白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

記事内容

この記事では「白飛び」と「黒つぶれ」について解説しています。また、合わせて「ダイナミックレンジ」という言葉にも触れています。

白飛び・黒つぶれとは何か、なぜこれらは避けた方が良いと言われているのか、そして対策は、これらについて分かりやすく書いています。

白飛び・黒つぶれを防いで撮影することは難しい時がありますが、フォトグラファーの腕の見せ所でもあります。

目次 ▽△

カメラは明暗差に弱い

ご存知かもしれませんが、カメラは明暗差に弱いです。

なので、風景などを撮っていると、下のようになることが多々あります。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

空をちょうど良い明るさで撮ると、地上が真っ暗になってしまったり、逆に地上をちょうど良い明るさで撮ると、空が真っ白になってしまいます。

人の目なら眩しいかもしれませんが、普通は空も地上も綺麗に見えるはずです。

このようになってしまう理由は、カメラの「ダイナミックレンジ」が人の目よりも狭いからです。いきなり「ダイナミックレンジ」という聞きなれない言葉が出てきましたね。次にご説明します。

ダイナミックレンジとは

ダイナミックレンジとは「カメラ(センサー)が感じ取ることのできる最も暗い部分と明るい部分の範囲」です。

ちょっと図で説明したいと思います。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

現実の明暗差の範囲に対し、人の目は明るい所から暗い所まで、幅広く対応することができます。この光を感じ取れる明暗差の幅をダイナミックレンジと呼びます。人の目は非常にダイナミックレンジが広いです。

一方で、カメラは現実の明暗差の範囲に対し、狭い範囲でしか対応できません。つまり、光を感じ取れる範囲が狭く、ダイナミックレンジが狭いと言えます。

 

ダイナミックレンジの外側の明るさについては、本当ならば微妙なグラデーションや明るさの違いがあるはずなのに、真っ黒か真っ白でしか表現できないことになってしまいます。

これも先ほどの写真で図示すること、このようなイメージになります。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

カメラのダイナミックレンジが狭いので、明るい空をちょうど良い明るさで写すと、ダイナミックレンジの外側になる暗い森は真っ黒になります。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

逆に、暗い森をちょうど良い明るさで写すと、ダイナミックレンジの外側になる明るい空は真っ白になってしまいます。

ダイナミックレンジの広い人の目なら、美しい繊細な光やグラデーションも認識できるとことですが、それはカメラでは困難です。

そして、写真用語で真っ白になってしまた部分を「白飛び」、真っ黒になってしまった部分を「黒つぶれ」と呼びます。

 

カメラ各界では白飛び、黒つぶれは避けた方が良いと言われていますが、それは何故なのか?

白飛びについて

白飛びとは

先ほど書いた通り、「白飛び」とは「写真の明るい部分が真っ白になってしまうこと」を言います。「カメラのダイナミックレンジに入りきらない明るさ」ということですね。

先ほどの写真では空の部分が白飛びしています(赤い部分)。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

説明をもう少し付け加えると、これはヒストグラムが右に張り付いている状態になります。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

右端にぶつかって盛り上がっていますね。これが白飛びしている写真のヒストグラムです。ちなみに、ヒストグラムについては下のリンクを参考にしてください。

ヒストグラムの見方と利用方法。ヒストグラムを理解して撮影に役立てよう!  

そして、白飛びが大きなデメリットになることがあります。

白飛びのデメリット

太陽などを写すとその部分は必ず白飛びするので、避けられない部分はありますが、あまりに白飛びの範囲が広いと問題が出てきます。

白飛びは真っ白としかデータに残らないので、レタッチなどで暗く調整しても、グラデーションが無くなりのっぺりとした欠損のようになってしまいます。

先ほどの白飛びした写真を暗くレタッチしてみましょう。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

本来ならば雲の形や空の色味などが写るはずですが、そう言ったデータが失われてしまっているので、ただの欠損箇所として何も写りません。

これは非常に見栄えが悪いですね。こうなってしまうと、本来の空の姿は取り戻せません。なので、大きな白飛びは避けた方が良いと言われています。

 

では、一方で黒つぶれはどうでしょうか?

黒つぶれについて

黒つぶれとは

「黒つぶれ」とは「写真の暗い部分が真っ黒になってしまうこと」です。「カメラのダイナミックレンジに入りきらない暗さ」ということですね。

先ほどの写真では地上の部分が黒つぶれしています(青い部分)。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

説明をもう少し付け加えると、これはヒストグラムが左に張り付いている状態になります。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

左端にぶつかって盛り上がっていますね。これが黒つぶれしている写真のヒストグラムです。

そして、これがデメリットになることがあります。

黒つぶれのデメリット

実は、カメラは暗さには結構強いです。つまり、データが割と残っているので、レタッチで十分明るくすることができます。

試しに、先ほどの写真をレタッチで明るくしてみましょう。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

そうすると良い感じになりました。白飛びのときは完全な欠損となりましたが、黒つぶれの場合はそうはなりません。結構何とかなります。

ただし、あまりに光が少なく黒つぶれが激しいと、明るくしたときにノイズや変色が発生し画質が劣化してしまいます。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

