おすすめNDフィルターはどれ?NDフィルターの選び方を知ろう。

記事内容

シャッタースピードをコントロールできるのが、一眼レフカメラやミラーレスカメラの魅力でもあります。

シャッタースピードを長くすれば、肉眼で見る世界とは違った、幻想的な写真を撮ることができます。スマホやコンデジにはできない表現です。

そして、こういった撮影には「NDフィルター」と呼ばれるものが必要になります。この記事では、NDフィルターの選び方やおすすめのNDフィルターについて解説していきます。

目次 ▽△

NDフィルターとは?

NDフィルターはこれ

NDフィルターとはこれです。

NDフィルターの選び方

見た目は黒色のガラスです。

もちろん、ただの黒いガラスではなく、色に影響を与えずに光の量を均一に減らすことができます。

シャッタースピードを長くする撮影では、ほとんどの場面でNDフィルターが必要になります。

それは何故なのか?

NDフィルターの必要性

まず露出オーバーになることを防げます。

例えば、シャッタースピードを長くしたい時は、絞りを絞るか、ISO感度を低くします。ただ、これにも限界があり、絞りはF22くらいまでしか絞れないし、ISO感度も100くらいまでしか低く設定できません。

この状況で無理にシャッタースピードだけを長くすると、露出オーバーで写真が真っ白になってしまいます。なので、NDフィルターを使い光量を減らしてあげる必要があるわけです。

また、絞り過ぎると「回折現象」という現象が起こり、解像感が失われてしまうことがあります。

NDフィルターの選び方
NDフィルターの選び方

これは左がF22、右がF5.6で撮影した画像を拡大したものです。左の方がモヤっとしていますよね。これが回折現象です。絞り過ぎると解像感が低下してしまいます。

細かなことですが気になります。細部に神は宿ると言いますね。

なので、絞り過ぎずにF11くらいで、シャッタースピードを長くして撮影したいわけです。やはりこのためにはNDフィルターが必要になります。

 

では、NDフィルターを選ぶポイントについて見てみましょう。

NDフィルターを選ぶポイント

フィルター番号

まず、一番大事なのが「フィルター番号」です。

NDフィルターは「ND8」とか「ND64」のように、「ND(数字)」の形で表記されます。この数字がフィルター番号です。

NDフィルターの選び方

そして、フィルター番号はNDフィルターの濃さを表しています。具体的に言うと、シャッタースピードを「フィルター番号」倍に遅くできます。

例えば、シャッタースピードが1秒の場合では、ND2なら2秒(1×2)、ND8なら8秒(1×8)、ND400なら400秒(1×400)のように、シャッタースピードを遅くできます。

撮影時のシャッタースピードにフィルター番号を掛けてあげれば、NDフィルターを使った時のシャッタースピードを計算できるわけですね。なので、フィルター番号が大きい方が減光効果が強く、よりシャッタースピードを遅くできます。

最初は分かりにくいかもしれませんが、表を作ってみました。

ND2 ND4 ND8 ND16 ND32 ND64 ND400 ND1000
1/4000秒 1/2000秒 1/1000秒 1/500秒 1/250秒 1/125秒 1/60秒 1/10秒 1/4秒
1/2000秒 1/1000秒 1/500秒 1/250秒 1/125秒 1/60秒 1/30秒 1/5秒 1/2秒
1/1000秒 1/500秒 1/250秒 1/125秒 1/60秒 1/30秒 1/15秒 0.4秒 1秒
1/500秒 1/250秒 1/125秒 1/60秒 1/30秒 1/15秒 1/8秒 0.8秒 2秒
1/250秒 1/125秒 1/60秒 1/30秒 1/15秒 1/8秒 1/4秒 1.6秒 4秒
1/125秒 1/60秒 1/30秒 1/15秒 1/8秒 1/4秒 1/2秒 3秒 8秒
1/60秒 1/30秒 1/15秒 1/8秒 1/4秒 1/2秒 1秒 6秒 16秒
1/30秒 1/15秒 1/8秒 1/4秒 1/2秒 1秒 2秒 13秒 33秒
1/15秒 1/8秒 1/4秒 1/2秒 1秒 2秒 4秒 26秒 66秒
1/8秒 1/4秒 1/2秒 1秒 2秒 4秒 8秒 50秒 125秒

ND400やND1000の減光効果はかなり高いですね。

ちなみに、こんな計算しなくても、スマホのアプリを使えば簡単に必要なシャッタースピードを教えてくれます。個人的にはNisiのアプリがおすすめです。

あと、NDフィルターは重ね付けもできます。その場合は、フィルター番号を掛けた効果になります。例えば、ND2とND8を重ね付けすると、ND16相当の減光効果になります(2×8)。

