SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD [キヤノン用]のレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

メーカー概要

高性能・高解像を最優先させた、究極の超広角ズームレンズ。周辺域までクリアな表現が生きてくる

高度な設計思想を反映したタムロンの最高峰、SP(Super Performance)レンズに、待望の超広角ズームレンズ15-30mmが登場。視覚を越えた圧倒的なパース効果で雄大な風景をよりダイナミックに表現できる15mmの広角端はもちろん、焦点距離30mmまでの全域において極めて高い描写力を実現しました。

単焦点レンズに劣らない高解像を超広角ズーム域で達成するために不可欠だったのが、収差を徹底的に補正するXGM(大口径ガラスモールド両面非球面)レンズです。この大型レンズの製造技術を確立したことで、15-30mmが誕生したと言っても過言ではありません。

また、細部まで磨き上げたレンズ性能を余すところなく発揮するために、フルサイズの大口径F/2.8超広角ズームレンズとしては世界で初めて、手ブレ補正機構を搭載。妥協を許さない光学性能の追求と表現者の立場に立ったディテールへのこだわりが結晶した、革新のハイスペック・ズームレンズです。

引用:タムロン製品情報

「TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」の特徴

タムロンの旧大三元レンズだが、写りは現行大三元レンズと同じ!?

「TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」は焦点距離15-30mmをカバーする超広角ズームレンズです。開放F2.8通しの広角大三元になります。ただし、このレンズは旧モデル。現在は「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2」が現行レンズです。

旧モデルですが、MTF曲線やレンズ構成は現行レンズと同じようです。なので、光学性能は似たような感じと言うか、同じだと思います。

違う点はデザイン、手ぶれ補正の効き具合、AF性能、コーティングの性能、TAMRON TAP-in Console™対応などのポイントです。

「TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」は旧モデルとして価格が下がっているので、コスパはかなり良いのではないかと思います。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEFマウント
焦点距離15-30mm
レンズ構成13群18枚
画角110゜ 32' - 71゜ 35'
絞り羽根枚数9枚
開放絞り(F値)2.8
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率0.20倍
手ぶれ補正1
コーティング○:eBANDコーティング
防塵防滴
フィルター径-
寸法98.4mm×145mm
質量1100g
発売日2014-12-25
tamron15-30mtfold.jpg
tamron15-30oldcom.jpg