「Nikon D810」の詳細情報について

メーカー概要

最高画質は、未踏の撮影領域へ。ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラD810。

引用:ニコン製品情報

「D810」の特徴について

「D810」の立ち位置について

一眼レフ

ハイエンド

「D810」は2014年発売の高画素機で、ハイエンドモデルです。現在は、2017年発売のD850が現行機。D810は旧モデルとなりますが、それでも高い性能を誇り、価格も落ちていることから、コスパが大変良くなってきています。狙い目のカメラと言えるでしょう。

「D810」のボディーについて

質量
980g

防塵防滴

手ぶれ補正
×

タッチパネル
×

モニター
固定式

水準器

フラッシュ
内蔵:○

Wi-Fi
×

Bluetooth
×

「D810」は約980gという大きめのボディで、防塵防滴性や堅牢性はしっかりしています。しかし、モニターは固定式で動きません。やはり稼働した方が便利で良いですね。タッチパネルも非対応。ファインダーは倍率約0.7倍でこれも最新機には劣ります。

「D810」のセンサーについて

有効画素数
3635万画素

ISO感度
64-12800

EXPEED 4

「D810」は3635万画素のローパスレスセンサーを搭載しています。ローパスフィルターはモアレや偽色を抑えてくれますが、解像度が低下するデメリットもある。D810はこれを取っ払い、ローパスフィルターレスにすることで、繊細感を極限にまで高めています(D750、D610はローパス有り)。

また、3635万画素というのもデータ量的に扱いやすいでしょう。最近だと4500万画素、6000万画素という高画素機が登場していますが、画素数が多いとデータ量が大きくなり、PCやHDDへの負担が大きくなります。その点、3635万画素は程よい高画素機と言えます。

そして、D810はセンサーの性能も魅力的です。DxOMarkのセンサースコアを見てみましょう。

D810 D850 D750
Overall Score
(センサーの総合点)
97 100 93
Color Depth
(色の再現域と分離)
25.7 26.4 24.8
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
14.8 14.8 14.5
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容
できる最高のISO感度)
2853 2660 2956

流石に最新のD850には劣りますが、センサースコア97は見事です。低感度では850並のダイナミックレンジを発揮します(ただし、中程度の感度ではD850が約1EV良好)。高感度耐性ではD850に勝ります。

D750との比較では、高感度に関しては低画素機のD750に劣りますが、その他の点ではD810が大きく上回っています。

D810は旧モデルですが良いカメラですね。

「D810」の連写性能について

最高連写
5コマ/秒

「D810」の連写は最高約5コマ/秒であまり速くありません。動きものの撮影はそこまで得意ではないです。連続撮影可能枚数は28コマ(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)です。データが大きな高画素機にしては頑張ってるかと思いますが、バッファー容量はそこまで多くはないです。

「D810」のAF性能について

AFポイント
51点

「D810」のAFポイントは51点です。これはD750並で良好です。低輝度限界は-2EVなので、暗さへの耐性はそこそこです。

「D810」の動画性能について

4K動画
×

フルHD

「D810」はフルHD(1920×1080)60pの撮影が可能です。連続撮影時間は高画質(1920×1080:60p/50p)で10分、高画質(1920×1080:30p/25p/24p)で20分、標準画質(1920×1080:60p/50p)で20分、標準画質(1920×1080:30p/25p/24p)で29分59秒になっています。

「D810」と新モデル「D850」との違い

新モデルであるD850との主な違いは以下の通りです。

  • ボディの変更
  • 画素数の増加(3635万画素→4575万画素)
  • 連写の強化(5コマ/秒→7コマ/秒)
  • AF性能の大幅な強化
  • チルト式・タッチパネル対応に
  • 深度合成可能に
  • 動画・通信の強化

D810とD850の性能では、D850の方が大幅に向上している点があります。

ボディの変更

D810は980g、D850は1005gなので、D850の方がやや重くなっています。D810では内蔵フラッシュを搭載していましたが、D850では堅牢性を高めるために、これが無くなっている。このクラスのカメラを使う人は、外付けストロボを使う人が多いでしょうから、これは英断かと思います。

さらに、D810ではファインダー倍率約0.7倍でしたが、D850ではニコン一眼レフカメラ史上最大の約0.75倍を実現しています。これも内蔵フラッシュを無くしたメリットでしょうね。D850のファインダーは広くて見やすいです。

画素数の増加(3635万画素→4575万画素)

