Sony Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Zのレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

メーカー概要

画面周辺部まで忠実に再現する、35mmフルサイズに対応した小型軽量の高性能広角ズームレンズ

35mmフルサイズイメージセンサーとマッチする高い描写性能を誇る広角ズームレンズです。ソニー独自の高度な成型技術を用いた高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ1枚と非球面レンズ4枚を用いた先進の光学設計により、画面のすみずみまでシャープに描写する高解像の実現と歪曲収差や像面湾曲を極限まで低減。また、EDガラスの使用により、色収差も抑制します。

さらに、「T*(ティースター)コーティング」の採用により、レンズ表面での光の反射を効果的に抑え、画質低下の原因となるフレアやゴーストを最小限に抑制。忠実な色再現とヌケの良い描写を実現しています。標準ズームレンズ(Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS)、望遠ズームレンズ(FE 70-200mm F4 G OSS)とともに使用することで広い焦点距離をカバーします。

引用:ソニー 製品情報

「Sony Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z」の特徴

SONY ZEISSの小三元広角ズームレンズ

「Sony Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA」は焦点距離16-35mmをカバーする広角ズームレンズです。このレンズは「SONY ZEISS」、「Gレンズ」、「Gマスター」の3つのレンズブランドのうち、「SONY ZEISS」に属します。世界的レンズメーカーであるカール・ツァイスとソニーで共同開発されたレンズです。

描写性能について

ここでは海外のレビューサイトを参考にしたいと思います。

解像力は、中央は全域で見事と言うほかない値(outstanding)で、36MPセンサーの能力を容易に上回っている。周辺部は、広角端から中間域ではとても良好(very good)から素晴らしい値(excellent)で、隅もシャープだが、残念ながら望遠端(35mm)はあまり関心しない。35mmでは中央は立派な解像力を維持しているが、隅は開放付近では甘い。しかし、絞ると大きく改善するので、実写では問題は少ないかもしれない。

引用:Photozone和訳

FE16-35mm F4のDxOのスコアは26で、良好な性能だ。ピークの解像力16P-Mpixは、α7Rの36MPセンサーのスコアとしては少し低い値に見えるかもしれないが、超広角ズームとしては良いスコアだ。

引用:DxOMark和訳

広角端16mmの解像力は、中央はシャープで高周波も高い値だ。画面の中間域までは解像力はとても良好に維持されており、その後は少し落ちるが、大幅な落ち込みではない。16mmの解像力は素晴らしい。

中間域24mmは多くの広角ズームと同様に、中央も隅もそれほどシャープではないが、それでもなお、非常に良好な性能で、素晴らしい画像が得られるだろう。

望遠端35mmは、広角ズームの常で解像力が低下するが、それほど悪くはない。しかし、16mmのようなシャープさではない。広角ズームではよくあることだが、35mmは標準ズームの24-70mmにレンズを変えた方が良い画質が得られるだろう。しかし、16-35mm F2.8GMの35mmの画質は十分に実用的だ。

引用:Lensrentals和訳

広角端16mmの性能は画面全域で素晴らしい解像力を発揮するようです。望遠端35mmではいくらか低下するようですが、実用的な範囲とのことです。さすがツァイスレンズ。解像感が高くモノの質感をリアルに表現する描写となっています。

それからレンズにはT*コーティングが施されており、逆光にも非常に強いです。ゴースト・フレアは抑えられ、コントラストをしっかり維持します。ヌケと色乗りの良い描写です。あと、光条がとても美しいと思います。

手ぶれ補正搭載

「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4」は手ぶれ補正を搭載しており、風景の撮影はもちろん日常のスナップ、室内での撮影、大人数での記念撮影など幅広いシーンで活躍します。ただし、ソニーのミラーレスカメラの殆どはボディ内手ぶれ補正を搭載しているので、そこまで大きなメリットにはならないかも知れませんが。

ソニー広角レンズの中では軽量で安価

このレンズの重さは518gです。これはソニーに3本ある広角ズームレンズの中で最も軽量です。GマスターのF2.8通しのレンズより約160gほど軽い。それでいて防塵防滴に配慮もされていますし、鏡筒は金属製でしっかりと組み立てられており高いクオリティです。あと、径72mmなのもコンパクトで良いですね。

また価格も3本のうちで最も安価となっています。12万円ほどなので、Gマスターの約21万円よりも断然安い。特に、明るさを必要としないのなら、有力な選択肢となるでしょう。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEマウント
焦点距離16-35mm
レンズ構成10群12枚
画角107°-63°
絞り羽根枚数7枚
開放絞り(F値)4.0
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率0.19倍
手ぶれ補正
コーティング○:T*コーティング
防塵防滴
フィルター径72
寸法78 x 98.5
質量518g
発売日2014-11-07
sony16-35f4mtf.jpg
sony16-35f4com.jpg