「PENTAX K-1 Mark II」の詳細情報を「PENTAX K-1」との違い

メーカー概要

“フルサイズのK”は、Mark IIへ。心に焼きついた、豊かな色彩と陰影。美しいボケと立体感。そのすべてに撮影者の感性が込められたとき、写真は単なる「記録」を超え、人々を感動させるアートになる。PENTAX K-1 Mark IIは、そのための新しいフラッグシップとして誕生した。

引用:ペンタックス製品情報

「PENTAX K-1 Mark II」の特徴について

「PENTAX K-1 Mark II」の立ち位置について

ミラーレス

ハイエンド

「PENTAX K-1 Mark II」はペンタックスのフルサイズ一眼レフカメラです。2016年に発売されたペンタックスで初となるフルサイズ一眼レフカメラ「K-1」の後続モデルとして、2018年に発売されたのが「PENTAX K-1 Mark II」となります。ただし、マイナーチェンジです。

「PENTAX K-1 Mark II」のボディーについて

質量
1010g

防塵防滴

手ぶれ補正

タッチパネル
×

モニター
フレキシブル

水準器

フラッシュ
内蔵:×

「PENTAX K-1 Mark II」は重さ10101gです。フルサイズ一眼レフの中でも重い部類かと思います。しかし、ボディの87ヶ所にシーリングを施し、水滴や砂ぼこりの浸入を防ぐ、強力な防塵防滴。そして、マイナス10度にも耐える耐低音設計となっています。もちろん、マグネシウム合金製の高強度・高耐久ボディで、ダブルスロットです。

ファインダーはペンタプリズムで、視野率100%、倍率約0.70倍。広いファインダーです。そして、手ぶれ補正を搭載しています。

「PENTAX K-1 Mark II」の詳細情報を「PENTAX K-1」との違い

5軸手ぶれ補正で効果は5.0段分です。

この手ぶれ補正を利用することで「アストロトレーサー」という機能が使えます。これはGPSユニット「O-GPS1」(別売)を装着することで、天体追尾撮影をする機能。GPS情報から天体の動きを割り出し、イメージセンサーを天体の動きに同調して移動させることで、長時間露光しても星が流れることなく、点像として美しく描写できます。

さらに、GPSユニット「O-GPS1」を用いると、電子コンパスに対応し、カメラが向いている方角を液晶モニターに表示してくれる。なので、例えば日の出前の撮影準備や山岳撮影に必要な山座同定が簡単に行えます。

あとは、手ぶれ補正機構を利用して、自動的に画面の傾きを水平に補正する「自動水平補正」もあります。変わった機能ですね。

そして、3.2型(約103.7万ドット)の大型モニターは、フレキシブルチルトという変わった動きをします。

「PENTAX K-1 Mark II」の詳細情報を「PENTAX K-1」との違い

上下左右どの方向にも向けられるモニターです。ただし、180度回転して自撮りなどはできないようです。

「PENTAX K-1 Mark II」のセンサーについて

有効画素数
3640万画素

ISO感度100
-819200

PRIME IV

「PENTAX K-1 Mark II」は3640万画素のセンサーを搭載しています。やや高画素です。ローパスフィルターレスなので解像度も高められています。さらに、「PENTAX K-1 Mark II」は自社開発のアクセラレーターユニットを新たに搭載。イメージセンサーが出力した信号をあらかじめ適切に処理し、画像処理エンジンに送ることでノイズが低減、解像感や高感度での色彩再現性が旧モデルよりも向上しています。

それから、「PENTAX K-1 Mark II」は「リアル・レゾリューション・システム」を搭載しています。イメージセンサーを1画素ピッチずつ動かしながら4枚を連続撮影、それらを合成することで超高精細画像を生成します(手持ちで撮影可能)。なので、3640万画素以上の解像力を引き出すことが可能です。

