「Panasonic LUMIX DMC-G8の詳細情報と「DC-G9」との違い

メーカー概要

新たな撮影領域を切り拓くフィールド一眼。手ブレ補正機能「Dual I.S.2」搭載モデル。

引用:パナソニック製品情報

「Panasonic LUMIX DMC-G8」の特徴について

「LUMIX DMC-G8」の立ち位置について

ミラーレス

ミドルクラス

「LUMIX DMC-G8」はGシリーズのカメラです。Gシリーズは静止画重視のモデルとなっています(GHシリーズが動画重視)。

そして、Gシリーズには現在のところ、G9(G9 PRO)、G99、G8の機種あります。G9がプロモデル、G99がハイアマチュアモデル、G8がミドルクラスモデルになるようです。G9とG99は兄弟機という位置付けで、G9とG8が上下の関係と言えるでしょう。

「LUMIX DMC-G8」のボディーについて

質量
505g

防塵防滴

手ぶれ補正

タッチパネル

モニター
バリアングル

水準器

フラッシュ
内蔵:○

「LUMIX DMC-G8」は重さ505gです。これは小型なAPS-C一眼レフカメラよりも重いです。しかしながら、防塵防滴で、フロントケースにマグネシウム合金を採用した堅牢なボディーとなっています。

「Panasonic LUMIX DMC-G8の詳細情報と「DC-G9」との違い

ボディ剛性を強化することにより、超望遠レンズなどの大型レンズ装着時にも安定した撮影ができ、シャッター衝撃も軽減され、撮影時のブレを抑えることができる。

モニターはバリアングルです。

「Panasonic LUMIX DMC-G8の詳細情報と「DC-G9」との違い

低い位置での撮影に便利。自撮りにも対応します。

ファインダーについては約236万ドット、約1.48倍(換算約0.74倍)です。上位機ほどではありませんが、高解像度で大きく被写体を確認できます。

そして、5軸ボディ内手ぶれ補正を搭載しており、「Dual I.S 2」にも対応しています。「Dual I.S 2」はボディ内手ぶれ補正とレンズ内手ぶれ補正を連動制御することで、本来なら補正効果の低下する中望遠~望遠域まで5.0段分の手ぶれ補正を実現しています。

「Panasonic LUMIX DMC-G8の詳細情報と「DC-G9」との違い

静止画のみならず動画撮影にも活かせます。

「LUMIX DMC-G8」のセンサーについて

有効画素数
1600万画素

ISO感度
200-25600

ヴィーナスエンジン

「LUMIX DMC-G8」は1600万画素のローパスレスセンサーを搭載しています。最新のカメラはフォーサーズでも2000万画素代が主流なので、もうちょっと画素数が欲しいところかもしれません。とは言うものの、1600万画素でもスマホやPCで見るなら十分、大きなプリントにも耐えられます。

「LUMIX DMC-G8」の連写性能について

メカ
9コマ/秒

電子
40コマ/秒

「LUMIX DMC-G8」はメカシャッターで約9コマ/秒(AF固定)、約6コマ/秒(AF追従)の連写が可能。さらに電子シャッターを使えば40コマ/秒まで速くなります(AF固定)。連続撮影可能枚数も約45コマ(RAW)あるので、電子シャッターなら少ないかもしれませんが、メカシャッターなら必要十分です。

また、4Kフォトに対応。4K動画(1秒30コマ)から好きなJPEG画像を取り出せます。ただし、4Kなので約830万画素です。その他、フォーカス合成や比較明合成も可能となっています。

「LUMIX DMC-G8」のAF性能について

AFポイント
49点

「LUMIX DMC-G8」はのAFにはパナソニックの高性能オートフォーカスを表す「空間認識AF」というものが採用されています。「空間認識AF」は画面に写るすべての被写体との距離を瞬時に算出することで高速AFを可能にしています。AF速度は約0.07秒、追従性能も高いです。ちなみに、-4EVもの暗さに対応、顔・瞳AFも使えます。

「LUMIX DMC-G8」の動画性能とネットワークについて

4K動画

フルHD

Wi-Fi

Bluetooth
×

「LUMIX DMC-G8」はフルハイビジョン映像の4倍のきめ細やかさで記録できる4K(3840×2160)30pでの動画撮影に対応可能。リアリティあふれる映像で、幅広いシーンにおいて、高精細で臨場感ある映像が撮影できます。

また、Wi-Fiに対応しているので、アプリ「Panasonic Image App」を使えば、スマホから撮影した写真をワイヤレスでスマホやタブレットに転送できます。また、スマホやタブレットから操作して、シャッターを切るなどのリモート撮影も可能です。

「Panasonic LUMIX DMC-G8」と上位機「LUMIX DC-G9」との違い

上位機である「LUMIX DC-G9」との主な違いは以下の通りです。

  • 画素数
  • ボディー
  • 連写性能
  • AF性能
  • 手ブレ補正
  • 6Kフォト
  • 動画性能

画素数

「LUMIX G8」が1600万画素なのに対し、「LUMIX G9」は2033万画素です(両方ともローパスレス)。また、「LUMIX G9」のセンサーはARコーティング処理することで、反射を軽減しフレアを抑制しています。

それから「LUMIX G9」はハイレゾモードに対応。センサーをシフトさせながら計8回の連続自動撮影を行い、カメラ内で合成処理を行うことにより、約8000万画素相当の高解像画像を生成します。細かなディテールまで美しく描写する。「LUMIX G8」はこれが出来ません。

