Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

記事内容

この記事では「Photoshopの使い方」の実践編として、覆い焼き・焼き込みツールの使い方について解説しています。

覆い焼き・焼き込みツールは明暗を強調することで、画像を立体的にすることができるツール。簡単に使えるのでおすすめです。

目次 ▽△

覆い焼き・焼き込みツールについて

覆い焼き・焼き込みツールとは!?

まず、覆い焼き・焼き込みツールはツールバーにあります。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

これです。覆い焼き・焼き込みは英語だと "Dodge & Burn" と言われるようですね。

そして、覆い焼き・焼き込みツールは部分補正する際に使うツールで、特に明暗を強調するときに使います。明暗を強調することで立体感が出る。

覆い焼き・焼き込みツールの違いは以下のようになっています。

  • 覆い焼きツール・・・部分的に明るくする
  • 焼き込みツール・・・部分的に暗くする

なので、光の当たっている部分を強調したい場合などは覆い焼きツールで明るく補正し、逆に影を強調したいときは焼き込みツールで暗く補正するという使い方をします。

これにより明暗が強調され、フラットに見える写真でも、立体的に印象深く見せることができるわけです。

では、覆い焼き・焼き込みツールのオプションバーの設定について確認していきましょう。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

まずはPhotoshopの画面構成を確認してみよう。各名称と機能について。

覆い焼き・焼き込みツールの設定について

覆い焼き・焼き込みツールのオプションバーの設定項目は共通です。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

まず、①ではブラシの直径や硬さを設定します。基本的には円形ブラシで、柔らかい方が自然に仕上がります。

② [範囲] では調整する色調を選択します。シャドウは暗い部分、ハイライトは明るい部分、中間調はその間です。例えば、シャドウを選択すれば画像の暗い部分にだけ効果が及ぶので、ブラシの細かな操作が不要になったります。

③ [露光量] は効果の強弱です。数値の大きい方が効果が大きくなります。

④ [トーンを保護] はこれをチェックすると、できるだけ周囲の色のトーンを保護しながら明暗の調整ができます。なので、これはチェックを入れた方が良いです。

おすすめの設定としては以下のようになります。

  • 覆い焼きツール・・・範囲ハイライト、露光量5〜25%
  • 焼き込みツール・・・範囲シャドウ、露光量5〜25%

覆い焼きツールは範囲にハイライトを選択することで、明るい部分をより明るくできます。これにより光を強調できる。露光量は5〜25%と弱めにして、何度かブラシをかけて効果を調整するのが良いでしょう。

焼き込みツールは範囲にシャドウを選択することで、暗い部分をより暗くできます。これにより影を強調し、画像を引き締めることができる。これも露光量は弱めにした方が良いでしょう。

覆い焼き・焼き込みツールのちょっとした問題点

覆い焼き・焼き込みツールは、レイヤーとして使えません。画像レイヤーに直接調整を加えることになるので、あとでやり直しがしづらいです。

なので、多くの場合は画像レイヤーをコピーし、それに覆い焼き・焼き込みツールを使います。これならやり直しにも対応可能です。

しかしながら、これでも後から露出を調整したりなど補正した場合に、対応できないことが時々あります。

そこで下で解説する、覆い焼き・焼き込みツールを調整レイヤーのように使う方法です。

覆い焼き・焼き込みツールを調整レイヤーのように使う方法

新規レイヤーを作成

まずは、[command(Ctrl)+shift+N] で新規レイヤーを作成します。

ダイアログが表示されるので以下のように設定ます。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

① [描写モード] では「オーバーレイ」を選択します。

② [オーバーレイの中性色で塗りつぶす(50%グレー)] にはチェックを入れます。

これで [OK] です。レイヤー名は適当に"Dodge & Burn"などにすると良いかと思います。

作成したレイヤーで覆い焼き・焼き込みツールを使う

あとは、先ほど作成したレイヤーを選択し、覆い焼き・焼き込みツールを使うだけです。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

今回は試しに下の画像を使ってみます。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

この時は左から夕日が差し込んでいました。

なので、木の左側を覆い焼きツールで明るく補正し、木の右側を焼き込みツールで暗くし、明暗を強調させてみたいと思います。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

上画像の赤い部分が覆い焼きツールで明るく補正、青の部分が焼き込みツールで暗く補正する部分です。

覆い焼き・焼き込みツールの設定は下のようにし露光量を適宜変えています。

  • 覆い焼きツール・・・範囲ハイライト、露光量5〜25%
  • 焼き込みツール・・・範囲シャドウ、露光量5〜25%

この設定で円形ブラシを使い硬さは10%くらい。

それでこのようになりました。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。
Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

覆い焼き・焼き込みツールを使った右画像は明暗が強調されて立体的になりました。

簡単に使えて効果は大きいのでおすすめのツールです。

まとめ

  • 覆い焼きツールは部分的に明るくする
  • 焼き込みツールは部分的に暗くする
  • 両方を使うことで明暗を強調できる
  • 覆い焼き・焼き込みツールは新規レイヤーで使うのが便利

こちらの記事も

まずはPhotoshopの画面構成を確認してみよう。各名称と機能について。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

Photoshopで細かな選択範囲を簡単に作る方法。細かな木々と空を切り抜く方法。

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。