SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GMのレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

メーカー概要

画面の隅々まで高解像と鮮鋭感を追求。ダイナミックに世界を切り取るズーム全域F2.8の大口径広角ズームレンズ

目の前に広がる光景を、画面隅々まで鮮鋭に捉えるズーム全域F2.8の大口径広角ズームレンズ。ソニーの最先端技術を惜しみなく投入し、ズーム・フォーカス全域で高解像を追求するとともに、被写体を印象的に引き立たせる滑らかで美しいぼけ味も実現しています。広大な風景や壮大な建造物、開放感を感じさせる背景を広く入れたポートレートなどを、広角域でダイナミックかつシャープに描写します。

また、F2.8の明るさを生かした動きの速いスポーツシーンにもおすすめです。大口径レンズでありながらも軽量・コンパクトなデザインも魅力で、高い機動力と汎用性により多彩なシーンで活躍します。

引用:ソニー製品情報

「SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM」の特徴

ソニー"G Master"の最高峰広角ズームレンズ

「SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM」は焦点距離16-35mmをカバーする広角ズームレンズです。ソニーには「SONY ZEISS」、「Gレンズ」、「Gマスター」の3つのレンズブランドがあります。

「SONY ZEISS」はZEISSとソニーの共同開発によるもので、解像とコントラストが特徴となっています。また、ZEISS特有の忠実な色再現とヌケの良い卓越した描写を実現するレンズです。あとは比較的軽量コンパクトなレンズが多いです。

次に、「Gレンズ」は高解像と美しいボケ味を生むレンズとされています。レンズはコニカミノルタ時代より長年培われてきたレンズ技術を継承し、さらにソニーで独自開発。また、高速・高精度かつ静粛なAF駆動を実現し、静止画・動画問わずオールラウンドに活躍します。

そして、「Gマスター」です。もともとソニーは「SONY ZEISS」と「Gレンズ」の2つのレンズブランドで展開していましたが、2016年に「Gマスター」が新しく加わりました。圧倒的な解像度と美しいボケを高次元に両立することをコンセプトに、ソニーで独自開発されています。ソニーの革新的技術と独自の最高設計技術を導入された最高峰レンズブランドです。

「SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM」も2017年に発売された、ソニー"G Master"の最高峰広角ズームレンズになります。

描写性能について

ここでは海外のレビューサイトを参考にしたいと思います。

ソニーのFE16-35mm F2.8 は、広角ズームのカテゴリては(他社のレンズを含めて)最高のスコアで、解像力のスコアでもトップだ。

このレンズは、解像力が特に素晴らしく、全ての焦点距離で開放から高い解像力を維持している。ズーム全域で画質が維持されているのは、このレンズの大きな強みだ。

引用:DxOMark和訳

広角端16mmの解像力は、中央は開放からF8まで際立った値(outstanding)で、隅も同様に開放からF8まで際立った値(outstanding)だ。

20mmの解像力は、中央は開放からF8まで際立った値(outstanding)で、隅は開放からF4まで素晴らしい値(excellent)、F5.6からF8では際立った値(outstanding)だ。

24mmの解像力は、中央は開放からF8まで際立った値(outstanding)、隅は開放では素晴らしい値(excellent)、F4では際立った値(outstanding)、F5.6からF16では素晴らしい値(excellent)だ。

望遠端35mmの解像力は、中央は開放では素晴らしい値(excellent)で、F4からF11では際立った値(outstanding)だ。隅は開放では素晴らしい値(excellent)で、F4からF11では際立った値(outstanding)だ。

このレンズは、ほとんどの条件で「excellnt」と「outstanding」の値しかなく、見事な解像力だ。

引用:ePHOTOzine和訳

解像力は良好だが問題が無いわけではない。中央の解像力はズーム全域で際立った値だ。隅は16mm開放ではかなり甘いが、絞れば改善する。解像力のピークはF5.6で、隅は16mmと20mmでは「良い」~「とても良好」の値になる。24mm以降では解像力が低下し、開放では甘いが、F4に絞ると良好な値になる。

引用:OpticaLimits和訳

OpticaLimitsの評価がやや問題点を指摘していますが、他は非常に高い評価となっています。実際にユーザーのレビューは高評価ばかりです。5000万画像や6000万画素でも力を発揮する高解像レンズなのは間違いないでしょう。

また、11枚絞りを採用しているので、ボケ味も自然でやわらかな表現が可能です。広角レンズなのでそれ程ボケないですが、ボケ味は美しい。圧倒的な解像度と美しいボケを高次元に両立するというGMレンズのコンセプトの通りです。

あと、レンズ前面にはナノARコーティングが施されており、逆光時に発生しやすいフレアやゴーストを抑制します。逆光にも強いようですね。

オールマイティに使える画角

焦点距離16-35mmなので使い勝手の良い画角と言えます。特に35mmまで使えるのは非常に便利ですね。風景写真からスナップ、ポートレートまで何でもこなせます。ただし、他社では14や15mmスタートの広角レンズが多い中で、16mmスタートは、広角好きな方にとっては、もう少し欲しいところかもしれませんね。広角でも1mmは、見え方に大きな違いが出ます。

手ぶれ補正は搭載していませんが、ソニーのミラーレスカメラの多くはボディ内手ぶれ補正を搭載しているので問題はないでしょう。しかも、室内などの撮影では開放F2.8の明るさが力を発揮ます。ちなみに、フォーカスホールドボタンがついているので、瞳AFを割り当て可能です。利便性が上がります。

素早いAF

AF駆動にはダイレクトドライブSSMを採用し、レンズを素早く精度よく動かすことができます。AFは非常に早いようですね。しかも、静音性にも優れているので、動画撮影時にも駆動音が記録されにくく優位です。

防塵防滴に配慮した設計

このレンズは防塵防滴に配慮した設計となっています。レンズマウントにゴムリングを採用し、カメラ本体との連結部の防塵対応を強化。厳しい環境下でもプロフェッショナルの信頼に応えます。

また、レンズ面にフッ素コートも採用されているので、汚れを拭き取りやすくメンテナンス性が高いです。ニコンやキヤノンの防塵防滴性能とどれくらいの差があるのかは分かりませんが、フィールドでも比較的安心して使えますね。

重さと価格がネックか!?

「SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM」は重さ約680gです。他のソニーの広角ズームレンズの中では最も重いです。しかし、一眼レフ用広角ズームレンズと比較すると随分と軽いのは確かです。

そして、価格ですがソニーの最高級レンズだけあって非常に高価です。20万円を超えます。これが非常にネックですね。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEマウント
焦点距離16-35mm
レンズ構成13群16枚
画角107゚-63゚
絞り羽根枚数11枚
開放絞り(F値)2.8
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率0.19倍
手ぶれ補正×
コーティング○:ナノARコーティング
防塵防滴
フィルター径82
寸法φ88.5mm、全長121.6mm
質量680g
発売日2017-07-28
sony16-35mtf.jpg
sony16-35com.jpg