「D3500」の詳細情報とD3400、D5600との違い。

メーカー概要

軽量コンパクト&握りやすいグリップ。初めてでも簡単に撮影できるガイドモード搭載。ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラD3500。

引用:ニコン製品情報

「Nikon D3500」の特徴について

「D3500」の立ち位置について

一眼レフ

エントリー

「D3500」はニコン一眼レフカメラでエントリークラスに該当します。D3000系は最も入門機になり、軽量コンパクトで、初心者の方でも簡単に使える機能が豊富に搭載しています。ちなみに、上位モデルにはD5000系、D7000系、D500系がある。

「D3500」のボディーについて

質量
415g

防塵防滴
×

手ぶれ補正
×

タッチパネル
×

モニター
固定式

水準器
×

フラッシュ
内蔵:○

「D3500」は重さ415gでニコン一眼レフカメラでもっと軽量です。モニターは3型(約92万ドット)、固定式でタッチパネル非対応となります。

また、防塵防滴ではなく、写真を水平にするのに役立つ水準器なども非搭載です。この辺はエントリークラスなので削られている部分ですね。

ただし、初心者の方でも綺麗な写真を簡単に使える機能が豊富に搭載しています。例えば「ガイドモード」です。

これは、モニターに表示されるガイドに従って操作するだけで、撮りたかった写真や動画がカンタンに撮影できる機能になります。

D3500の詳細情報とD3400、D5600との違い。

背景をボカしたり、水の流れを表現したりと、カメラに関する知識がなくても、カメラが教えてくれるので簡単に撮影できてしまいます。

また、撮影後の加工も簡単に可能です。

「D3500」のセンサーについて

有効画素数
2416万画素

ISO感度
100- 25600

EXPEED 4

「D3500」は有効画素数2416万画素のセンサーを搭載しています。また、ローパスフィルターレス仕様なので、解像感もしっかり高い。画質に関しては、上位モデルのD5000系やD7000系に劣るもではありません。

そして、カメラの頭脳に当たる画像処理エンジンは「EXPEED 4」です。これはやや古くなります。

「D3500」の連写性能について

最高連写
5コマ/秒

「D3500」の連写性能は最高5コマ/秒なので、特に速くはありませんが、子供の撮影くらいなら十分でしょう。ただし、動きの速い被写体を撮影する時は、やや不満に感じるかもしれませんね。もし、動きモノを撮りたい場合は上位機となります。

「D3500」のAF性能について

AFポイント
11点

「D3500」は11点のAFポイントになります。ファインダーを使った撮影では、AFポイントでしかピントを合わせられませんが、D3500はこれが少なく結構スカスカです。また、AFの食らい付きもそれほどよくはないので、AF性能は上位モデルに劣る点と言えるでしょう。

「D3500」の動画性能について

4K動画
×

フルHD

「D3500」は4K動画は撮影できませんが、フルHD(1920×1080)60pの撮影ができます。フルHD60p高画質で最長記録時間10分、フルHD60p標準で最長記録時間20分、フルHD30p標準以下では最長記録時間29分59秒となります。

「D3500」のネットワークについて

Wi-Fi
×

Bluetooth

SnapBridge

「D3500」は、カメラとスマートフォン/タブレットをシームレスにつなぐアプリケーション「SnapBridge」に対応しています。

一度設定するだけでカメラとスマートフォンがBluetooth®で常時接続します。スマートフォンがバッグに入っていても、カメラのシャッターをきるたびに撮った写真を自動転送してくれるので、お気に入りのSNSやメールからすぐに家族や友達へシェア可能です。

D3500の詳細情報とD3400、D5600との違い。

一眼レフクオリティの写真を、すぐに簡単にシェアできるのは嬉しい機能ですね。

「D3500」と旧モデル「D3400」との違い

旧モデルであるD3400との主な違いは以下の通りです。

  • 薄型化・ボタン配置の変更
  • スマホでリモート撮影が可能に
  • バッテリーライフの向上

マイナーチェンジと言っても良いでしょう。

薄型化・ボタン配置の変更

D3500が大きさ約124×97×69.5mm、重さ415gなのに対し、D3400は大きさ約124×98×75.5mm、重さ445gです(下画像:左D3500、右D3400)。

D3500の詳細情報とD3400、D5600との違い。

D3500のボディーにはアルミニウムやマグネシウムに匹敵する強度を持つ高剛性炭素繊維複合材料を採用することで6mmの薄型化を実現。また、グリップが深くなっていることで握り易くなりました。

それから、D3500は背面のボタンが右側に集中して配置されています。これにより、片手でも使いやすくスムーズな操作性になりました。

D3500の詳細情報とD3400、D5600との違い。

左のD3500の方がボタンが右に集約されているので操作性が良いです。右のD3400は左右にボタンが分かれているので、両手での操作が必要になってしまいます。

スマホでリモート撮影が可能に

D3500ではSnapBridgeを使ったスマホ操作で、静止画のシャッターを切れるようになっています。リモート撮影ができるわけですね。家族の集合写真や、雄大な風景をバックに自分を撮りたいときなどに便利です。

