RAWとJPEGの違いを超分かりやすく解説!初心者にはRAWがオススメ!

記事内容

この記事ではRAWとJPEGの違いについて分かりやすく解説しています。

RAWとは何か、RAWの出来上がる過程、RAWの最大のメリットは何か、RAWとJPEGを比べた場合のメリット・デメリットなどについて図を交えて書いています。

最後まで読んで頂ければ、RAWについて必要な知識は十分に付きます。

目次 ▽△

写真≒JPEG

皆さん「JPEG」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。これは画像ファイルの形式の1つです。

JPEGなんて初耳という方も、実は普段から目にしているはずです。というのも、ネット上にある写真、SNSに投稿されている写真などは、かなり多くの割合でJPEGだからです。

RAWとJPEGの違い

ちなみに、jpgとJPEGも一緒と考えて問題ありません。

もちろん、デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮影し、PCやスマホで見ている写真も大体どれもJPEGです。

なので、「普段見ているデジタル写真≒JPEG」と言っても過言ではないです(中にはpngもあるし、こう少し専門的になるとpsdやtiff、他にも様々な画像ファイルがありますが、これはひとまず置いておきます)。

では、なぜJPEGはここまで広く使われているのかというと、色をたくさん扱えて綺麗であること、その割にデータを軽くできること、そしてPCやスマホなどさまざまな機器で表示できる汎用性があること、これらの理由からJPEGが一般的に多く使われているわけです。

 

では、RAWはどうなのかと言うと、実はRAWはまだ通常の写真ではありません。これについて順に解説していきましょう。

RAWとJPEGについての料理の例え

RAWとJPEGはよく料理に例えて説明されることがあります。ここでも簡単に雰囲気を掴んでもらう為に料理に例えてみます。

RAWは日本語で「未加工の」とか「生の」という意味の英語です。では、RAWを料理前の「生卵」、JPEGを料理された「卵焼き」としてみましょう。

RAWとJPEGの違い

生卵はこれから様々な料理になり得ます。卵焼きにもできるし、ゆで卵にもできる、茶碗蒸しやプリンにだってできます。可能性いっぱい。

一方で、卵焼きはこれ以上の料理するには限度があります。せいぜい更に焼いてスクランブルエッグくらいでしょうか。あとは味付けを変えるとかですかね。残念なことにプリンや茶碗蒸しにはもうできません。

つまり、RAW(生卵)もこれから色々変えられる可能性を多く秘めています。一方で、JPEG(卵焼き)はこれ以上変えられる余地は少ないです。

正確ではありませんが、これがざっくりとしたRAWとJPEGの雰囲気です。

 

次に、RAWと一体何なのか更に詳しく解説していきましょう。

RAWとは

RAWはそのままでは普通に見ることができない

すでに上記しましたが、RAWはまだ通常の写真ではありません。写真になる前の「写真の素」です。

RAWとJPEGの違い

もう少し詳しく言うと、RAWは「光を元にして作った色情報の集まり」です。そのままでは普通に写真として見ることができません。

例えば、写真(JPEG)だとPCでクリックすれば開いて見れますよね。しかし、RAWを開くには専用のソフトが必要になり、それがないとPCでも見られません。

もちろん、RAWはスマホでも見られないし、SNSなどにアップして公開することもできません。

RAWを元にしてJPEGなどの画像ファイルを作り、この段階で初めて写真として普通に見ることが出来るようになります。

 

では、理解を深める為にRAWとJPEGの出来上がる流れについて見てみましょう。

RAWとJPEGの出来上がる流れ

被写体からの光はレンズを通過しセンサーに当たります。ここで光は赤(R)、緑(G)、青(B)の3色の電気信号(データ)に変換されます。

次に、赤(R)、緑(G)、青(B)のデータは「画像処理エンジン」というカメラの頭脳みたいな場所に送られます。ちなみに、画像処理エンジンはニコンならEXPEED、キヤノンならDIGIC、ソニーならBIONZなどのかっこいい名前がついていますね。

そして、問題はここから先です。

RAWとJPEGの違い

もし、あなたがJPEGで記録するようカメラで設定をしていれば、画像処理エンジンで赤(R)、緑(G)、青(B)のデータがJPEGに変換され、画像ファイルとしてSDカードなどに保存されます。

