ISO感度とは。その使い方とデメリットについて。

記事内容

この記事ではISO感度について、具体例を見ながら、その機能とデメリットについて書いています。

ISO感度は初めの頃は扱いずらい機能ですが、使い方を理解すれば撮影に大きな効力を発揮します。

ぜひ、ISO感度を使いこなしましょう。

目次 ▽△

ISO感度とは

ざっくり言うと「ISO感度」とは「デジタルカメラが光をとらえる能力を表す値」みたいなものです。

カメラにはセンサーという部分があります。センサーは光を画像にするために必要なデータに変換する部分です。人の目でいう網膜みたいなもの、昔のカメラでいうフィルムに当たります。

ISO感度とは。その使い方とデメリットについて。

上画像が実際のセンサーです。カメラで最も重要な部分と言って良いでしょう。ここに光が当たることで初めて写真が撮れます。

そして、ISO感度の数値が高いほど、センサーが光に敏感になります。なので、少ない光でも撮影が十分可能になるわけです。例えば、ISO100からISO200にすれば、光をとらえる能力も2倍になります。

ちなみに、ISOは「イソ」または「アイエスオー」と読まれます。海外だと「アイソー」と発音されていたりもします。日本では「イソ」が標準的なようです。

ISO感度を高くする場面

では、ISO感度を高くすることで何ができるのか考えてみましょう。

ブレ防止

まずは、シャッタースピードを早めることで、手ブレや被写体ブレを防止することができます。

日の出や日の入り前後、曇りの日、室内などちょっと光の足らない場面では、シャッタースピードが遅くなりやすいです。そうすると手ブレや被写体ブレの危険性が高まります。

そこで、ISO感度を上げることで、カメラの光をとらえる能力を強化してあげます。そうすればシャッタースピードを早めることができブレを防止できますね。例えば、ISO100からISO200へISO感度を2倍にすれば、シャッタースピードも2倍に早めるとができるわけです。

これはカメラにとってはとても大切な機能です。ちなみに、動物やスポーツなど動きの速いものを撮影する人は、シャッタースピードを早める必要があるので、結構高くISO感度を設定していることが殆どです。

淡い光を捉える

それからISO感度を高くすると、淡い光でも捉えやすくなります。

そうすると、例えば肉眼ではハッキリ見えない天の川なども写すことが可能となる。

ISO感度とは。その使い方とデメリットについて。

ISO6400など高感度にすれば、普段は見えない光さえも写真にできるわけです。

これもカメラの大きな魅力の一つです。

では、常に高感度にしておけば良いだろうと思うかもしれませんが、実は高いISO感度にはデメリットがあります。

ISO感度のデメリット

デメリットとは、ISO感度を高くするとノイズが発生し画質が劣化することです。

試しにISO100とISO6400で比較してみましょう。

    ISO感度とは。その使い方とデメリットについて。
    ISO感度とは。その使い方とデメリットについて。

ISO100は滑らかですが、ISO6400はザラザラとした質感で画質が良くありません。

これが高感度ノイズというものです。

実は、ISO感度はセンサーで変換した電気信号を増幅することで、光をとらえる能力を強化します。その際に不要なノイズまでも大きく増幅されてしまうことがあり、それがノイズとして写真に現れるわけです。ちょとくらいのノイズなら問題ないでしょうが、もしノイズが目立ってしまうと見栄えが非常に悪いです。

なので、ISO感度を高くした際にはノイズに気をつける必要があります。ただし、ノイズの出方というのはカメラによって全然違います。なので、一概にこれくらいからノイズが出るとは言えません。

自分のカメラで確認してみよう

ノイズの出方はカメラによって大きく異なるので、一度自分のカメラで確認してみると良いかもしれません。

どれくらいのISO感度までなら個人的に許容範囲なのか把握しておけば、今後の撮影に役立つ筈です。また、被写体によってノイズの目立ち方も違います(黒いものなら目立ち、白いものなら目立たないみたいな)。なので、この点も確認してみると良いかもしれませんね。

ただし、写真がブレるくらいなら、ノイズが乗っている方がマシです。ブレた写真は救えませんが、高感度ノイズはある程度なら編集でリカバリーすることが可能なので。Lightroomなどのノイズ除去機能は優秀なので、そこそこのノイズでも簡単に綺麗にできます。

先ほどのISO6400で撮った写真もこの通りです。

    ISO感度とは。その使い方とデメリットについて。
    ISO感度とは。その使い方とデメリットについて。

ISO100と同じくらいとは行きませんが、そこそこ綺麗になります。ただし、ノイズ除去機能を使いすぎると、絵の具のようなのっぺり感になるので(ディテールが消えるので)限度はある。

と言うことで、ブレるくらいなら躊躇なくISO感度は高くしましょう。

高感度に強いカメラとは

先ほど、ノイズの出方はカメラによって大きく異なると書きましたが、この点にも触れておきたいと思います。

高感度耐性(=高いISO感度でのノイズの少なさ)は、基本的にセンサーの大きさに依存します。なので、センサーの大きな、フルサイズ、APS-C、フォーサーズ、1型、1/2.3型、1/3型の順に高感度耐性があると言えます(センサーサイズはもっと色々あります)。

ISO感度とは。その使い方とデメリットについて。

センサーの大きさを比較すると上画像のようになります。フルサイズは一眼レフやミラーレスの高級機、APS-Cは一眼レフやミラーレスの中級機やエントリー機、フォーサーズはオリンパスやパナソニックのミラーレスなど、1型(1インチ)は高級コンデジ、1/2.3型は一般的なコンデジ、1/3型はiPhone 5s・6・7・8・Xなどで採用されています。

と言うことで、センサーは大きい方が高感度耐性が良い傾向です。

ただし、同じセンサーサイズでも基本的には画素数の小さなカメラの方が高感度耐性が高いです。例えば、同じフルサイズ機でも4500万画素と2500万画素では、1画素あたりの面積は後者の方が大きくなります。

ISO感度とは。その使い方とデメリットについて。

1画素あたりの面積が大きい方が、同じ1画素でも光をより多く捉えられるので、高感度耐性が高まるわけです。なので、フルサイズでも高画素カメラは、APS-Cの低画素カメラ並みと言うこともあり得ます。

もし、星を撮りたいとか、動物やスポーツの撮影で、高感度を使う機会が多いと言う場合は、センサーサイズが大きく画素数の少ないカメラを選ぶのも良いかもしれませんね(もちろん、色々な意見もありますが)。あと基本的に最新機種ほど高感度耐性は高いです。

それから、やはりカメラは最新のものの方が高感度耐性は高いです。技術は日進月歩ですね。

まとめ

  • ISO感度はカメラの光を捉える能力を表した数値
  • ISO感度を高くするとシャッタースピードを早められる
  • ISO感度を高くすると淡い光も捉えられる
  • ただし高感度にはノイズのデメリットがある
  • 高感度耐性はカメラによって違いセンサーが大きい方が有利

こちらの記事も

高いカメラと安いカメラの差は何?撮れる写真の画質は同じだよ。

RAWとJPEGの違いを超分かりやすく解説!初心者にはRAWがオススメ!

FUJIFILM(富士フィルム)のミラーレスカメラまとめ。

Lightroomの「ヒストリー」、「スナップショット」、「仮想コピー」の使い方について。