ちなみに、「PENTAX K-1 Mark II」は手持ちでの撮影が可能となっています。

「PENTAX K-1 Mark II」の連写性能について

最高連写
4.4コマ/秒

「PENTAX K-1 Mark II」の連写は最高4.4コマ/秒です。正直なところこれは遅いです。連続撮影枚数も70コマ(JPEG)、17コマ(RAW)なので、多くはありません。連写が遅いので問題ないかもしれませんが。「PENTAX K-1 Mark II」は動きの速いものを得意とするカメラではないようですね。

「PENTAX K-1 Mark II」のAF性能について

AFポイント
33点

「PENTAX K-1 Mark II」は33点のAFポイントを搭載しています。

33点のうち中央25点はクロスタイプを採用しているようですね。33点はちょっと少ないです。ペンタックスはAF性能で他社に劣るように思います。

ただし、「PENTAX K-1 Mark II」では最新のアルゴリズムを搭載することにより、「PENTAX K-1」よりもAFスタートから合焦までを高速化。被写体と背景の色が同じようなシーンでも、的確に被写体の動きをキャッチしやすいです。

低輝度限界については−3EV度対応なので暗所にはそこそこ強いです。

「PENTAX K-1 Mark II」の動画性能とネットワークについて

4K動画
×

フルHD

Wi-Fi

Bluetooth
×

「PENTAX K-1 Mark II」はフルHD60pでの動画撮影が可能です。4Kインターバル動画なども可能。

そして、Wi-Fiにも対応しているので、スマホやタブレットなどとワイヤレスで連携。撮った写真をその場で転送し、すぐに手元で楽しむことができます。

「PENTAX K-1 Mark II」と旧モデル「PENTAX K-1」との違い

旧モデルである「PENTAX K-1」との主な違いは以下の通りです。マイナーチェンジで、ボディーなどは同じ仕様です。

  • アクセラレーターユニット
  • リアル・レゾリューション・システム
  • ISO感度

アクセラレーターユニット

「PENTAX K-1 Mark II」は自社開発の「アクセラレーターユニット」が新たに搭載。これにより、「PENTAX K-1」と比較して、解像感や高感度での色彩再現性の向上、ノイズ低減を実現しています。

リアル・レゾリューション・システム

「PENTAX K-1 Mark II」ではリアル・レゾリューション・システムで手持ちでの撮影が可能ですが、「PENTAX K-1」は三脚が必要です。

ISO感度

「PENTAX K-1 Mark II」の常用感度はISO100~819200ですが、「PENTAX K-1」はISO100~204800になっています。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプ一眼レフ
マウントKマウント
寸法約136.5mm(幅)×110mm(高)×85.5mm(厚)
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約1010g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正○(5軸手ブレ補正)
水準器
内蔵フラッシュ×
バッテリー寿命撮影可能枚数 :約670枚

センサー

センサーサイズフルサイズ
センサー備考-
有効画素数3640万画素
ローパスフィルターローパスフィルターレス
画像処理エンジンPRIME IV

静止画記録形式

記録メディアSD、SDHC、SDXCメモリーカード
画像ファイル形式RAW(PEF/DNG)、JPEG
記録画素数JPEG:L(36M:7360x4912)、M(22M:5760x3840)、S(12M:4224x2816)、XS(2M:1920x1280) RAW:(36M:7360x4912)
スロット数ダブルスロット

オートフォーカス

AF方式TTL位相差検出式
フォーカスポイント33点
検出範囲EV-3~18
フォーカス備考-

シャッター

シャッター形式電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード1/8000秒~30秒
連写速度最高約4.4コマ/秒
連続撮影可能枚数JPEG:70コマ、RAW:17コマ

露出制御

撮影感度ISO100-819200
測光方式8.6万画素RGBセンサーによるTTL開放測光
測光モード分割測光/中央重点/スポット

ファインダー

ファインダー形式ペンタプリズム
視野率100%
倍率約0.70倍

モニター

可動・タッチパネルフレキシブルチルト式
画面サイズ/ドット数3.2型/約103.7万ドット

動画撮影

4K×
フルHDフルHD(1920x1080) 60p

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth×

その他

使用可能温度-10℃~+40℃
使用可能湿度85%以下
発売日2018-04-20