先程良さそうだと思った写真も拡大すると、ノイズが発生して劣化しています。ザラザラとして汚い感じがする。

このようにノイズが出てしまうと、完全に綺麗にすることは中々できないので厄介です。場合によっては赤く変色し、もっと酷くなることもあります。

なので、ひどい黒つぶれは避けた方が良いと言われています。

 

ということで、白飛び・黒つぶれの対策が必要になってきます。

白飛び・黒つぶれの対策

ヒストグラムを確認してみよう

まず、撮影中はヒストグラムを確認することをオススメします。

先程も書いた通り、右に張り付いていれば白飛びしています。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

なので、露出をマイナス補正しましょう。

また、左に張り付いていれば黒つぶれしています。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

なので、露出をプラス補正します。

ちなみに補正の仕方は「+-」ボタンを押して、ダイヤルを回せばオッケーです。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

カメラの機種にもよるので確認してみると良いでしょう。

 

しかし、実際の撮影では明暗差が激しいことが多く、その場合ヒストグラムはこんな感じになります。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

明暗差が激しいと左右の寄るヒストグラムになります。これだとどっちにも露出補正できませんね。

ただ、こういったシーンではちょっとしたコツがあります。

カメラは白飛びには弱いが、黒つぶれには強い

カメラは白飛びには弱いですが、黒つぶれには比較的強いです。

なので、白飛びが最小限になる位の明るさで撮ります。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

こうして、後でレタッチで暗い部分を明るくしてあげると、多くのシーンで割と何とかなります。真っ黒だった部分が、そこそこ復活してくれます(もちろん、RAWで撮影ですよ)。

RAWとJPEGの違いを超分かりやすく解説!初心者にはRAWがオススメ!

白飛びさせるくらいなら、黒つぶれさせた方がマシということですね。

白飛びさせるくらいなら、黒つぶれさせた方がマシということですね。

HDR合成

ただし、これでもどうにもならない時があります。

白飛びしない程度のぎりぎりの明るさで撮影したけれど、暗い部分を明るくするとノイズが酷くなってしまうみたいな時です。

こうした場合はHDR合成という方法があります。HDR合成は露出を変えて撮影した複数枚の写真を、良いところ取りで1枚の写真に合成する手法です。

これなら1枚だけの画像に比べ、ずっと綺麗に写せるようになります。

ちなみに、ちょっと難しいですが露出ブレンドという方法もあります。これは手動でするHDR合成みたいなものです。ソフトで自動合成するHDR合成よりも、細かな調整が可能です。

ただし、その分手間が掛かります。

ハーフNDフィルター

あとは、ハーフNDフィルターを使う方法があります。

ハーフNDフィルターは半分だけに減光効果のあるフィルターです。これで物理的に光を遮断することで、明暗差を軽減し綺麗に写せるようにします。

ただし、ちょっと慣れが必要ですし、機材も高価なのがデメリットです。

白飛び・黒つぶれを写真表現として使う選択肢もある

白飛びや黒つぶれは良くないということを書きましたが、敢えて写真表現で利用することも多々あります。

例えば、シルエットでの撮影など。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

思いっきり黒つぶれしていますが、もともとこのようにする予定だったので、黒つぶれも問題ありません。

白飛びも光の輝く様子を表現するのに役立ちます。

ただし、元画像が白飛びや黒つぶれをしていなければ、レタッチできる幅も増えるので、表現の選択肢が増えます。そちらの方が優位ですよね。後でいろいろ変更することも可能ですから。

一方で、元画像が白飛びや黒つぶれをしていると、レタッチできる幅が狭まります。もし、後で「こうしたいなぁ」と思う事があっても出来ないかもしれません。

なので、やはり元画像は白飛びや黒つぶれを最小限にすることをオススメします。初めから「絶対にシルエットの写真にする」などと決まっていれば、特に気にする必要はありませんけど。

まとめ

  • ダイナミックレンジは写せる光の範囲
  • 白飛びはダイナミックレンジを超えて真っ白になること
  • 黒つぶれはダイナミックレンジを超えて真っ黒になること
  • 白飛びはデータが失われ戻せない
  • 黒つぶれはノイズで劣化することがある
  • それぞれ対策方法がある
  • 白飛びや黒つぶれは絶対悪ではない

こちらの記事も

一眼レフやミラーレスのレンズの選び方。まずはこれを読んでレンズ選びに役立てよう。

パンフォーカスと過焦点距離について。風景写真ではF値を何に設定してどこにピントを合わせれば良いのか。

ボケを大きくするコツ!ボケの4要素を知ってボケをコントロールしよう。

Lightroomの明暗別色補正の使い方について。好みの色味にしよう。