「Nikon D6」の詳細情報とD5との違い。

メーカー概要

ニコン史上最強のAF性能と高速連続撮影、高速画像送信でプロのスポーツ・報道写真家の期待に応えるニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラD6。

引用:ニコン製品情報

「D6」の特徴と旧モデルD5との違いについて

「D6」の立ち位置について

一眼レフ

フラグシップ

D6はニコン一眼レフカメラでのフラグシップモデルになります。圧倒的な連写性能と被写体捕捉性能でスポーツや動物撮影で威力を発揮します。また、非常に堅牢で過酷な環境にも対応可能です。

ちなみに、D5の後続モデルとして2020年に発売になりました。

「D6」のボディーについて

質量
1450g

防塵防滴

手ぶれ補正
×

タッチパネル

モニター
固定式

水準器

フラッシュ
内蔵:×

Wi-Fi

Bluetooth

「D6」はD5同様に横位置、縦位置でもグリップ可能で、また専用ボタンも多いことから、操作性は抜群。さらに、ボタンイルミネーションもされているので、暗所でも操作系の視認性が高く、スムーズな操作が可能です。

当然ながら、ボディは防塵防滴。重さ1450gと重量はありますが、過酷な環境にも耐えられる高剛性・高耐久性ボディーとなっています。D5は約1405gなのでやや重たくなりました。

あとは約3580コマ撮れるバッテリーライフも驚異的です(D5は約3780コマ)。ちなみに、モニターはタッチパネルには対応しますが固定式、また内蔵フラッシュを省略することで堅牢性を高めています(D5も同様)。

D6とD5ではボディーに大きな変更はないようですが、USB端子について「Micro-B」から「Type-C」へ変更されています。また、D5では非対応だったWi-Fi、Bluetoothに対応し、スマホなどへのアクセスが向上しています。

「D6」のセンサーについて

有効画素数
2082万画素

ISO100
-102400

EXPEED 6

D5では画像処理エンジンが「EXPEED 5」でしたが、D6では「EXPEED 6」に新しくなっています。

また、D6ではオートホワイトバランスに新しく「時系列解析アルゴリズム」が追加され、時系列に蓄積された情報から現在の撮影シーンを推定することで、従来よりも高精度で安定したホワイトバランスを実現しています。スポーツやポートレートなど、様々な撮影シーンで安定した性能を発揮する。

「D6」の連写性能について

最高連写
14コマ/秒

D6は最高14コマ秒の連写が可能です。D5では約12コマ/秒だったのでより速くなっている。一方で、ライビューでの連写ではD6が最高約10.5コマ/秒、D5が最高約14コマ/秒なので、ライブビューではD5の方が速いようです。

連続撮影可能枚数についてはD6が146コマ(RAWロスレス圧縮RAW/14ビット記録)なのに対し、D5が200コマです。これはD5の方が優っています。しかし、D6の146コマでも十分な気がしますね。

ちなみに、D6はマニュアル撮影時にシャッター速度を900秒に設定できます。星の撮影やNDフィルターを使った長秒撮影時に便利です(D5は30秒まで)。

「D6」のAF性能について

AFポイント
105点

D6のAFポイントは105点なので、D5の153点よりも少ないです。しかし、D6は105点が全て高性能なクロスタイプで、また全点が選択可能となっています(D5はクロスタイプ99点、選択可能ポイント55点)。これはD6の方がより優れています。

また、ひとつひとつのフォーカスポイントを縦横3列ずつのトリプルセンサー配列とし、AFエリアをD5比約1.6倍の高密度でカバーしている。

「Nikon D6」の詳細情報とD5との違い。

D6の方がぎゅっとAFポイントの密集度が高いです。それだけD6の方が被写体を捕捉しやすい。

また、D6は新開発AF専用エンジンを搭載しており、D5よりも動体追従性能でより優位になっているようですね。瞳の位置を優先したフォーカスポイントの選択にも対応します。他にもグループエリアAFのカスタム設定、オートエリアAFの「開始位置」設定などが使える。

ちなみに、D6は-4.5EVにも対応しているので、低輝度時にもスムーズに確実に合焦します(D5は4EVまで)。

「D6」の動画性能について

4K動画

フルHD

D6は4K(3840×2160)30pの4K動画に対応しています(最長29分59秒まで)。非圧縮映像をHDMI出力し、外部モニターへの表示、外部レコーダーへの同時記録も可能です。また、動画編集で「選択フレームの保存」が可能。4K UHDで記録した映像からも必要な箇所を画素数約8メガピクセルのJPEG画像として切り出せるので、決定的瞬間をより確実に記録する手法としても活用できます。

そして、ドットバイドット情報読み出しも可能です。撮像素子上で使用する画素数と動画の記録画素数が同じドットバイドット情報読み出しは、撮影後の処理が少なく、ディテールに富んだ極めて解像感の高い映像が得られます。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプ一眼レフ
マウントFマウント
寸法約160×163×92mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約1450g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正×
水準器
内蔵フラッシュ×
バッテリー寿命約3580コマ(CIPA規格準拠)

センサー

センサーサイズフルサイズ
センサー備考-
有効画素数2082万画素
ローパスフィルター
画像処理エンジンEXPEED 6

静止画記録形式

記録メディアCFexpressカード(Type B)、XQDカード
画像ファイル形式NEF(RAW):12ビット/14ビット(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮)、JPEG
記録画素数撮像範囲[FX(36×24)]の場合:5568×3712ピクセル(サイズL)、4176×2784ピクセル(サイズM)、2784×1856ピクセル(サイズS)
スロット数ダブルスロット

オートフォーカス

AF方式TTL位相差検出方式(マルチCAM37Kオートフォーカスセンサーモジュールで検出)
フォーカスポイント105点
検出範囲-4.5~+20 EV
フォーカス備考瞳の位置を優先したフォーカスポイントの選択に対応

シャッター

シャッター形式電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター、電子先幕シャッター、電子シャッター
シャッタースピード1/8000~30秒(露出モードMでは900秒まで延長可能)
連写速度高速連続撮影:約14コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW (ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)146コマ

露出制御

撮影感度ISO100~102400
測光方式180Kピクセル(約180,000ピクセル)RGBセンサーによるTTL開放測光方式
測光モードマルチパターン測光、中央部重点測光、スポット測光、ハイライト重点測光

ファインダー

ファインダー形式ペンタプリズム
視野率上下左右とも約100%
倍率約0.72倍

モニター

可動・タッチパネル可動不可・タッチパネル対応
画面サイズ/ドット数3.2型、約236万ドット

動画撮影

4K4K/30p
フルHDFull HD/60p

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth

その他

使用可能温度0℃~+40℃
使用可能湿度85%以下(結露しないこと)
発売日2020-06-05