フィルター径

レンズにはレンズ径の表示があります。

NDフィルターの選び方

レンズによって径が異なるので、これに合うNDフィルターを選びましょう。

ちなみに、レンズ径が大きくなるとNDフィルターも高価になっていきます・・・。

補足

レンズが数本あり、フィルター径が異なる場合は、ステップアップリングを使う方法があります。

ステップアップリングを口径の小さなレンズに取り付けることで、口径の大きなフィルターを使用できるようになります。アダプターみたいなものですね。

なので、一番大きなレンズ径に合わせて、NDフィルターを購入すれば良いです。

NDフィルターの枠の厚み

NDフィルターの選び方

NDフィルターの枠の厚みにも、普通枠のものと、薄枠仕様のものとがあります。

超広角での撮影や、フィルターの重ね付けをした際に、フィルターの枠が影として写り込むことがあります。

NDフィルターの選び方

上写真の四隅の方に影ができていますね。これをケラレと言います。枠の厚みがあるために、それが写真に写り込んでしまっているわけです。

なので、広角レンズでの使用や、重ね付けを想定するのなら、薄枠仕様のNDフィルターを選ぶと良いです。ちなみに、Kenkoなどでは商品名に「W」と表記があれば、薄枠仕様となります。

おすすめNDフィルターは?

まず最初の1枚におすすめするならND16

とりあえずどんなものかNDフィルターを使ってみたいというのなら、まずはND16をおすすめします。

ND16くらいあれば、数秒程度のシャッタースピードを稼げます。なので、川、渓流、滝、海で水の流れを十分に表現できます。

これがND4やND8くらいだとやや効果が薄いことが多いです。使える幅が狭い。もう少し減光効果が欲しいところです。なので、ND16になります。

また、ND400やND1000など濃いNDフィルターになると扱いがやや難しくなります。ファインダーを見ても真っ暗ですし、AFなども使えないことが多いです。ND16くらいなら付けっ放しでも構図を決めたり、AFを使ったりもできます。

なので、とりあえずの1枚はND16がおすすめです。

もちろん、撮りたい写真があるのなら、それに見合ったNDフィルターを選びましょう。

作例で選ぶおすすめNDフィルター

水の流れを白糸のようにしたい:ND16・ND32がおすすめ

NDフィルターの選び方

先ほども書きましたが、水の流れを白糸のようにしたいのならND16がおすすめです。あるいはND32です。

シャッタースピードが数秒もあれば十分に流れを表現できます。

まずはこれを使ってみて色々と欲しいNDフィルターの濃さを探ってみると良いでしょう。

水面をつるつるにしたい:ND400・ND1000がおすすめ

NDフィルターの選び方

シャッタースピードを長くして、水面をスムーズにしたいのなら、ND400やND1000がおすすめです。どちらかというとND400の方がちょうど良い時が多いです。

シャッタースピードが30秒以上もあれば水面がスムーズになります。とても幻想的な写真に仕上がるのでおすすめです。

雲の動きを表現したり、明るい日中でも超秒したい:ND1000がおすすめ

NDフィルターの選び方

雲の流れをダイナミックに表現するには、多くの場合で1分以上のシャッタースピードが必要になります。

これにはND1000の濃いNDフィルターがおすすめです。使うのがちょっと難しいですが、うまく撮れると驚くような写真に仕上がります。ぜひチャレンジしてみて欲しい撮影です。

あと、これくらいの濃さなら明るい日中でもシャッタースピードを落とせます。なので、例えば、スクランブル交差点を歩く人の動きを、残像として表現することもできます。

アイディア次第で面白い写真が撮れそうですね。おすすめのNDフィルターです。

まとめ

  • NDフィルターは光量を減らすフィルター
  • NDフィルターの購入にはフィルター番号、径、厚みに気をつけよう
  • とりあえず、おすすめNDフィルターはND16
  • 水の流れを表現するなら、おすすめNDフィルターはND16かND32あたり
  • 水面などをスムーズにするなら、おすすめNDフィルターはND400
  • 雲を動かしたいなら、おすすめNDフィルターはND1000

こちらの記事も

Photoshopのレイヤーマスクについて。アルファチャンネルとは!?

35mm換算とは何か!?APS-Cやマイクロフォーサーズの35mm換算の方法。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

FUJIFILM(富士フィルム)のミラーレスカメラまとめ。