露出と測光について分かりやすく解説!露出と測光は簡単に覚えられます。

記事内容

この記事では露出と測光について詳しく書いています。

適正露出とは何か、露出補正が必要な場合はどのようなシーンなのかについて解説。また、測光についてもそれぞれの方式を解説しています。

露出や測光は難しくはないので比較的簡単に覚えられるはずです。

目次 ▽△

露出について

露出は「取り込む光の量=写真の明るさ」

露出とは「カメラに取り込む光の量」のことです。

もっと簡単に露出は「写真の明るさ」と言うこともできます。

そして、露出は絞り(F値)・シャッタースピード・ISO感度の組み合わせで決定します。これについては下の記事を参考にしてください。

絞り(F値)とは!?絞り(F値)と被写界深度の理解を深め、シーンに応じたF値を使い分けよう。

ただし、カメラには自動露出(AE=Auto Exposure)と呼ばれる機能が搭載されており、小難しい設定をしなくても様々なシーンで被写体が適切な明るさで撮影できるようになっています(マニュアル以外)。

自動露出(AE)では、「画像処理エンジン」と呼ばれる、カメラの頭脳みたいなものが、勝手に被写体の明るさを測り色々計算して、写真の明るさを調整してくれています。

昔のフィルムカメラであれば露出計みたいなもので明るさを測ってカメラを設定する必要がありましたが、今のデジタルカメラは自動で明るさを測って露出を適切に調整してくれるわけです。

適正露出

ちょうど良い明るさになっている写真を適正露出と呼びます。

ただし、ちょうど良い明るさと判断しているのは、あくまでもカメラの自動露出(AE)です。

なので、撮影者が意図する明るさにならないこともしばしばあります。カメラの自動露出(AE)も完璧ではないので狂うこともありますし、また撮影者があえて明るく、もしくは暗くしたい場合もあるかと思います。

そのような時は明るさを変えてあげます。これを「露出補正」と言う。

操作は上の画像のようにします(+/-ボタンを押してダイヤルを回す)。露出の単位はEVです。

プラスに補正すれば明るくなります。+1EVで倍明るくなる。また、マイナスに補正すれば暗くなります。-1EVで倍暗くなる。

このような感じです。

また以下のような場合に、プラス補正(明るくする)やマイナス補正(暗くする)することがあります。

プラス補正する場合

白いものや白っぽいものを撮影すると、目で見たよりも写真が暗くなってしまうことがあります。白いものや白っぽいものを明るいものだとカメラが勘違いしてしまうためです。

例えば、雪景色、白い服、淡い色の花などがこれに該当します。このような時は明るくなるよう露出補正(プラス補正)します。

くすんだ雪景色もスッキリ。

あとは逆光の時なども被写体が暗くなることが多いのでプラス補正してあげると良いです。

また、わざと適正露出よりも明るくする撮影方法もあります。

これはハイキーと呼ばれる。花や人物の撮影で使うと軽やかなフワッとした印象になります。

マイナス補正する場合

黒っぽい被写体や薄暗いシーンで撮影すると、目で見たよりも写真が明るくなってしまうことがあります。カメラが勝手に明るく写そうとしてしまうためです。

例えば、朝方や夕方の薄暗い時間帯に撮影すると、明るく写ってしまい雰囲気が出ないことがあります。このような時は暗くなるよう露出補正(マイナス補正)します。

浅い色合いなってしまった写真も、濃い色になり雰囲気が伝わります。

また、わざと適正露出よりも暗くする撮影方法もあります。

これはローキーと呼ばれる。重厚な雰囲気が出てかっこいいですね。

測光について

今のカメラは自動露出(AE)が搭載されており、カメラが明るさを測って露出を適切に調整してくれると言うことでしたが、この過程で明るさを測ることを「測光」と呼びます。

そして、測光には3つの基本モードがあります。

それが分割測光、スポット測光、中央部重点測光です(メーカーにより呼び方が違います)。では、それぞれの違いを見てみましょう。

分割測光

画面の広い範囲を測光することで露出を決めます。

この測光方式は失敗が少なく汎用性が高いです。見た目に近い明るさで写真が撮れます。

初期設定ではこの測光方式にセットされていますね。ニコンならマルチパターン測光、キヤノンなら評価測光、ソニーなら多分割測光と呼びます。

スポット測光

フォーカスポイント(ピントを合わせる部分)だけを測光します。

特定の部分だけを適正露出にしたい時に有効です。具体的には逆光や明暗差の激しい時です。

スポット測光で撮影することで逆光でも明るくできました。

ただし、意図せずにスポット測光を使っていた場合、撮影のたびに写真の露出が変わってしまうので注意です。また、フォーカスポイントの動く部分でしか測光できません。

中央部重点測光

これは画面の中央部を重点的に測光します。

画面中央部に被写体を大きく配置する場合などに有効です。小さな被写体ではあまり効果がないです。

とりあえず、分割測光を使えば良い

このように測光には3つモードがありますが、とりあえずは汎用性の高い分割測光を使っておけば間違いないかなと思います。逆光で写真が暗い時などは、露出をプラス補正してあげれば問題ないです。

ただし、逆光時の人物の撮影などはスポット測光が便利です。明暗さの激しいシーンでは、分割測光や中央部重点測光だと、人物が暗くなってしまいます。スポット測光ならピントを合わせた場所を適正露出にすることができます。

人物の撮影ではいちいち露出補正するのはテンポが悪いですからね。

補足

機種によってはハイライト重点測光というモードもあります。

これは画面内のハイライト部分を測光することで白トビを抑えてくれる測光方式です。

例えば舞台撮影などで役に立ちます。

「白飛び」や「黒つぶれ」については下の記事を参考にしてください。

白飛び・黒つぶれとは?その対策は?合わせてダイナミックレンジという言葉を知ろう。

まとめ

  • 露出は写真の明るさのこと
  • カメラが自動で適正露出にしてくれる
  • 写真が暗い時はプラス補正
  • 写真が明るい時はマイナス補正
  • 測光には3の方式がある
  • 基本的には分割測光でよい

こちらの記事も

Lightroomのキーワードタグの付け方とフィルタリング方法について。

Lightroomのショートカットキーのまとめ。便利にLightroomを使う。

NDフィルターの使い方を解説!NDフィルターは簡単に使えます。

Photoshopでの画像ファイルの開き方。レイヤーとして開く方法など。