一方で、あなたがRAWで記録するようカメラで設定をしていれば、画像処理エンジンは何もせず赤(R)、緑(G)、青(B)のデータをそのままSDカードなどに保存します。

つまり、RAWとはセンサーで生成した「赤(R)、緑(G)、青(B)のデータそのまま」ということになります。これがRAWです。なので、このままだと「色情報の集合」に過ぎないので、写真として普通に見られないわけです。写真になる前段階(写真の素)ということになります。

これを写真として普通に見られるようにするには、カメラの画像処理エンジンがしたように、自分でPCを使いRAWをJPEGなどの画像ファイルに変換してあげなければなりません。これには専用のソフトが必要で、ちょっと面倒です。

 

じゃ、JPEGでいいじゃんと思うかもしれませんが、RAWには大きなメリットがあります。

補足

補足として、なぜ光が赤(R)、緑(G)、青(B)の3色の電気信号(データ)に変換されるのかについて簡単に書きたいと思います。

赤(R)、緑(G)、青(B)というのは光の3原色ですね。

RAWとJPEGの違い

あらゆる色の光はこの3色の混ぜ合わせで出来ています。

なので、目で見ている光(あるいはカメラに入った光)はこの3色に分解することが出来る。

RAWとJPEGの違い

1枚のカラー写真も赤(R)、緑(G)、青(B)それぞれの色の画像を重ねることで出来上がっています。

ちょっと不思議ですね。

RAWの最大のメリット

RAWはデータ量が多い(14bit)

JPEGは8bitというデータ量で、明るさを256階調で表現できます(覚える必要はありませんが2の8乗)。一方で、RAWは14bitというデータ量があり(12bitのこともある)、明るさを16384階調で表現します(2の14乗)。

ちょとピントこないかもしれませんが、階調はグラデーションのことです。階調が多い方がグラデーションが滑らかで綺麗になります。

RAWとJPEGの違い

8階調だと色がカクカクしてグラデーションとすら呼べないですが、32階調ならまだマシ。256階調だとかなり滑らかです。16384階調だともっと滑らかになるはずです(後述しますがモニターでは表現できないし、仮に出来たとしても人の目には違いがわからないです)。

さらに、写真の色は赤(R)、緑(G)、青(B)で表現されると補足で書きましたが、JPEGなら赤256階調、緑256階調、青256階調で赤緑青の組み合わせは約1677万通り存在することになりますね(256×256×256)。つまり、JPEGは約1677万色の色データを持てます。

一方で、RAWは赤16384階調、緑16384階調、青16384階調で、なんと約4兆3980億色というとんでもない数の色データを持てます(16384×16384×16384)。

このように、JPEGに比べRAWは圧倒的なデータ量を持つのです。JPEGがいかにも多くのデータを失っているか分かりますね。

RAWとJPEGの違い

実はカメラ内では、RAWからJPEGに変換られた際に、余ったデータが大量に間引かれています(圧縮)。

 

ここで、RAWの方が色データがたくさんあるしJPEGよりも高画質だよねと思うかもしれませんが、ちょっとそれは違っています。

「RAW=高画質」ではない

何度か書きましたが、RAWはそのままでは、JPEGのように普通に見ることもできません。専用のソフトでRAWを開く必要があります。

そして、RAWを専用のソフトで開いても、結局のところ16384階調の約4兆3980億色で表示されるわけではありません。RAWからプレビュー画像が作られるだけなのでJPEGと同じです。14bitの大量にあるデータも8bitへ圧縮されることになります。

また、もし専用のソフトでRAWをそのまま表示できたとしても、今のところ約4兆3980億色を表示できるモニターは存在しません。iphoneでも表示可能な色は約1677万色、Mac book proは約1677万色より少ないです。しかも、人の目は1000万色程度しか識別できないようなので、JPEGの色数ですら多いくらいです。

なので、「RAW=高画質」はと言えません。

では、RAWの大量のデータは無意味なのかと言えば、決してそんなことはありません。RAWのデータはレタッチの際に大きな効力を発揮します

RAWの圧倒的データ量でレタッチが優位になる

レタッチの際には色や明るさを変えますが、ここに大量のデータを持つRAWの真価が発揮されます。

ホワイトバランスを自由に変えられる

RAWは色情報を大量に持っているので、ホワイトバランスを自由に変えられます。

一方で、JPEGはすでに色が決められた状態です。しかも、余った情報が間引かれています。これでホワイトバランスを変えようとすると破綻し劣化します。卵で言うと白身が固まった状態と言えるかもしれません。他の料理にしてと言われても限度があります。プリンにはなれません。

