CANON EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMのレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

メーカー概要

いつでも気軽に持ち運べるコンパクトサイズと高いコストパフォーマンスで、広角の世界を楽しむことができる EF-Sレンズ。EF-Sレンズの広角ズームとしては初の手ブレ補正機構を搭載しており、シャッター速度換算で4段分の補正を実現しました。

広角レンズ特有のダイナミックな画角により、遠近感の強調されたワイドな風景撮影を楽しむことができます。また、ステッピングモーターの採用により、動画撮影時のAFも速くてなめらかです。

引用:キヤノン製品情報

「CANON EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」の特徴

軽く携帯性は良好

「CANON EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」は焦点距離10-18mm(換算16-28.8mm相当)をカバーする広角ズームレンズです。

重さは約240gと非常に軽いです。しかも、手ぶれ補正も搭載しています。ライバルになるであろう「TAMRON 10-24mm F/3.5-4.5」は約440gあるので半分近い重さ。気軽に使える1本として活躍します。

描写性能について

ここでは海外のレビューサイトを参考にしたいと思います。

解像力テストは50DのRAWで行っており、34-35lpmmが良像の基準レベルだ。中央の解像力は、ズーム全域で絞り開放から既に50lpmmの非常にハイレベルな値に達しており、焦点距離による解像力の違いは誤差の範囲内だ。このレンズの価格を考えると、これは素晴らしい結果だ。

隅の解像力は、広角端が最も低く、開放では33lpmmで良像の基準レベルよりも若干低いが、これは、このレンズの唯一弱い部分で、若干絞れば基準レベルに達する。また、より望遠側では開放から全く問題はない。絞ると隅の解像力は、40lpmmのとても良好な値に達する。解像力では、がっかりするような部分は全くない。

引用:LensTip和訳

解像力は、中央は開放からF8まで一様に素晴らしい値(excellent)で、周辺部と隅も(開放からF11まで)とても良好な値(very good)だ。F11では回折の影響が見られる。像面の湾曲は非常に小さい。この解像力テストの結果は、まさに驚くべきものだ。。

引用:photozone和訳

10mmの解像力は、開放で中央は既に際立った値(outstanding)で、隅はとても良好な値(very good)だ。F5.6~F8で解像力はピークに達し、このとき、中央は際立った解像力で、隅も素晴らしい値(excellent)に近い値になる。

14mmの解像力は、開放で中央は際立った値(outstanding)を維持しており、隅は素晴らしい値に(excellent)にわずかに届かない値だ。ピークはF5.6で、このとき画面全域で素晴らしい値(excellent)に達する(※中央はoutstandingのまま)。

18mmの解像力は、他の焦点距離と同様で、開放で中央は際立った値(outstanding)、隅はとても良好な値(very good)だ。ピークはF8で、画面全域で素晴らしい値(excellent)になる(※中央はoutstandingのまま)。

引用:ePHOTOzine和訳

広角端の隅が最も弱いようですが、広角ズームレンズにはよくあることですし、絞れば向上するようなので大きな欠点ではないでしょう。概ね解像力については、全焦点域で開放から隅まで良好のようです。ただし、周辺減光が目立って大きいという欠点があるようですね。

AFはSTMで静音高速、4段分の手ぶれ補正搭載

AF駆動にはSTM(ステッピングモーター)という新しいタイプのモーターが搭載されています。音も静かで非常に速いことが特徴です。この点で純正レンズを使うメリットでもあるでしょう。サクサク快適に撮影でき、動画においてもAF音が気になりません。

また、4段分の手ぶれ補正を搭載しています。強力な手ぶれ補正により、室内などの暗所でも撮影をサポートしてくれます。さらに、ファインダー内も安定するので、構図を整えやすくもなります。

非常に安価でキヤノンの有力レンズ

「CANON EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」は鏡筒・マウントがプラスチック製、防塵防滴ではない、という気になる部分はありますが、価格は3万円代で純正レンズにしては非常に安価です。

一方で、ライバルとなる「TAMRON 10-24mm F/3.5-4.5」は4万円代と少し高価で440gと重いですが、望遠側が24mmで5mmより長く使えること、簡易防滴であること、手ぶれ補正搭載、逆光耐性や描写も良好なことを考えると、こちらも魅力的なレンズです。

ただし、純正レンズの安心感や満足感、携帯性や描写性能の高さ、AFの速度などを考えると、「CANON EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」は最有力候補となるだろう。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEFマウント
焦点距離10-18mm
レンズ構成11群14枚
画角97°10'〜64°30'
絞り羽根枚数7枚
開放絞り(F値)4.5-5.6
最小絞り(F値)22-29
最短撮影距離0.22m
最大撮影倍率0.15倍
手ぶれ補正
コーティング×
防塵防滴×
フィルター径67
寸法φ74.6mm×72mm
質量約240g
発売日2014-05-29
canon10-18mtf.jpg
canon10-18com.jpg