彩度マスク(サチュレーションマスク)とは!?Photoshopで彩度マスクを作る方法。

記事内容

この記事では「Photoshopの使い方」の実践編として、彩度マスク(サチュレーションマスク)について解説しています。

彩度マスク(サチュレーションマスク)を使えば、画像の彩度を自然に調整することができます。簡単に作れるので、ぜひ覚えてしまいましょう。

目次 ▽△

彩度マスク(サチュレーションマスク)とは!?

レタッチをしていると、どうしても彩度が高くなり、派手になってしまうことがあります。そのような場合は彩度を下げますね。

しかし、そうすると画像全体の彩度が下がってしまいます。

画像の中には彩度の高い部分(色)と彩度の低い部分(色)が混在しているのが普通です。それを無視して一律に彩度を下げてしまうのはよくありません。

そこで使うのが彩度マスク(サチュレーションマスク)です。彩度マスクは彩度の高い部分を白(選択)、低い部分を黒(非選択)にしたレイヤーマスクです。

これを使えば、必要な部分だけ彩度を下げることができるわけです。便利なマスクですね。

では、Photoshopで彩度マスクを作る方法を見てみましょう。

Photoshopで彩度マスクを作る方法

まず、前提知識としてレイヤーマスクやアルファチャンネルの知識が必要です。

分からない方は下の記事を参考にしてください。

Photoshopでルミノシティマスク(輝度マスク)を作る方法。ブレンドや露出の調整に使えるレイヤーマスク。

Photoshopのレイヤーマスクについて。アルファチャンネルとは!?

調整フィルターで特定色域の選択をクリック

まずは、調整フィルターで特定色域の選択をクリックしてください。

これですね。

特定色域の選択を設定する

特定色域の選択の属性を設定していきます。

① [カラー] の項目にて、レッド系・イエロー系・グリーン系・シアン系・ブルー系・マゼンタ系をそれぞれ選択し、② [ブラック] を-100%にします。

同様にして白色系、中間色系、ブラック系を、今度は [ブラック] を+100%にします。

そうすると、下のようなモノクロ画像が出来上がります。

これが彩度マスク(サチュレーションマスク)の元です。

チャンネルパネルにてRGBチャンネル以外を複製する

次に、チャンネルパネルを開き、RGBチャンネル以外を複製します。RGBチャンネル以外であればレッド・グリーン・ブルーなんでも良いです。

チャンネルを複製したら、これが彩度マスクになるので、「Saturation Mask」などと名前を変更しましょう。

これで彩度マスク(サチュレーションマスク)の完成です。

ちなみに、特定色域の選択のレイヤーはもう不要なので消去しましょう。

彩度マスクを使ってみる

アルファチャンネルから選択範囲を読み込みます。

[command(Ctrl )] を押しながらチャンネル(Saturation Mask)をクリックですね。

それで調整レイヤーにて色相・彩度をクリックします。

これで彩度を調整すれば完了です。

彩度マスクにて彩度を調整した右画像は、特に赤と緑が落ち着きましたね。

写真が派手だなと思ったら、ぜひ彩度マスク(サチュレーションマスク)を使ってみると良いです。

こちらの記事も

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

Photoshopでルミノシティマスク(輝度マスク)の作成方法。ブレンドや露出の調整に使えるレイヤーマスク。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

まずはPhotoshopの画面構成を確認してみよう。各名称と機能について。