一方でD3400はSnapBridgeには対応していますが、リモート撮影までは対応していませんでした。

バッテリーライフの向上

D3500ではバッテリーライフが伸びました。D3400が約1200コマなのに対し、D3500は約1550コマです。大幅に省エネ化に成功しています。

「D3500」と上位機「D5600」との違い

上位モデルであるD5600との主な違いは以下の通りです。

  • 大きさ・重さ
  • AF性能
  • モニターの違い
  • ファインダーの違い
  • バッテリーライフ
  • Wi-Fi内蔵
  • 動画性能

簡単に言うと、D5600の方が動きモノに強く、またモニターがバリアングル・タッチパネルで使いやすい、という点が重要なポイントになっています。

大きさ・重さ

D3500が大きさ約124×97×69.5mm、重さ415gなのに対し、D5600は大きさ約124×97×70mm、重さ465gになっています(下画像:左D3500、右D5600)

D3500の詳細情報とD3400、D5600との違い。

大きさはほぼ変わらないと言えるでしょう。重さが50gだけD5600が重いです。とは言っても体感的には違いはないでしょう。

AF性能

D3500はAFポイントが11点でしたが、D5600は39点あり、より多くのポイントでピントを合わせることができます。

また、それだけ動きモノにもピントを合わせ易くなるので、D5600はD3500よりも動く被写体への撮影に向いています。走り回る子供なども撮影しやすいです。ちなみに、連写速度は5コマ/秒で同じ。

モニターの違い

D3500のモニターは動かず、またタッチパネル非対応です。一方で、D5600はバリアングルで可動式、さらにタッチパネルに対応しています。

D3500の詳細情報とD3400、D5600との違い。

バリアングルモニターなら好きな方向にモニターを動かすことができるので、低い位置や高い位置での撮影に便利です。また、モニターをクルッと回して自撮りなんかも出来る。

さらに、タッチパネルではモニターをタッチしただけで、ピント合わせやシャッターを切ることも可能。より直感的な操作ができます。カメラの設定もタッチで出来るので、煩わしいボタン操作が不要です。

それから、モニターの大きさについてD5600が3.2インチ・104万ドットなのに対し、D3500が3インチ・92万ドットなので、D5600の方が少し良いです。

ファインダーの違い

ファインダーはD3500もD5600も、ペンタミラーという安価な仕様ですが、D3500はファインダー倍率0.85倍、D5600はファインダー倍率0.82倍です。

ファインダー倍率は、ファインダーを見たときに像がどれくらいの大きさで見えるのかを示す数値です。なので、実は下位機のD3500の方がわずかにファインダー内が大きく見えます。ほんの少しですが。

バッテリーライフ

D3500は約1550コマなのに対し、D5600は約970コマです。D3500の方が省エネ設計でバッテリーが長く持ちます。ただし、D5600の約970コマでも殆どの場合で十分な性能かと思います。

Wi-Fi内蔵

D3500もD5600も、簡単に写真をスマホに転送できるSnapBridgeに対応しています。ただし、D5600は従来のBluetooth®でのペアリングなしに内蔵Wi-Fiで直接接続が可能になり、オリジナル画像(RAW/JPEG)の高速転送、カメラのリモート操作が可能です。D3500はBluetooth®のみ。

動画性能

D3500もD5600もフルHD(1920x1080)/60pの撮影が可能ですが、D5600は左右2箇所のマイクから立体感のある高音質で録音できるステレオマイクを内蔵しています。一方で、D3500は1箇所だけのモノラルマイク内蔵でD5600ほど音に臨場感が生まれません。

D3500の詳細情報とD3400、D5600との違い。

上の画像はD5600の内蔵ステレオマイクです。

さらに、高音質でのステレオ録音を楽しみたい場合に、D5600は外付けマイクを使用できます。これによりオートフォーカス時に生じるレンズの駆動音を拾いにくく、よりクリアーな録音を可能にする。D3500は外付けマイクは使えません。

あと、D5600はカメラ内でタイムラプス動画を生成することも可能です。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプ一眼レフ
マウントFマウント
寸法約124×97×69.5mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約415g
防塵防滴×
ボディ内手ブレ補正×
水準器×
内蔵フラッシュ
バッテリー寿命約1550コマ(カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a使用時)CIPA規格準拠

センサー

センサーサイズAPS-C
センサー備考-
有効画素数2416万画素
ローパスフィルターローパスフィルターレス
画像処理エンジンEXPEED 4

静止画記録形式

記録メディアSD、SDHC、SDXCカード
画像ファイル形式RAW12ビット、JPEG
記録画素数6000×4000ピクセル(サイズL:24.0M) 、4496×3000ピクセル(サイズM:13.5M) 、2992×2000ピクセル(サイズS:6.0M)
スロット数シングルスロット

オートフォーカス

AF方式TTL位相差検出方式:マルチCAM1000オートフォーカスセンサーモジュールで検出
フォーカスポイント11点
検出範囲-1~+19EV
フォーカス備考-

シャッター

シャッター形式電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード1/4000~30秒
連写速度最高約5コマ/秒
連続撮影可能枚数-

露出制御

撮影感度ISO 100~25600
測光方式420分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式
測光モードマルチパターン測光、中央部重点測光、スポット測光

ファインダー

ファインダー形式ペンタミラー
視野率上下左右とも約95%
倍率約0.85倍

モニター

可動・タッチパネル固定式、タッチパネル非対応
画面サイズ/ドット数3型TFT液晶モニター、約92万ドット

動画撮影

4K×
フルHDフルHD(1920x1080) 59.94fps

ネットワーク

WI-Fi×
Bluetooth

その他

使用可能温度0℃~40℃
使用可能湿度85%以下(結露しないこと)
発売日2018-09-28