画素数がD810の3635万画素からD850の4575万画素に増加。さらにD850のセンサーは、ニコンでは初めて裏面照射型を採用しました。これによりフルサイズ史上初、DxOMarkでセンサースコア100を達成した優れたセンサーに仕上がっています。

ちなみに、D810ではRAWのサイズをS/Lで選択可能でしたが(サイズSは12ビット、非圧縮に固定))、D850はS/M/Lで選択可能です(サイズM/Sは12ビット、ロスレス圧縮に固定)。画像サイズを調整できますね。

連写の強化(5コマ/秒→7コマ/秒)

D810とD850とでは、連写が5コマ/秒から7コマ/秒に向上しています。さらにマルチパワーバッテリーパックを使えば、D850は9コマ/秒まで速くなります。非常に高速な連写です。

また、D850ではバッファーについても増大しており、28コマから51コマに増えています(ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)。これだけの高画素機で51コマは凄いですね。連写性能はしっかり強化されています。

ちなみに、D850では、先幕、後幕ともに電子シャッターを使用する「サイレント撮影」が可能です。シャッター音、機構ブレがないので、美術館、結婚式など静粛な場所での撮影や、超望遠レンズによる風景撮影に向いています(静止画ライブビュー時のみ)。

AF性能の大幅な強化

D810では51点だったAFポイントが、D850では153点に飛躍的に増加しています。D5と同じAFシステム。これにより動体補足力が上がりました。さらに、D810では低照度が-2.0EVまででしたが、D850では-4.0EVに対応するので、暗所でもAFが効きやすいです。

D810では決して動体に強いカメラではありませんでしたが、D850では動体に強いカメラになっています。

チルト式・タッチパネル対応に

D810のモニターは3.2インチ・122.9万ドットですが、D850では3.2インチ・236万ドットで高解像化。そして、チルト式・タッチパネル対応になったので、使い勝手が向上しています。

深度合成可能に

D850では深度合成の素材を簡単に撮影できる「フォーカスシフト撮影」が可能です。深度合成をすれば奥行きのある風景や標本などでも、全体にピントが合った画像を作成できますが、その素材用にピント位置をずらした画像を、最大300コマまで自動で取得できます。マクロ撮影や風景撮影に重宝する機能です。

動画・通信の強化

D810ではフルHDまでの動画撮影でしたが、D850では4K UHD/30pで動画撮影が可能です。また、Wi-FiやBluetoothも内蔵しているので、スマホなどへの連携も良好。ワイヤレスでの操作もできます。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプ一眼レフ
マウントFマウント
寸法約146×123×81.5mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約675g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正×
水準器
内蔵フラッシュ
バッテリー寿命約1200コマ(カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15使用時)CIPA規格準拠

センサー

センサーサイズフルサイズ
センサー備考-
有効画素数3635万画素
ローパスフィルターローパスフィルターレス
画像処理エンジンEXPEED 4

静止画記録形式

記録メディアSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード、コンパクトフラッシュカード
画像ファイル形式RAW12ビット/14ビット(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮)、サイズL/S選択可能(サイズSは12ビット、非圧縮に固定)、TIFF、JPEG
記録画素数撮像範囲[FX(36×24)1.0×]の場合: 7360×4912ピクセル(サイズL) 5520×3680ピクセル(サイズM) 3680×2456ピクセル(サイズS)
スロット数ダブルスロット(コンパクトフラッシュ/SDカード)

オートフォーカス

AF方式TTL位相差検出方式
フォーカスポイント51点
検出範囲-2~+19EV
フォーカス備考-

シャッター

シャッター形式電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター、電子先幕シャッター(ミラーアップ撮影時)
シャッタースピード1/8000~30秒
連写速度高速連続撮影:約5コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW (ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)28コマ

露出制御

撮影感度ISO64-12800
測光方式91Kピクセル(約91,000ピクセル)RGBセンサーによるTTL開放測光方式
測光モードマルチパターン測光、中央部重点測光、スポット測光、ハイライト重点測光

ファインダー

ファインダー形式ペンタプリズム
視野率上下左右とも約100%
倍率約0.7倍

モニター

可動・タッチパネル固定式、タッチパネル非対応
画面サイズ/ドット数3.2型、約122.9万ドット

動画撮影

4K×
フルHDフルHD 1080/60

ネットワーク

WI-Fi×
Bluetooth×

その他

使用可能温度0℃~40℃
使用可能湿度85%以下(結露しないこと)
発売日2014-07-17