このRAWのメリットは本当に大きいです。ホワイトバランスを撮影現場で思ったように合わせるのは、かなり上等テクニックだと思います。ホワイトバランスオートでもやはり色が狂いますし。

RAWならこれを後から好きに調整できるので、撮影時の負担が全然違います。

明るさを変えられる幅も広い

RAWは明るさを変えられる幅もJPEGに比べ広いです。JPEGで明るさを変えた場合、劣化しノイズなどが発生することが多いです。

では、同じ暗い画像をRAWから明るくした場合と、JPEGから明るくしたば場合を比べてみましょう。

RAWとJPEGの違い

写真の左下を拡大し比較します。

RAWとJPEGの違い

RAWから明るくした画像は滑らかですが(左)、JPEGから明るくした画像は変色し質感もザラザラ(右)。明らかに大きく劣化しています。ここまでの差が出るのですね。

これはRAWが16384階調なのに対し、JPEGが256階調しかないためです。

RAWの場合は16384ある階調を引き伸ばしたり縮めたりし、それをJPEGにする際に256階調に落とし込みます。多数の階調から少数の階調を取り出すことになるので、階調と階調の間が開いてしまうことは、なかなか起こりません(無理な調整をすれば起こりますが)。よく伸びるバネみたいなイメージ。

JPEGをレタッチする場合は、256ある階調をまた256の階調に置き換えることになります。そうすると階調を引き伸ばしたり縮めたりすることで、階調と階調の間が開いてしまっても、間に埋めるものがありません。これが劣化を引き起こします。全然伸びないバネみたいなイメージ。

RAWとJPEGの違い

こんな具合ですね。ぐるぐる詰まったバネなら引き伸ばしても隙間は出来にくいですが、スカスカのバネを伸ばすと隙間が広くできます。階調の隙間が広いとグラデーションが途切れることになるので劣化します。JPEGからレタッチしたヒストグラムはクシのように途切れていますね。

RAWのレタッチ耐性は強力です。露出とかちょっとくらい撮影を失敗しても大丈夫です。また、カメラの性能(ダイナミックレンジ)を十分に引き出せます。メリットが大きいです。稀にある16itRAWは65536階調(2の16乗)あるので更にすごいでしょうね・・・。

RAWとJPEGの違いとメリット・デメリット

レタッチ耐性の他にRAWとJPEGの違いとメリット・デメリットについてまとめてみたいと思います。

RAWは手間、JPEGは楽

RAWは自分でJPEGに変換しなければなりません。この作業を「現像」とか「RAW現像」と呼びます。フィルムの現像から来ている言葉ですね。

この現像には専用の現像ソフトが必要です。カメラを買ったらCD-ROMが付いてきますよね。あれがメーカ専用の現像ソフト。ニコンならCapture NX-D、キヤノンならDigital Photo Professional(DPP)、ソニーならImaging Edgeと呼ばれます。

やはり自分で現像するのは手間です。撮影から帰ってきてPCに取り込んで、細々作業しなければなりません。JPEGでの撮影ならカメラ内で自動でやってくれます(これをカメラ内現像と呼びます)。

しかも、メーカ専用の現像ソフトは使い勝手が良いとは言えません。なので、多くのフォトグラファーはAdodeのLightroomというサードパーティ製現像ソフトを使っています。非常に高性能で便利ですが有料です(メーカ専用の現像ソフトは基本的に無料)。月980円とか。

ということで、RAWは手間、JPEGは楽です。

RAWは色が変わるかも、JPEGは色がそのまま

RAWで撮影して現像ソフトでデータを開いた場合、色やコントラストがカメラのプレビューで見ていたのと変わっている場合があります。カメラのプレビューだともっと鮮やかだったのに何か違うなみたいな。

これはなぜなのか!?

