SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2 [キヤノン用]のレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

メーカー概要

極限まで高められた完成度が、新たな一枚を生む

目の前の景色の全てを、一枚に収める。SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A041)は、極めて高画質な大口径超広角ズームレンズです。特殊硝材や非球面レンズを適切に配置し、広角域で目立ちやすいディストーション(歪曲収差)や倍率色収差などの発生を徹底的に抑制しました。

新開発AX(Anti-reflection eXpand)コーティングと、eBAND (Extended Bandwidth & Angular-Dependency) コーティング、BBAR (Broad-Band Anti-Reflection) コーティングとを組み合わせることで、周辺部までクリアな写りを実現しています。

また、精度の高い先進のAF技術とともに強力な手ブレ補正機構VC (Vibration Compensation)を搭載。あわせて、リアフィルターホルダーを標準搭載(キヤノンEFマウント用のみ)することで、フィルターワークによる撮影も手軽に。摩耗耐久性が大幅に向上した高耐久防汚コートと簡易防滴構造を採用するなどあらゆる環境での撮影をサポートします。

引用:タムロン製品情報

「TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2」の特徴

リニューアルされたTAMRON大三元

「TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2」は焦点距離15-30mmをカバーする広角ズームレンズです。TAMRONの大三元の広角ズームレンズにあたる高級ズームレンズとなります。2014年に発売された「SP 15-30mm F2.8 Di VC USD 」のリニューアルバージョンです。

旧バージョンからの主な変化は、摩耗耐久性が大幅に向上した高耐久防汚コートの採用、手ぶれ補正の性能向上、オートフォーカスの性能向上、反射防止コーティングの性能向上、などです。細かな部分が全体的に底上げされた感じですね。より磨きがかかりました。

描写性能について

光学系については旧式と同じと考えられています。レンズ構成もMTF曲線も同じです。なので、旧式の海外レビューサイトを参考にします。

中央の解像力は全ての焦点距離で均一で、開放から既に素晴らしい解像力(37-41lpmm前後)だ。F4-5.6に絞ると45lpmmに達し、これは高性能な単焦点レンズに匹敵する。ここでは批判する点は見当たらず、称賛あるのみだ。

隅の解像力は、22mmがベストで、開放でさえ基準値を超えている(31lpmm前後)。広角端も悪くはないが、これは絞ったとき(F4で30lpmm前後)で、開放時は全ての条件の中で最も解像力が低い(24lpmm前後)。望遠端は開放では若干基準値を下回っている(29lpmm前後)が、F4-F11では基準値を少し上回っている。ここでもこのレンズの解像力は素晴らしい。

引用:LensTip和訳

全体的に大きな欠点もなく、安定した描写性能になっているようです。逆光耐性については、新開発のAXコーティングが施されているとのことですが、やはり出玉レンズなので良くはありません。フレアが多いですし、ゴーストも出来やすい傾向です。

高いAF性能と4.5段の手ぶれ補正

高い光学性能の全てを引き出すために、AFを含むレンズ制御専用のMPU(マイクロプロセッサ)と、手ブレ補正処理専用のMPU、2つを搭載する「デュアルMPU」を採用しています。

これにより、AFの速度・精度が向上し、手ブレ補正効果は従来を大きく上回る4.5段分となりました。

広角レンズはそもそも手ブレしにくいレンズですが、手ぶれ補正はあるに越したことはありませんね。AF性能向上も嬉しいです。

簡易防水構造にフッ素コートを採用

簡易防水構造、フッ素コートを採用しています。下位レンズにも採用されているので当然かもしれませんが、下位レンズと違う点はフッ素コートに摩耗耐久性が大幅に向上した高耐久防汚コートを採用していることです。耐久性があるので長期間、手の脂などが付着しにくく、また拭き取りやすくなっています。

また、接合部の各所に防滴用のシーリングを配する簡易防滴構造になっています。これがあれば雨の中でも安心して撮影できます。

デザインも高級感があり、価格はお手頃で星撮りには定番

以前のTAMRONレンズは決してデザインが良いものではありませんでしたが、リニューアルされてから高級感すら感じるようになりました。

ただ、価格はキヤノン純正大三元の半分です。なので、サードパーティ製の星撮り用レンズとして定番化しています。この性能でこの価格は安い。非常に魅力的なレンズです。

ただし、純正大三元と同様に出玉レンズなので、普通のフィルターは付けられません。もし、NDフィルターなどを使いたい場合は、専用ホルダーと角形フィルターが必要になります。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEFマウント
焦点距離15-30mm
レンズ構成13群18枚
画角110°32'-71°35'
絞り羽根枚数9枚
開放絞り(F値)2.8
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率0.20倍
手ぶれ補正
コーティング○:AXコーティング
防塵防滴
フィルター径-
寸法98.4x145 mm
質量1110g
発売日2018-10-12
tamron15-30mtf.jpg
tamron15-30oldcom.jpg