SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM [ペンタックスKマウント用]のレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

メーカー概要

世界初、8mmをカバーするデジタル専用超広角ズームレンズ

APS-Cサイズデジタル一眼レフカメラ用交換レンズで世界初の8mmをカバーするデジタル専用超広角ズームレンズ。

広い画角と強烈なパースペクティブを活かし、超広角ならではの表現が可能です。FLDガラス4枚と非球面レンズ3枚を採用し、高画質を実現。HSM搭載により、AFスピードの高速化と静粛性を実現。

引用:シグマ製品情報

「SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM 」の特徴

APS-C専用レンズにして広角8mmの超広角

「SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM 」は焦点距離8-16mm(換算12-24mm相当)をカバーする広角ズームレンズです。何と言っても8mm(換算12mm)もの超広角がこのレンズの特徴です。APS-C機でこれだけの広角を味わえるには唯一無二。えげつないほどの強烈なパースペクティブを表現できます。ただし、現在は生産終了です。

描写性能について

ここでは海外のレビューサイトを参考にしたいと思います。

8mmでの解像力は周辺部に行くにしたがって目立って落ちるが、中央は開放からすでに傑出した解像力(outstanding)。画面全域の解像力のピークはF8-F11で、このとき四隅も良好な解像力(good)になる。他の焦点距離でも似たような結果で、絞ったときの周辺部の解像力の向上が鈍くなるものの、中央部は見事な解像力を示している。このレンズは中央はズーム全域でとても良好な解像力で、周辺部も絞れば追いついてくる。

引用:ePHOTOzine和訳

中央部の解像力は8mmでは傑出した値(outstanding)で、周辺部と四隅の解像力もとても良い(very good)。12mmと16mmでは8mmほど素晴らしい解像力ではないが、同じように良好な性能を維持している。このレンズの解像力はズーム全域を通して、驚くほど素晴らしい結果だ

引用:Photozone和訳

このレンズは蛍石と同等の性能を誇るFLD("F" Low Dispersion)ガラス*を4枚採用し、超広角で問題となる倍率色収差を極限まで補正しています。特に中央部の解像力はかなり高いとの評価が目立ちますね。

ちょっと重めで、暗いレンズだが、それも使う価値はある

重さ555gなので、同クラスの他レンズと比べれば、やや重めです。F値も暗く、出玉レンズなのでフィルター不可で逆光耐性も強くはありません。。

しかしながら、APS-C機で8mm(換算12mm相当)の広さを体感できるのはこのレンズのみ。なので、少しくらいの欠点があっても、このレンズを使う価値は十分にあるでしょう。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントKマウント
焦点距離8-16mm
レンズ構成11群15枚
画角121.2 - 83.2°
絞り羽根枚数7枚
開放絞り(F値)4.5-5.6
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.24m
最大撮影倍率0.13倍
手ぶれ補正×
コーティング○:スーパーマルチレイヤーコート
防塵防滴×
フィルター径-
寸法⌀75mm×105.7mm
質量555g
発売日2010-07-02
sigm8-16mtf.jpg
sigm8-16com.jpg