まず、撮影時にカメラのモニターで表示されるプレビュー画像(JPEG)は、カメラ内にある画像処理エンジンによってRAWから作られています。

この際にRAWからJPEGを作る仕様書みたいなものが存在しています(プロファイルと呼ぶ)。これはメーカーによってそれぞれ特色があります。よく言われるのは、キヤノンは鮮やか、ニコンは自然色などなど。カメラのモニターで表示されるプレビューにもメーカー独自のプロファイルが反映されています。キヤノン色、ニコン色ですね。

RAWとJPEGの違い

このように、プレビュー画像には各メーカーの色で仕上がります。

しかし、RAWは画像処理エンジンで何もされない生のデータです。メーカー独自のプロファイルも反映されていません。なので、これをPCにてAdodeのLightroomなどのサードパーティ製の現像ソフトで開くと、メーカー独自のプロファイルが当てられず、Adobeのプロファイルが反映されるので、Adodeの色になります。

これにより、カメラのプレビューとは違った色になってしまう。もし、これが嫌であればメーカ専用の現像ソフトで、そのメーカのプロファイルを自分で当ててあげる必要があります。

一方で、JPEGで記録した画像はカメラ内現像の際にメーカーのプロファイルが当てられているので色はメーカー色です。

メーカーの色が気に入っている人にとっては、RAWの色が変わるのはデメリットになるでしょうね。特に、FUJIのユーザーはFUJIの色を気に入っていることが多いように思います。RAWならこれを活かしにくいです。

RAWは容量大、JPEGは容量小

あと、RAWはデータが重いです。約2000万画素のカメラで撮影したRAWは1枚辺り20~30MBくらい。JPEGなら高画質設定でも5〜10MB程度です。

RAWだとPCのストレージがすぐに一杯になるので外付け必須です。

また、RAWはデータが重いのでPCのスペックによっては動きがモッサリします。この点もデメリットです。

RAWとJPEGのどっちで撮影するべきか

初心者ほどRAW

個人的には初心者ほどRAWで撮影した方が良いだろうなと思います。

理由は撮影時にホワイトバランスの調整に気を配ったり、過度に露出調整に戸惑ったりすることが少なくなるからです。あとで現像の際に調整すれば良いので。撮影の負担が減り楽になります。色々設定に時間が掛かっているとシャッターチャンスを失いかねません。

RAWなら多少の失敗もリカバリーできます。

しかも、JPEGをRAWにすることは出来ません。撮影時に持ち帰るデータは多いに越したことはありませんね。もし、不要なら後で消せば良いので。

私も初めの頃はJPEGで撮影していましたが、「あれをRAWで撮影していれば良かったな」と後悔することもあります。なので、初心者ほどRAWでの撮影をオススメします。

レタッチしないならJPEGで良い

ただし、絶対にレタッチはしないと言うのであればJPEGで良いでしょう。

RAWの旨味はレタッチにあります。レタッチしないなら意味がなく、ただ手間でデータが重いだけです。

なので、レタッチしないならJPEGをオススメします。

RAWも万能ではない

RAWは凄いですが万能ではないのでご注意を。

カメラの性能がアップする訳ではない

RAWをレタッチすれば、ある程度暗い画像も明るくできますが、限度があります。

RAWで黒つぶれや白とびしているデータについては、どうにもならなかったります。これは結局カメラのセンサーの性能に依存します。

なので、RAWとは言えカメラの性能を超えることは出来ません。

ピンボケやブレ

RAWが得意なのは色や明るさを変えることです。

ピンボケやブレはRAWでもどうにもなりません。多少、JPEGよりRAWの方が対処しやすいみたいなことはあるかもしれませんが。

RAWとJPEGの違い

ピンボケやブレへの対処は、どちらかと言うと現像ソフトの性能やレタッチ技術に依存するかもしれませんね。Photoshopならちょっとくらいのピンボケやブレは多少リカバリーできるかもしれません。

いずれにせよRAWだからピンボケやブレを直せると言うことにはなりません。

まとめ

  • RAWは写真ではなく、写真になる前のデータ
  • RAWはデータ量が多い
  • RAWはレタッチ耐性が高い
  • RAWやJPEGにはそれぞれメリット・デメリットがある
  • 初心者にはRAWがオススメ

こちらの記事も

風景写真の構図を3レイヤー(層)で作る!風景写真に奥行きを表現する撮影方法。

絞り(F値)とは!?絞り(F値)と被写界深度の理解を深め、シーンに応じたF値を使い分けよう。

Sony(ソニー)のミラーレスカメラまとめ。

コレクションとは何か。コレクションで写真を効率よく整理しよう。