AT-X 16-28 F2.8 PRO FX 16-28mm F2.8 [キヤノン用]のレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

TOKINA「AT-X 16-28mm F2.8 PRO FX」の概要

このレンズは2010年にトキナーから発売されていますが、現在は旧モデルで生産を終了しています。

今は、operaという新しいトキナーのレンズシリーズで、「opera 16-28mm F2.8 FF」にバージョンアップしています。

バージョンアップ後は、デザインが変更になった他、AF性能やコーティングの改善がされています。

MTF曲線やレンズ構成は、見たところ同じです。なので、新旧のモデルで写りに関しては、変わっていないのかも知れませんね。

「TOKINA AT-X 16-28mm F2.8 PRO FX」の特徴

コスパの良い明るい広角ズームレンズ

「TOKINA AT-X 16-28mm F2.8 PRO FX」は焦点距離16-28mmをカバーする広角ズームレンズです。開放F2.8通しで使えます。よく解像すると定評があるにも関わらず、このクラスの他のサードパーティ製レンズよりも安いです。

なので、コスパは抜群と言われています。旧モデルとなった今では価格が下がり、さらにコスパは良くなっているかもしれませんね。

描写性能について

トキナーレンズは解像力が高いことで知られていますが、このレンズも例に漏れず抜群の解像力を兼ね備えています。

ここでは海外のレビューサイトを参考にしたいと思います。

中央は16mmと20mmでは開放から極上の解像力(superb)で、F4~F8に絞ればズーム全域で素晴らしい解像力になる。周辺部は開放から良い(good)~とても良い(very good)の解像力だが、四隅は甘い。四隅はF4で大きく改善するが、とても良い(very good)に達するのはF5.6以上だ。このレンズの解像力には良い部分と悪い部分があるが、実写で一般的に使う絞り値を考えれば、とても素晴らしい解像力だ。

引用:Photozone和訳

中央部の描写性能は開放から並外れて良好だが、F4まで絞ると更に大きく改善する。周辺部は少なくとも16mmでF5.6、22mmではF8まで絞るとベストの性能になり、16mmでは周辺部も最高(excellent)レベルに到達する。

28mmでは平均的な解像力だが、他のレンズがカバーしないワイド端の性能の方がより価値があるので、これは大きな問題だとは思わない。ニコンの16-35mm F4と比べると絞り1段のアドバンテージがあり、価格も安価で、歪曲も少ない。このレンズはお買い得だ。

引用:ERPhotoReview和訳

どちらかと言うと広角側の性能を優先させているようです。広角側でパンフォーカスすることが多いレンズなので、使用上都合の良い感じに仕上がっていますね。

しかしながら、トキナーのレンズ全般に言われることですが、逆光に弱くゴースト・フレアは大きめに出るようです。これが最大の課題。

防塵防滴・耐衝撃性能

このレンズはPRO仕様で防塵防滴・耐衝撃性能があり、ハードなロケーションでも使えます。出玉レンズなので、ある程度気を使う必要はありますが、雨や砂埃をそれ程気にしなくて良いのは魅力的です。

安価で軽量なことが利点

このレンズは5万円ほどで手に入るので、フルサイズ対応の明るい広角レンズとしてはかなり安価です。しかも、950gでちょっとだけ軽い。なので、星撮りなどに人気なレンズとなっています。

一方で、比較されることの多い「TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」は倍ほどの価格です。しかし、こちらは手ぶれ補正搭載ですし、より1mm広角です。この1mmは見え方に大きな差が出ます。

レビューサイトなどではただし、少し予算を増やしタムロンを手にした方が、後悔は少ないという意見をちらほら聞くので、検討はよくした方が良いかもしれませんね。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEFマウント
焦点距離16-28mm
レンズ構成13群15枚
画角107.11°-76.87°
絞り羽根枚数9枚
開放絞り(F値)2.8
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率0.19倍
手ぶれ補正×
コーティング○:多層膜コーティング
防塵防滴
フィルター径-
寸法全長133.3mm
質量950g
発売日2010-09-17
tokina16-28oldmtf.jpg
tokina16-28oldcom.jpg