SIGMA 24-35mm F2 DG HSM [キヤノン用]のレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

メーカー概要

Artラインの最高性能はそのままに、1本で24mm、28mm、35mmをカバー。「ズーム」の常識を変える圧倒的なパフォーマンス

引用:シグマ製品情報

「SIGMA 24-35mm F2 DG HSM」の特徴

シグマの変態広角ズームレンズ

「SIGMA 24-35mm F2 DG HSM 」は焦点距離24-35mmをカバーする広角ズームレンズです。ズーム域はやや狭いですが、フルサイズ対応で開放F2通しという明るさを実現しています。これは世界初です。ズームレンズの利便性を多少は犠牲にしつつ、描写性能に振ったレンズと言えます。

ちなみに、「ズームレンズであっても単焦点レンズと同等の明るさと解像力をもつ最高レベルの性能を追求したい」という考えの元で作られたレンズです。単焦点レンズ3本分(24mm、28mm、35mm)が1本になっているイメージですね。良い意味で変態レンズ。

24mm、28mm、35mmは風景・スナップ・ポートレートで多用する画角なので、ズーム域は狭いですが案外使い勝手は悪くないでしょう。ポートレートにも良いでしょうね。ただし、超広角ではないので強いパースペクティブを楽しみたい方には向いていないかと思います。

描写性能について

ここでは海外のレビューサイトを参考にしたいと思います。

中央の解像力は、24mm開放では42lpmm(良像の基準値は30-32lpmm)、最も解像力の低い28mmでも37lpmmで、ただ称賛あるのみだ。絞ると解像力はF4でピークになり、44~46lpmmに達する。これは単焦点レンズと同等の解像力で、24-35mm F2 は3本の単焦点レンズを1つにしたと言っても全く大げさではない。この結果は(35mmで)キヤノン35mm F2 ISを若干上回っており、(28mmで)ニコン28mm f/1.8Gの解像力を大きく超えている。

隅の解像力は、開放ではズーム全域で良像の基準値を若干下回るが、単焦点のEF35mm F2 ISでもF4まで絞らないと基準値を超えないので、シグマの解像力に不満は無い。絞ると、シグマはF2.8よりも前に良像の基準値を超える。ニコンの28mm f/1.8Gと35mm f/1.8Gと比較してもシグマは同等以上の解像力だ。

解像力テストは驚きの結果で、シグマ24-35mmを購入すれば、いくつかの単焦点レンズを所有する必要はなくなるだろう。

引用:LensTip和訳

解像力と均一性に関しては、このレンズの性能は際立っている。解像力のピークはF5.6で、開放では焦点距離によって性能が少し変わる。最もシャープなのはズームの両端で、28-30mmでは若干甘いが、それでもなお、周辺部でさえとても良好だ。F2.8に絞ると解像力は画面全域で顕著に改善する。

引用:DxOMark和訳

解像力は、広角端24mmでは中央は開放から既に際立った値(outstanding)で、隅は良好な値(good)だ。絞ると改善し、隅はF2.8からF8の間で素晴らしい値(excellent)になり、中央はF8まで際立った値(outstanding)を維持している。

中間域28mmでは、中央は若干の解像力の低下が見られるが、それでもまだ開放で素晴らしい値(excellent)を維持している。隅の解像力は改善し、開放でとても良好な値(very good)だ。F2.8からF8の間では画面全域で素晴らしい解像力(excellent)になる。

望遠端35mmでは、中央は開放から素晴らしい値(excellent)、隅はとても良好な値(very good)にわずかに届かない値で、性能は上手く保たれている。F2.8に絞ると一時的に解像力は際立った値(outstanding)になり、隅はとても良好な値(very good)になる。

引用:ePHOTOzine和訳

このように、どの焦点域でもカミソリのような切れ味を楽しめるレンズとなっています。単焦点に匹敵する描写性能です。FLDガラス1枚、SLDガラス7枚を贅沢に採用しているだけあります。

手ぶれ補正、簡易防水などは無い

「SIGMA 24-35mm F2 DG HSM 」は手ぶれ補正や簡易防水構造などは採用されていません。タムロンなどはこの価格帯のレンズでも、簡易防水構造は採用されていたので、ちょっと残念な点ではあります。

重く大きいが、価格は高くはない

もともとシグマは画質重視な傾向になるので、重く大きいレンズが多いです。このレンズも例に漏れず、940gという重量級。そもそも持ち運びを気にするレンズではないですね。ひたすら画質重視。

あと、フィルター径82mmなので太いです。フィルターを購入する際はちょっと高価になるかもしれません。ちなみに、インナーズーム・インナーフォーカスなので、ズーミングしても全長は変化しないです。

価格は10万円程度です。これほどの性能のレンズなので高くはないと思います。この画角をよく使う人なら導入しても後悔はなさそうです。

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEFマウント
焦点距離24-35mm
レンズ構成13群18枚
画角84.1°-63.4°
絞り羽根枚数9枚
開放絞り(F値)2.0
最小絞り(F値)16
最短撮影距離0.28m
最大撮影倍率0.22倍
手ぶれ補正×
コーティング○:スーパーマルチレイヤーコート
防塵防滴×
フィルター径82
寸法φ87.6㎜ × 122.7㎜
質量940g
発売日2015-07-30
sigma24-35mtf.jpg
sigma24-35com.jpg