「Panasonic LUMIX DC-GF9」の詳細情報

メーカー概要

「4Kセルフィー」で私だけのベストショットが撮れる、ファーストミラーレス一眼。

引用:パナソニック製品情報

「Panasonic LUMIX DC-GF9」の特徴について

「LUMIX DC-GF9」の立ち位置について

ミラーレス

エントリー

「LUMIX DC-GF9」はパナソニックの「Lumix(ルミックス) GFシリーズ」のカメラになります。入門機という位置付けで、軽量コンパクトでおしゃれなデザインがポイントになります。どちらかと言うと女性をターゲットとしたカメラですね。

ちなみに、このカメラは2017年発売の旧モデルになります。2019年発売の「DC-GF10」が後続モデルです。また、GFシリーズのカメラはレンズキットでの販売のみで、ボディー単体での販売はされていないようですね。

「LUMIX DC-GF9」のボディーについて

質量
269g

防塵防滴
×

手ぶれ補正
×

タッチパネル

モニター
チルト式

水準器

フラッシュ
内蔵:○

「LUMIX DC-GF9」は重さ約269gで非常に軽量です。ファインダーが省略されていたり、手ぶれ補正が非搭載だったりしますが、この軽さは大きな魅力です。気軽に持ち歩けます。

そして、モニターは上方向に約180度傾けられて、自分撮りに最適なチルト式タッチパネルモニターを搭載しています。

自撮りの時にカメラを反転させても、左側のFn3ボタンがシャッターボタンに自動で切り替わることで、右手でもシャッターを切れるWシャッター機能を利用できます。あとは、顔が再度現れると自動でシャッターを切る「フェイスシャッター」、2人の顔が近づくと自動でシャッターを切る「フレンドリーシャッター」なども可能。

そして、「LUMIX DC-GF9」は自撮りで4Kフォトが使える。4K動画(秒間30コマ連写)の中から好きな一コマを切り出せます(約830万画素)。動画の中から最高の1枚を選べるわけです。

セレクトも簡単。これは便利な機能かと思います。

あとは美肌効果モード、スリムモード、各種フィルター効果、自分撮りパノラマなども使えるので、多彩な写真を撮れます。自撮りにかなり特化されているようですね。

「LUMIX DC-GF9」のセンサーについて

有効画素数
1600万画素

ISO感度
200-25600

ヴィーナスエンジン

「LUMIX DC-GF9」は有効画素数1600万画素のセンサーを搭載しています。最新機種は2000万画素台なので、それに比べればやや低画素です。しかしながら、スマホで見たり、ちょっとした大きさにプリントするくらいなら全く問題ありません。

「LUMIX DC-GF9」の連写性能について

最高連写
約5.8コマ/秒

電子
約10コマ/秒

「LUMIX DC-GF9」の連写についてはメカシャッター(電子先幕時)使用で約5.8コマ/秒(AF固定)、約5コマ/秒(AF追従)、電子シャッター時使用で約10コマ/秒(AF固定)、約6コマ/秒(AF追従)となっています。必要十分な速さです。また、「4K PHOTO」も使えるので、1秒間に30コマの動画の中から、好きな一コマを写真として取り出すことが可能です(約830万画素)。絶好のシャッターチャンスを撮り逃がしません。

「LUMIX DC-GF9」のAF性能について

AFポイント
49点

「LUMIX DC-GF9」は49点のAFポイントを搭載しています。また、パナソニックの高性能オートフォーカスを表す「空間認識AF」というものが採用されている。これによりAF速度約0.07秒の高速AFを実現、追従性能も向上しています。

ちなみに、顔・瞳認識AFにも対応しており、自動で瞳にフォーカスしてくれる。手前の瞳・奥の瞳にタッチでフォーカス位置を切り換えることもできます。また、ローライトAFを使えば-4EVの暗さまでAF可能です。暗所にも強い。

「LUMIX DC-GF9」の動画性能とネットワークについて

4K動画

フルHD

Wi-Fi

Bluetooth
×

「LUMIX DC-GF9」はフルハイビジョン映像の4倍のきめ細やかさで記録できる4K(3840×2160)30pの動画撮影に対応。リアリティあふれる映像で、幅広いシーンにおいて、高精細で臨場感ある映像が撮影できます。

そして、「LUMIX DC-GF9」はWi-Fi機能を内蔵しているので、撮った写真をスマホに簡単に転送、SNSなどにシェアすることも可能です。

「Panasonic LUMIX DC-GF9」と新モデル「DC-GF10」との違い

新モデルである「DC-GF10」と「DC-GF9」はマイナーチェンジです。

まずは、「DC-GF10」は「広角4Kセルフィー」が使用可能です。「DC-GF9」も「DC-GF10」も自撮りで4Kフォトを使えますが、「DC-GF10」は従来よりも広角な範囲を写して、風景まで撮影できる「広角4Kセルフィー」が新しく追加されています。「DC-GF9」は周辺部分が、ちょっと切り取りになります。

次に、「DC-GF10」は夜景撮影時に人物も夜景も綺麗に写せる「夜景セルフィーモード」が追加されています。一度のシャッターで、背景の夜景を連写し、人物をフラッシュで明るく撮影、その後に夜景と人物を合成することで、明るく鮮やかな夜景セルフィー画像が生成可能となります。

そして、「DC-GF10」は通常の人物モードでも「美肌効果モード」と「スリムモード」が使用できます。「GF9」は「自分撮りモード」の時だけ使えました。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプミラーレス
マウントMフォーサーズ
寸法幅 約106.5mm x 高さ 約64.6mm x 奥行 約33.3mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約269g
防塵防滴×
ボディ内手ブレ補正×
水準器
内蔵フラッシュ
バッテリー寿命約210枚

センサー

センサーサイズフォーサーズ
センサー備考-
有効画素数1600万画素
ローパスフィルターローパスフィルターレス
画像処理エンジンヴィーナスエンジン

静止画記録形式

記録メディアmicroSDメモリーカード / microSDHCメモリーカード / microSDXCメモリーカード
画像ファイル形式JPEG(DCF/Exif2.3準拠)、RAW(Panasonic独自)、MPO(3D写真)
記録画素数4592×3448(L)、3232×2424(M)、2272×1704(S)、1824×1368
スロット数シングルスロット

オートフォーカス

AF方式映像検出によるTTL方式
フォーカスポイント49点
検出範囲EV -4~18
フォーカス備考顔・瞳認識

シャッター

シャッター形式電子制御式単幕フォーカルプレーンシャッター / 電子シャッター
シャッタースピード1/16000~60秒
連写速度メカシャッター(電子先幕時): 約5.8コマ/秒(AF固定)、約5コマ/秒(AF追従)、電子シャッター時 : 約10コマ/秒(AF固定)、約6コマ/秒(AF追従)
連続撮影可能枚数RAW:15コマ以上

露出制御

撮影感度ISO200~25600
測光方式1728分割測光
測光モードマルチ測光 / 中央重点測光 / スポット測光

ファインダー

ファインダー形式-
視野率-
倍率-

モニター

可動・タッチパネルタッチパネル対応、チルト式
画面サイズ/ドット数3.0型 / 約104万ドット

動画撮影

4K4K(3840x2160) 30p
フルHDフルHD(1920x1080) 60p

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth×

その他

使用可能温度0~40 ℃
使用可能湿度10~80 %
発売日2017-01-19