「Nikon D5600」の詳細情報とD3500、D7500、D5500との違い。

メーカー概要

撮るたびに、スマホへ自動転送。すぐにシェア。タッチ&バリアングルで使いやすい。ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラD5600。

引用:ニコン製品情報

「D5600」の特徴について

「D5600」の立ち位置について

一眼レフ

エントリー

「D5600」はニコン一眼レフではD3000系に継ぐエントリーモデルになります。ただし、D3000系よりも機能性に優れています。性能、携帯性、価格でバランスが良く、非常にコスパの高いカメラです。上位モデルにはD7000系、D500系があります。

ちなみに、とても人気なのでD5600 ダブルズームキットなどは、ニコンで非常に良く売れています。

「D5600」のボディーについて

質量
465g

防塵防滴
×

手ぶれ補正
×

タッチパネル

モニター
バリアングル

水準器
×

フラッシュ
内蔵:○

「D5600」は重さ465gで軽いです。最軽量はD3500の415gですが、それに継ぐ軽さです。また、深いグリップでホールド感も抜群。

そして、D5600のモニターはニコン一眼レフでは唯一のバリアングル式です。

Nikon D5600の詳細情報とD3500、D7500、D5500との違い

バリアングルは可動性が高いく、低い位置や高い位置での撮影で重宝します。クルッと回転させて自撮りなどもこなせる。

また、タッチパネル対応なので、タッチすることでピントを合わせたり、シャッターを切ったり、カメラの設定をしたりすることが可能です。直感的な操作ができるので利便性が高いですね。

ただし、防塵防滴ではなく、写真を水平にする水準器なども非搭載です。この点は上位モデルに劣ります。

「D5600」のセンサーについて

有効画素数
2416万画素

ISO感度
100-25600

EXPEED 4

「D5600」は有効画素数2416万画素のセンサーを搭載しています。ローパスレス仕様なので繊細感も高いです。ダイナミックも広く高感度耐性もあり、上位モデルのD7000系やD500系にも引けを取りません。

画像処理エンジンは「EXPEED 4」なので新しくはありません。

「D5600」の連写性能について

最高連写
5コマ/秒

「D5600」の連写性能は最高約5コマ/秒です。これは下位モデルのD3500と同じ速度。連続撮影可能枚数はRAW (14ビット記録)で11コマなので、これもあまり多くはありません。連写時に息切れし止まってしまうリスクがあります。ただし、動く子供くらいなら問題ないでしょう。連写性能は上位モデルには劣る点です。

「D5600」のAF性能について

AFポイント
39点

「D5600」のAFポイントは39点あります。下位機よりも多いので、動きモノへの撮影がしっかり強化されています。動物やスポーツを撮るのでない限り十分でしょう。

Nikon D5600の詳細情報とD3500、D7500、D5500との違い

動く子供くらいであれば、しっかり捕捉します。ただし、これも上位モデルにはやや劣ります。

「D5600」の動画性能について

4K動画
×

フルHD

「D5600」はフルHD(1920×1080)60pの動画撮影が可能です。フルHD60p高画質で最長記録時間は10分、フルHD30p高画質・フルHD60p標準で最長記録時間20分、フルHD30p標準以下で29分59秒となります。あとはタイムラプス動画撮影も可能。

「D5600」のネットワークについて

Wi-Fi

Bluetooth

SnapBridge

NFC

「D5600」はカメラとスマートフォン/タブレット端末をシームレスにつなぐアプリケーション「SnapBridge」に対応。一度設定するだけでカメラとスマートフォンがBluetoothで常時接続。スマートフォンがバッグに入っていても、カメラのシャッターをきるたびに撮った写真を自動転送してくれるので、お気に入りのSNSやメールからすぐに家族や友達へシェアして楽しめます。

また、従来のBluetooth®でのペアリングなしに内蔵Wi-Fiで直接接続が可能になり、オリジナル画像(RAW/JPEG)の高速転送、カメラのリモート操作が可能です。

「D5600」と下位機「D3500」との違い

下位機であるD3500との主な違いは以下の通りです。

  • 大きさ・重さ
  • AF性能
  • モニターの違い
  • ファインダーの違い
  • バッテリーライフ
  • Wi-Fi内蔵
  • 動画性能

ざっくりいうと、D5600の方が動きモノに強く、またモニターがバリアングル・タッチパネルで使いやすい、という点が重要なポイントになっています。

大きさ・重さ

D5600が大きさ約124×97×70mm、重さ465gなのに対し、D3500は大きさ約124×97×69.5mm、重さ415gになっています(下画像:左D3500、右D5600)

