TOKINA AT-X 17-35 F4 PRO FX 17-35mm F4 [キヤノン用]のレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

「TOKINA AT-X 17-35mm F4 PRO FX」の特徴

軽量なF4通しのフルサイズ対応広角ズームレンズ

「TOKINA AT-X 17-35mm F4 PRO FX」は焦点距離17-35mmをカバーする広角ズームレンズです。17mmスタートなので広角具合はやや劣りますが、F4通しでありながら重さ約600gと比較的軽量になっています。ズーミングによりF値の変化がないので、露出が変わらず撮影しやすいです。

描写性能について

ここでは海外のレビューサイトを参考にしたいと思います。

広角端17mmの解像力は、開放では中央は良い(good)のレベルで、四隅はまずまず(fair)のレベルでしかない。絞ると解像力は劇的に改善し、ピークのF8では中央はズバ抜けた解像力(outstanding)になり、四隅も素晴らしい解像力(excellent)になる。

中間域24mm開放ではかなり解像力は落ち、画面全域でまずまずの値(fair)にしかならない。画質は少し霞がかかっているように見え、これはしばしば球面収差による解像力の低下の兆候だ。絞れば解像力は劇的に改善し、F8では17mmと同程度の優れた解像力となる。

望遠端35mmでも同じように開放では球面収差の問題があり、中央はまずまず(fair)のレベルで、四隅はあまり芳しくない(fairly poor)レベル。絞るとF8とF11で解像力はピークに達し、F11では画面全域で素晴らしい解像力(excellent)になる。

引用:ePHOTOzine和訳

開放付近での撮影だと上手く性能が出ないようです。また、望遠側だと解像力は低下する。しっかり解像感を出したいなら、しっかり絞って使う必要がありそうです。

フォーカスクラッチ機構の採用

このレンズはフォーカスリングを手前に引く事で、どの位置からでも瞬時に、トルク感のある、マニュアルフォーカスが可能になります。AF/MFの切り替えがシームレスで素早い操作ができる。いちいちボタンの操作が要りません。

防塵防滴のPRO仕様

マウント部のゴムシーリング加工等、対衝撃性、防塵防滴に配慮した構造となっています。これにより過酷な撮影条件にも対応可能です。

価格は安価

純正の16-35mmF4は性能も良く手ぶれ補正搭載ですが、10万円越えで3倍近い価格。なかなか気軽には手にできません。一方で、「TOKINA AT-X 17-35mm F4 PRO FX」は5万円を下回り安いです。

ただし、このレンズは防塵防滴ではありますが、手ぶれ補正などはありません。その点、「タムロン 17-35mm F/2.8-4 Di OSD」は手ぶれ補正ありで、簡易防滴構造でもあります。しかも、同じ焦点距離でありながら、F2.8が使えて、重さも460gです。

なので、価格はちょっと高くなりますが、レンズで選びの際には「タムロン 17-35mm F/2.8-4 Di OSD」も選択肢として考慮すると良いでしょう。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEFマウント
焦点距離17-35mm
レンズ構成12群13枚
画角103.96°-64.74°
絞り羽根枚数9枚
開放絞り(F値)4.0
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率0.20倍
手ぶれ補正×
コーティング○:多層膜コーティング
防塵防滴
フィルター径82
寸法89.0mm×約94.5mm
質量600g
発売日2011-08-31
tokina17-35mtf.jpg
tokina17-35com.jpg