ボディー

「LUMIX G8」が505gなのに対し、「LUMIX G9」は658gです。「LUMIX G9」の方が153gも重いです。両機とも防塵防滴ですが、さらに「LUMIX G9」は耐低温設計でダブルスロットになっています。

そして、「LUMIX G8」は右肩の液晶が省略されていますが、「LUMIX G9」には液晶があります(左G9、右G8)。

「Panasonic LUMIX DMC-G8の詳細情報と「DC-G9」との違い

「LUMIX G9」の方が設定の視野性が良い。また、「LUMIX G9」の方がグリップが深く持ちやすかったり、ジョイスティックが採用されAFポイントを素早く動かせたりと、操作性が向上しています。

ファインダーについては「LUMIX G8」は236万ドットで倍率1.48倍(35mm判換算で0.74倍)ですが、「LUMIX G9」は368万ドットで倍率1.66倍(35mm判換算で0.83倍)です。「LUMIX G9」の方がより高解像度で大きく被写体を確認できます。

ただし、内蔵フラッシュは「LUMIX G8」にあって「LUMIX G9」にはありません。

連写性能

「LUMIX G8」の連写は約9コマ/秒、電子シャッター時に40コマ/秒の連写性能でしたが、「LUMIX G9」は約12コマ/秒、電子シャッター時に60コマ/秒に向上しています。ちなみに、「LUMIX G9」はローリングシャッター歪みも抑えて撮影可能です。

そして、連続撮影可能枚数は「LUMIX G8」は45コマ(RAW)、300コマ(JPEG)でしたが、「LUMIX G9」は60コマ(RAW)、600コマ(JPEG)に向上しています。バッファー容量は「LUMIX G9」の方が多い。

ちなみに、「LUMIX G8」はメカシャッターが1/4000-60秒、電子シャッターが1/16000-1秒でしたが、「LUMIX G9」はメカシャッターが1/8000-60秒、電子シャッターが1/32000-1秒になっています。

AF性能

「LUMIX G8」 は49点のAFエリアでしたが、「LUMIX G9」は225点となり、かなり増えています。

「Panasonic LUMIX DMC-G8の詳細情報と「DC-G9」との違い

これにより細やかなAF制御が可能になり、これまで以上に正確に被写体を捉える事が可能になりました。

そして、両機とも空間認識技術を採用していますが、合焦速度について「LUMIX G8」が0.07秒なのに対し、「LUMIX G9」は0.04秒に高速化しています。

しかも、「LUMIX G9」はディープラーニング技術による「人体認識」機能を搭載したことで、「顔・瞳AF」機能が向上しています。

あと、「LUMIX G9」は狙った被写体にフォーカスを合わせると、フォーカスが合った部分を拡大表示できる「AFポイントスコープ機能」も新たに搭載している。

「Panasonic LUMIX DMC-G8の詳細情報と「DC-G9」との違い

手ブレ補正

ボディ内手ブレ補正について、「LUMIX G8」は5.0段分の効果でしたが、「LUMIX G9」は6.5段分とより強力になっています。

6Kフォト

「LUMIX G8」は4Kフォト(1秒30コマ)でしたが、「LUMIX G9」は4Kフォト(1秒60コマ)と6Kフォト(1秒30コマ)を使えます。

4Kフォトは約830万画素ですが、6Kフォトは約1800万画素です。かなり画素数が多いですね。また、「LUMIX G9」は4Kフォトもコマ数が2倍になっています。

動画性能

「LUMIX G8」は4K 30pまでの動画性能でしたが、「LUMIX G9」は4K 60pの撮影に対応しています。「LUMIX G9」はフルHDで180fpsのハイスピード動画(スローモーション撮影)にも対応。そして、「LUMIX G9」の4K動画は全画素読み出しでクロップがありません。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプミラーレス
マウントMフォーサーズ
寸法幅 約128.4mm x 高さ 約89.0mm x 奥行 約74.3mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約505g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正○(5軸手ブレ補正)
水準器
内蔵フラッシュ
バッテリー寿命[ファインダー時]約320枚

センサー

センサーサイズフォーサーズ
センサー備考-
有効画素数1600万画素
ローパスフィルターローパスフィルターレス
画像処理エンジンヴィーナスエンジン

静止画記録形式

記録メディアSDメモリーカード / SDHCメモリーカード/ SDXCメモリーカード
画像ファイル形式JPEG(DCF/Exif2.3準拠)、RAW(Panasonic独自)、MPO(3D写真)
記録画素数4592×3448(L)、3232×2424(M)、2272×1704(S)、1824×1368
スロット数シングルスロット

オートフォーカス

AF方式映像検出によるTTL方式
フォーカスポイント49点
検出範囲EV -4~18
フォーカス備考顔・瞳認識

シャッター

シャッター形式フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピードメカシャッター:60~1/4,000秒、電子先幕:60~1/2000秒、電子シャッター:1~1/16,000秒
連写速度メカシャッター、電子先幕時:約9コマ/秒(AF固定)、約6コマ/秒(AF追従)、電子シャッター時 : 約40コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW:45コマ以上

露出制御

撮影感度ISO200~25600
測光方式1728分割測光
測光モードマルチ測光 / 中央重点測光 / スポット測光

ファインダー

ファインダー形式約236万ドット
視野率約100%
倍率約1.48倍(35mm判換算で約0.74倍)

モニター

可動・タッチパネルタッチパネル対応、バリアングル
画面サイズ/ドット数3.0型 / 約104万ドット

動画撮影

4K4K(3840x2160) 30p
フルHDフルHD(1920x1080) 60p

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth×

その他

使用可能温度0~40 ℃
使用可能湿度10~80 %
発売日2016-10-21