットも可能で高解像な画像を生成できる。

E-M5 MarkⅢの基本スペック
有効画素数 2037万画素
画像処理エンジン TruePic VIII
連写速度 10コマ/秒
AFポイント 121点
手ブレ補正 5.5段分・5軸手ブレ補正
動画 4K/30P・C4K/24P・フルHD/60P
ファインダー EVF(約236万ドット)
モニター 2軸可動式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約414g
防塵防滴
通信 WiFi・Bluetooth

E-M5 Mark II

E-M5 Mark IIもミドルクラスに位置するカメラで、E-M5 Mark IIIの旧モデルです。画素数は1605万画素になります。

5段分の5軸手ブレ補正を搭載し、連写は10コマ/秒となります(AF固定、AF追従なら約5コマ/秒)。AF測距点は81点。動きものにはそこまで強くないようです。ちなみに、シングルスロット。

新モデルと同様、ボディはしっかりとした防塵防滴構造で、ハイレゾショットも可能。

E-M5 Mark IIの基本スペック
有効画素数 1605万画素
画像処理エンジン TruePic VII
連写速度 10コマ/秒
AFポイント 81点
手ブレ補正 5段分・5軸手ブレ補正
動画 フルHD/60P
ファインダー EVF(約236万ドット)
モニター 2軸可動式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約469g
防塵防滴
通信 WiFi

E-M10 Mark III

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

E-M10 Mark IIIはエントリークラスに位置するカメラです。外装は樹脂製で、防塵・防滴や耐低温性はありませんが、約410gと軽量です。

画素数は1605万画素、連写は8.6コマ/秒(AF固定、AF追従なら4.8コマ/秒)、AF測距点は121点、ハイレゾショットは不可となっています。カスタマイズ系の機能が弱めな為に、操作性があまり良くないらしい。

サブカメラとして便利かも知れませんね。

E-M10 Mark IIIの基本スペック
有効画素数 1605万画素
画像処理エンジン TruePic VIII
連写速度 8.6コマ/秒
AFポイント 121点
手ブレ補正 4段分・5軸手ブレ補正
動画 4K/30P・フルHD
ファインダー EVF(約236万ドット)
モニター チルト式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約410g
防塵防滴 ×
通信 WiFi

E-M10 Mark II

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

E-M10 Mark IIはE-M10 Mark IIIの前モデルになります。

画像処理エンジンが1世代古くなること、連写がわずかに劣ること、AF測距点が81点であること、4K動画が撮影不可なこと、などが違いとなっています。

E-M10 Mark IIの基本スペック
有効画素数 1605万画素
画像処理エンジン TruePic VII
連写速度 8.5コマ/秒
AFポイント 81点
手ブレ補正 4段分・5軸手ブレ補正
動画 フルHD/60P
ファインダー EVF(約236万ドット)
モニター チルト式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約399g
防塵防滴 ×
通信 WiFi

Olympus(オリンパス)のPENシリーズ

次に、Olympus(オリンパス)のPENシリーズを見てみましょう。シリーズにはこのような機種があります(現在HPで現行モデルとされているもの)。

  • PEN-F
  • E-PL10
  • E-PL9
  • E-PL8

それぞれ個別にご説明します。

PEN-F

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

フィルムカメラのようなクラシカルなデザインのPEN-F。約2030万画素のローパスフィルターレス仕様のセンサーを搭載しています。ハイレゾ撮影も可能で、5.0段・5軸手ブレ補正も搭載。

連写は5コマ/秒、AF固定で10コマ/秒になります。モニターはバリアングルでタッチパネル対応です。

おしゃれで需実した機能性ですね。

PEN-Fの基本スペック
有効画素数 約2030万画素
画像処理エンジン TruePic VII
連写速度 5コマ/秒
AFポイント 81点
手ブレ補正 5.0段・5軸手ブレ補正
動画 フルHD/60P
ファインダー EVF(約236万ドット)
モニター バリアングル・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約427g
防塵防滴 ×
通信 WiFi

E-PL10

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

E-PL10はファインダーがないモデルとなります。そのぶん約380gで小型軽量になっています。

アートフィルターという写真を加工する機能が充実していたり、スマホとの連携がしやすくなっていたりと、SNS時代を意識したカメラとなっています。内蔵フラッシュがあったり、モニターをぐるっと下向きになるので、自撮りも楽に撮れる。

3.5段・3軸手ブレ補正、約8.6コマ/秒の連写(AF固定)、121点のAF測距点などの基本スペックも高いですね。

E-PL10の基本スペック
有効画素数 約1605万画素
画像処理エンジン TruePic VIII
連写速度 約8.6コマ/秒
AFポイント 121点
手ブレ補正 3.5段・3軸手ブレ補正
動画 4K/30P・フルHD
ファインダー ×
モニター チルト式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約380g
防塵防滴 ×
通信 WiFi・Bluetooth

E-PL9

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

E-PL9はE-PL10の旧モデルになります。スペック的にはほぼ同じと言えます。

撮影モードに少しの違いがあるだけです。

E-PL9の基本スペック
有効画素数 約1605万画素
画像処理エンジン TruePic VIII
連写速度 約8.6コマ/秒
AFポイント 121点
手ブレ補正 3.5段・3軸手ブレ補正
動画 4K/30P・フルHD
ファインダー ×
モニター チルト式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約380g
防塵防滴 ×
通信 WiFi・Bluetooth

E-PL8

Olympus(オリンパス)のミラーレスカメラまとめ。

E-PL8はE-PL9の前モデルになります。

違いは、画像処理エンジンが1世代古くなりこと、AF測距点が81点で減ること、連写が約7.4コマ/秒でやや遅くなること(AF固定)、4Kが撮れない、フラッシュやBluetoothを内蔵していない点などです。

E-PL8の基本スペック
有効画素数 約1605万画素
画像処理エンジン TruePic VII
連写速度 約7.4コマ/秒
AFポイント 81点
手ブレ補正 3.5段・3軸手ブレ補正
動画 フルHD/30P
ファインダー ×
モニター チルト式・タッチパネル対応
約104万ドット3.0型液晶モニター
重さ 約374g
防塵防滴 ×
通信 WiFi

以上がオリンパスのカメラまとめでした。

こちらの記事も

Lightroomの段階フィルター、円形フィルター、ブラシの使い方について。

Lightroomのショートカットキーのまとめ。便利にLightroomを使う。

パンフォーカスと過焦点距離について。風景写真ではF値を何に設定してどこにピントを合わせれば良いのか。

Photoshopのレイヤーマスクについて。アルファチャンネルとは!?