SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM [キヤノン用]のレビュー

※レンズについての評価はウェブ上の作例等を見ての個人的な感想を含みます。

メーカー概要

大口径超広角ズームレンズの決定版。Φ80mmクラスのグラスモールド非球面レンズ加工技術の確立により実現した超広角レンズの新基準

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Artは、ズームレンズとして究極の超広角レンズを目指した製品です。ズーム全域F2.8という明るさの達成と、歪曲収差を最小限に抑えるなど、すべての焦点域、すべての撮影距離で高画質を達成した大口径超広角ズームレンズの決定版です。

引用:シグマ製品情報

「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM」の特徴

シグマの広角大三元

「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM」は焦点距離14-24mmをカバーする広角ズームレンズです。F2.8通しで使用できる、シグマの広角大三元レンズになります。キヤノン純正の大三元は16-35mmF2.8なので、これよりも広角で撮影可能です。

大三元だけあって描写にもこだわり抜かれています。諸収差を高いレベルで補正しながらも、5000万画素超にも対応する高い解像感と美しいボケ味にも配慮されているあたりはシグマの拘りを感じる。

描写性能について

ここでは海外のレビューサイトを参考にしたいと思います。

このレンズの優れている部分は、14mmの解像力の素晴らしさだ。14mmでは開放から中央は際立った解像力で、周辺部も良好な解像力だ。これは、この種のレンズの50MP機によるテストとしては驚くような値だ。 解像力のピークはF5.6からF8で、このとき画面全域で非常に良好な画質になる。

16mmでは開放では隅がいくらか甘くなるものの、中程度まで絞るととても良好な結果が得られる。この性能は20mmでも維持されている。24mmでは中央は素晴らしいが、周辺部と隅は甘くなる。これは開放時だけでなくF5.6まで絞っても甘いが、F8まで絞ればしっかりとした解像力になる。

引用:OpticalLimits和訳

中央の解像力は開放から既にシャープで、ズーム全域でとても均一だ(良像の基準値は30-32lpmm)。中央の解像力は素晴らしく、タムロン15-30mm F2.8 VCよりも少し上回っている。

隅の解像力は、14mmと19mmでは開放から実用的な画質で十分に良好だが、望遠端の24mmが弱く、F4.5まで絞らないと30lpmmを超えない。タムロンはシグマと異なり15mm開放時が最も弱い。解像力に関しては、シグマ14-24mm F2.8 は全体的にとても肯定的な評価だ。

引用:LensTip和訳

望遠端の周辺部や四隅に弱点があるようですが、広角ズームレンズだと同様のパターンになることが多いです。全体的にシグマレンズらしい尖鋭感のある描写性能を誇ります。11群17枚のうち、3枚の非球面レンズに3枚のFLDガラス、SLDガラスも3枚採用と非常に贅沢な光学設計となっているだけありますね。

コマ収差は全体的によく補正されているので、星撮りにも使えるレンズになっています。逆光耐性も出玉で複雑なレンズ構成にも関わらず非常に良好です。太陽を直接入れた場合でもフレアは抑えられます。

防塵防滴機能を備えた、プロフェッショナル仕様

「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM」はマウント接合部、マニュアルリング、ズームリングや外装部の接合部などにシーリングを施した防塵防滴性の高い構造となっています。天候に左右されることなく撮影が可能です。また、レンズ最前面には撥水防汚コーティングを採用しているので、汚れが付着しにくく、汚れても拭き取りやすいです。

安価で大口径広角ズームで最強か!?

このレンズは13万円ほどの価格となっています。純正の大三元よりもかなり安い。タムロン15-30mmF2.8よりは少しだけ高いですが、シグマの方が1mm広角です。たった1mmですが広角での1mmは大きい。性能を考えても大口径広角ズームレンズの中では最強ではないでしょうか!?

ライバルレンズ

仕様

MTF

レンズ構成

マウントEFマウント
焦点距離14-24mm
レンズ構成11群17枚
画角114.2° - 84.1°
絞り羽根枚数9枚
開放絞り(F値)2.8
最小絞り(F値)22
最短撮影距離0.26m
最大撮影倍率0.18倍
手ぶれ補正×
コーティング○:スーパーマルチレイヤーコート
防塵防滴
フィルター径-
寸法96.4㎜ × 135.1㎜
質量1150g
発売日2018-03-09
sigma14-24mtf.jpg
sigma14-24com.jpg