TOKINA opera 16-28mm F2.8 FF [キヤノン用]のレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

「TOKINA opera 16-28mm F2.8 FF」の特徴

トキナーの新ブランド「opera」のレンズ

「TOKINA opera 16-28mm F2.8 FF」は焦点距離16-28mmをカバーする広角ズームレンズです。レンズブランド「opera」とはトキナーの新シリーズで、「作品を撮るためのレンズ」として位置付けされています。高性能レンズということでしょうね。

多くの場合、広角端16mmスタートなら望遠端35mmまでというレンズが多い中で、このレンズは望遠端28mmです。ズーム倍率は1.75倍と狭く、もしかしたら少々物足りなく感じるかもしれません。

ただし、標準レンズの広角端が24mmや28mmが多いことを考えると、無駄なく上手く繋がる設計ということになりますし、光学設計的にも余裕がでるので描写性能が上がるかもしれません。メーカーの説明でも「実用撮影領域を考慮した焦点距離を設定」と解説されています。

ちなみに、このレンズは2010年に発売された「AT-X 16-28 F2.8 PRO FX 16-28mm F2.8 」の進化バージョンとしてoperaシリーズに加わりました。

描写性能について

元々の「AT-X 16-28 F2.8 PRO FX 16-28mm F2.8」は、コスパが良く人気のレンズでした。その描写を継承しています。新モデルはまだ詳しいレビューがないので、旧モデルの海外レビューを引用してます。

中央は16mmと20mmでは開放から極上の解像力(superb)で、F4~F8に絞ればズーム全域で素晴らしい解像力になる。周辺部は開放から良い(good)~とても良い(very good)の解像力だが、四隅は甘い。四隅はF4で大きく改善するが、とても良い(very good)に達するのはF5.6以上だ。このレンズの解像力には良い部分と悪い部分があるが、実写で一般的に使う絞り値を考えれば、とても素晴らしい解像力だ。

引用:Photozone和訳

中央部の描写性能は開放から並外れて良好だが、F4まで絞ると更に大きく改善する。周辺部は少なくとも16mmでF5.6、22mmではF8まで絞るとベストの性能になり、16mmでは周辺部も最高(excellent)レベルに到達する。

28mmでは平均的な解像力だが、他のレンズがカバーしないワイド端の性能の方がより価値があるので、これは大きな問題だとは思わない。ニコンの16-35mm F4と比べると絞り1段のアドバンテージがあり、価格も安価で、歪曲も少ない。このレンズはお買い得だ。

引用:ERPhotoReview和訳

望遠側よりも広角側の方が解像力は良好なようですね。特に、広角側の中央部は極上の解像力と評価されています。ただし、広角側でも隅は弱いようなので、ある程度絞る必要があります。とは言っても、広角レンズは絞って使うことが多いので、大きな問題にはならないでしょう。

ちなみに、このoperaレンズは逆光耐性を強化しているようですが、それでもこのクラスの出玉レンズとしては標準的な逆光耐性かと思います。作例を見ると、太陽を画面内に入れた場合に、半円状のゴーストがでます。

静穏性の高いSD-M(Silent Drive-Module)を搭載

DCモーターと減速ギアユニットを一体成型に密封状態にすることにより、AF駆動音の静穏性を高めております。それでも音はするようですが、通常使用で問題になることはないと思います。

940gで多少軽いか!?

シグマやタムロンのライバルレンズは1100gを超えるような重さです。それを考えると、このレンズは軽いと言えます。ただ、いずれにせよ950gなので、マシになったくらいの感覚でしょうね。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEFマウント
焦点距離16-28mm
レンズ構成13群15枚
画角107.1°~76.87°
絞り羽根枚数9枚
開放絞り(F値)2.8
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率0.19倍
手ぶれ補正×
コーティング○:新多層膜コーティング
防塵防滴
フィルター径-
寸法89.0mm×136.5mm
質量950g
発売日2019-03-15
tokina16-28mtf.jpg
tokina16-28com.jpg