Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

記事内容

この記事では「Photoshopの使い方」として、PSD形式での保存とWeb用に書き出す手順ついて解説しています。

PSD形式はレイヤーが保存できるので、レタッチ後の画像の保存に広く使われています。また、劣化もないので印刷用データとして使える。

ただし、PSD形式はWebで使えないので、画像をWeb用に書き出す方法もご紹介します。

目次 ▽△

PSD形式で保存する手順

PSD形式とは

PSDはフォトショップの基本ファイル形式になります。PSD形式として保存すれば、レイヤーなども保存できるので、保存した画像を再び開いた時に、同じ状態から作業を再開することができる。

また、画像を保存するときには圧縮し、再びファイルを開く時には解凍するため、容量を軽くすることができます。しかも、保存・展開をする際にデータが劣化しないので、主に印刷用データとしても使われる。

なので、レタッチしたデータはとりあえずPSD形式で保存すれば良いでしょう。

ただし、誰かにPSD形式のデータを渡す場合では、相手もAdobeのアプリを持っていないと開くことができません。PSDはフォトショップの基本ファイル形式なので。また、Webにもアップ不可です。

PSD形式で保存する

まず、メニューバーの [ファイル] から [別名で保存] をクリックします。

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

次に、保存ウィンドウが開くので、各項目を設定します。

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

① ファイル名を入力。

② 保存する場所を指定。

③ フォーマットでは [Photoshop] を選ぶ。ここでは様々な形式で保存可能ですが、PSD形式にするにはPhotoshopを選びます。

④ [複製を保存] のチェックを外す。チェックを入れると別ファイルとして、複製データを保存することになります。この場合、開いたままのファイルをその後編集しても、別ファイルとして保存された複製データには反映されません。なので、基本的には外した方が良いです。

⑤ [アルファチャンネル] のチェックを入れる(入れられる場合)。チェックを外すと、アルファチャンネルが破棄されます。ちなみに、アルファチャンネルとは選択範囲を保存するためのものです。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

Photoshopのレイヤーマスクについて。アルファチャンネルとは!?

⑥ [レイヤー] のチェックを入れる。チェックを入れないとレイヤーが破棄されてしまいます。ただし、チェックを入れるとファイルサイズが大きくなるので、絶対にレイヤーが必要ないと言うのであれば、チェックを外すと良いでしょう。

⑦ [カラープロファイルの埋め込み] にチェックを入れる。カラープロファイルは色情報の地図みたいなものなので、これがないと色が狂うことがあります。

最後に[保存]をクリックすれば保存完了です。

これでPSD形式で保存できるので、次に画像を開いた時に再びレタッチ可能ですし、印刷用データとしても使用可能です。

ちなみに、1回ファイルを保存したら、次はメニューバーの [ファイル] から [保存] で上書き保存します。ショートカットキーは [command + S(ctrl+S)] です。

補足

PSD形式で保存する場合、ファイルサイズが2GBを超えるとエラーが出て保存できません。

この場合は、ファーマットでPhotoshopではなく、ビックドキュメント形式(PSB)を選んで保存します。

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

これでフォトショップの全機能を保ったまま、2GB以上のファイルを保存可能です。

Web用に書き出す手順

最近だと、SNSなどのWebに写真をアップすることも多いです。この場合はPSD形式では不可なので、JPEGなどのファイル形式にする必要があります。

Photoshopにはメニューバーの [ファイル] から [書き出し] で [Web用に保存(従来)] という項目があります。

しかし、これはかなり古い機能のようであまり良くありません。なので、 [ファイル] から [書き出し] で [書き出し形式] を使うことをおすすめします。

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

これですね。

各項目について解説します。

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

① ファイル形式を選びます。基本はJPEGです。

② 画質を調整します。80から50を目安にすると良いかと思います。もちろん、数値が高い方が画質は綺麗ですが、ファイルサイズは大きくなります。

③ 画像サイズを変更できます。

④ メタデータは好きな方を選びましょう。

⑤ ここでは [sRGBに変換] と [カラープロファイルの埋め込み] にチェックを入れます。sRGBがWebの標準です。また、カラープロファイルを埋め込まないと、Webで表示した時に色が変わる可能性があります。

これで [全て書き出し] をクリック。

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

その後は、ファイル名と書き出し先を指定して、[保存] をクリックします。

これで完了です。

ちなみに、保存前に解像度などを設定しておくと良いです。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

Photoshopで画像を保存する方法。PSD形式で保存とWeb用に書き出す手順。

Photoshopで解像度とサイズを適切に設定する方法。「ディテールを保持 2.0」とは?

まとめ

  • レタッチした画像は基本的にはPSD形式を使うと良い
  • PSD形式はレイヤーが保存でき、劣化もしないので印刷用データとして使える
  • PSD形式はWebには使えないでの、Web用にはJPEGなどで書き出そう

こちらの記事も

Photoshopで画像をシャープにするフィルターの使い方(アンシャープマスク、スマートシャープ、ぶれの軽減など)。

Photoshopのスマートオブジェクトとは!?スマートオブジェクト活用して効率よくレタッチしよう。

Photoshopの覆い焼き・焼き込みツールの使い方。調整レイヤーのように覆い焼き・焼き込みツールを使い、写真を立体的にする方法。

レイヤーとは!?Photoshopのレイヤーの基本と使い方について。