SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN [ソニーEマウント]のレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

メーカー概要

ミラーレスに最適化した最新設計による究極の大口径超広角ズームレンズ。圧倒的な解像感を発揮する「星景写真用レンズの決定版」

少しでもノイズを抑えるために、低感度撮影を好む写真家は多いと思います。特に星景写真では微弱な光を効率的に捉えるために、明るい広角レンズが望まれる傾向にあります。星景写真の定番ともいえるスペックを備えた14-24mm F2.8 DG DN | Artは、ミラーレスカメラに最適化した究極の大口径超広角ズームレンズとして開発されました。周辺まで均一な高い描写力と圧倒的な解像感は、まさに「星景写真用レンズの決定版」。ショートフランジバックの特性を活かし、ボディの小型化と、これまでにない高画質を両立させた、新時代の大口径ズームレンズです。

引用:シグマ製品情報

「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM」の特徴

ミラーレス用に開発されたシグマの広角大三元

「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM」は焦点距離14-24mmをカバーする広角ズームレンズです。F2.8通しで使用できる、シグマの広角大三元レンズになります。このレンズは最初は一眼レフ用として登場しましたが、後にミラーレス用に最適化され最新設計で発売されています。

一眼レフ用レンズの時でも、5000万画素超にも対応する高い解像感と美しいボケ味で評価が高かったですが、ミラーレスカメラのショートフランジバックの特性を活かすことで、更に性能が上がっています。

まず、1150gから795gへ355gも軽量化しています。これは大きな違いですね。それから解像力が上がり、収差も少なくなっているようです。コマ収差も少ないので、星撮りに適したレンズになっています。逆光耐性も上がっている。

描写性能について

一眼レフ用のレンズ構成は11群17枚ですが、ミラーレス用では13群18枚でレンズ構成が変わっています。ミラーレス用として光学系が変更されており、これにより小型化しつつ描写性能も大きく向上しているようですね。

ここでは海外のレビューサイトを参考にしたいと思います。

ズーム域全域で、中央はF2.8からF11まで高水準、F16~F22で回折の影響を受ける。四隅は中央ほどでは無く、F4~F11でピークになる。

絞り開放からズームレンジ全域で抜群の中央シャープネスと優れた周辺シャープネスを発揮するレンズだ。

一眼レフ版より小型ながら機能的でソニーFE16-35mm F2.8 GMに匹敵するミラーレス用レンズである。

引用:PhotographyBlog和訳

シャープネスは高く、均質性は一眼レフ用「14-24mm F2.8 DG HSM」「14mm F1.8 DG HSM」よりも良好。

広角端14mmは絞り開放から良好で、F8~F11まで絞るとピークに達する。中間焦点距離でも中央はF16までほぼ一定の解像性能を維持し、四隅も絞ると同程度まで向上する。望遠端24mmは他の焦点距離より低下するものの、まだとても良好だ。

引用:Lesnumeriques和訳

レフ機用では望遠端の周辺部や四隅に弱点があるようですが、ミラーレス用ではこの弱点が改善されているようです。四隅は絞れば改善し、望遠端でもそれほど解像力は低下しません。

また、コマ収差もよく補正されています。作例を見ても、コマ収差はかなり少なく、良い星像です。「星景写真用レンズの決定版」と謳っているだけ有りますね。

逆光耐性についても強化されています。レフ機用ではスーパーマルチレイヤーコートのみの採用でしたが、ミラーレス用ではこれに加え、新開発のナノポーラスコーティングも採用しています。また、レンズ設計的にも逆光の影響を受けにくくなるよう、改良されているようですね。これによりフレアやゴーストの原因となる反射光を大幅に低減し、ヌケの良いクリアな画質を実現しています。

リアフィルターホルダーを標準装備

星景写真の撮影で使用されるシートタイプのリアフィルターを装着できる「リアフィルターホルダー」を標準装備しています。フィルターの脱落防止のロック機構も備えている。ソフトフィルターなども気軽に使用できますね。

防塵防滴機能を備えた、プロフェッショナル仕様

「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM」はマウント接合部、マニュアルリング、ズームリングや外装部の接合部などにシーリングを施した防塵防滴性の高い構造となっています。天候に左右されることなく撮影が可能です。また、レンズ最前面には撥水防汚コーティングを採用しているので、汚れが付着しにくく、汚れても拭き取りやすいです。

やや高価だが大きく強化されている

このレンズは14万円ほどの価格となっています。レフ機用が13万円程なので、やや高いです。しかし、ミラーレス用に再設計されたことにより、355gもの軽量化、解像力の向上、さらなる収差の除去、逆光にも強い設計になり、コーティングも強化されています。かなり底上げされているので、Eマウントを使っているのなら、素晴らしい選択肢になります。純正16-35mmF2.8GMは20万超えです。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEマウント
焦点距離14-24mm
レンズ構成13群18枚
画角114.2° - 84.1°
絞り羽根枚数11枚
開放絞り(F値)2.8
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率0.14倍
手ぶれ補正×
コーティング○:スーパーマルチレイヤーコート、ナノポーラスコーティング
防塵防滴
フィルター径-
寸法φ85.0mm × 131.0mm
質量795g
発売日2019-08-23
sigma14-24mtf.jpg
sigma14-24com.jpg