Nikon D5600の詳細情報とD3500、D7500、D5500との違い

大きさはほぼ変わらないと言えます。双方ともグリップが深く、ホールドしやすいです。

重さが50gだけD5600が重いです。

AF性能

D5600はAFポイントが39点でしたが、D3500は11点しかありません。やはり11点だとピントを合わせにくいですし、動体への追従も良くありません。

D5600の39点であれば、それなりに動体にピントを合わせ易くなります。D5600はD3500よりも動く被写体への撮影に向いているわけです。走り回る子供なども撮影しやすい。ちなみに、連写速度は5コマ/秒で同じです。

モニターの違い

D5600はバリアングルで可動式、さらにタッチパネルに対応していしたが、D3500は固定式でタッチパネルにも対応していません。タッチパネルはなくてもそれほど困りませんが、可動式モニターでないのは不便なことが多々あります。

ちなみに、モニターの大きさについてD5600が3.2インチ・104万ドットなのに対し、D3500が3インチ・92万ドットなので、D3500の方が少し小さいです。

ファインダーの違い

ファインダーはD5600もD3500も、ペンタミラーという安価な仕様ですが、D5600はファインダー倍率0.82倍、D3500はファインダー倍率0.85倍です。

ファインダー倍率は、ファインダーを見たときに像がどれくらいの大きさで見えるのかを示す数値です。なので、実は下位機のD3500の方がわずかにファインダー内が大きく見えます。ほんの少しですが。

バッテリーライフ

D5600は約970コマなのに対し、D3500は約1550コマです。D3500の方が省エネ設計でバッテリーが長く持ちます。ただし、D5600の約970コマでも殆どの場合で十分な性能かと思います。

Wi-Fi内蔵

D5600もD3500も、簡単に写真をスマホに転送できるSnapBridgeに対応しています。ただし、D5600は従来のBluetooth®でのペアリングなしに内蔵Wi-Fiで直接接続が可能になり、オリジナル画像(RAW/JPEG)の高速転送、カメラのリモート操作が可能です。D3500はBluetooth®のみ。

動画性能

D5600もD3500もフルHD(1920x1080)/60pの撮影が可能ですが、D5600は左右2箇所のマイクから立体感のある高音質で録音できるステレオマイクを内蔵しています。一方で、D3500は1箇所だけのモノラルマイク内蔵でD5600ほど音に臨場感が生まれません。

Nikon D5600の詳細情報とD3500、D7500、D5500との違い

上の画像はD5600の内蔵ステレオマイクです。

さらに、高音質でのステレオ録音を楽しみたい場合に、D5600は外付けマイクを使用できます。これによりオートフォーカス時に生じるレンズの駆動音を拾いにくく、よりクリアーな録音を可能にする。D3500は外付けマイクは使えません。

あと、D5600はカメラ内でタイムラプス動画を生成することも可能です。

「D5600」と上位機「D7500」との違い

上位機であるD7500との主な違いは以下の通りです。

  • 画素数
  • ボディの違い
  • ファインダー
  • モニター
  • 動体への強さ
  • 動画性能

D7500はミドルクラス機なので、エントリー機のD5600とは多くの点で違います。D7500の方がより本格的なカメラです。ここでは主要な部分のみ比較したいと思います。

画素数

D5600は有効画素数2416万画素ですが、D7500は2088万画素でやや少ないです。ただし、D5600は常用感度がISO100-25600なのに対し、D7500がISO100-51200と、D7500の方が高感度耐性が高いです。それだけシャッター速度を上げるために、ISO感度をあげても比較的ノイズが出にくいわけです。

ボディの違い

D5600は465gでしたが、D7500は720gで重いです。

Nikon D5600の詳細情報とD3500、D7500、D5500との違い

大きさを見てもD7500はごつくて大きいです。D5600はコンパクト。

しかしながら、D7500はカメラボディーの接合部にシーリングが施されており、ホコリや水滴の侵入を防ぐ防塵・防滴構造になっています。堅牢性も高く、雨などの悪天候でも安心して使用可能です。D5600は防塵防滴ではありません。

ファインダーの違い

ファインダーについてD5600はペンタミラーという鏡を使われていますが、D7500はペンタプリズムというガラスの塊が使われています。

Nikon D5600の詳細情報とD3500、D7500、D5500との違い

ペンタプリズムの方がクリアで明るく見えるので、ファインダーが見やすいです。

さらにD5600はファインダー視野率95%なので、写真に写る範囲が全てファインダーで見られません。た、倍率も0.82倍で見え方も狭い。

一方で、D7500は視野率100%なのでファインダーで見た範囲が、そのまま写真になります。こちらの方が構図など決めやすいですね。また、倍率も0.94倍なので、ファインダー内が広く見やすいです。

モニターの違い

D5600はバリアングル式で可動範囲が広いですが、D7500はチルト式で上下の角度調整のみの可動です。

バリアングルは横位置・縦位置の両方に対応し、自撮りにも便利です。一方で、チルト式は縦位置の撮影では使えず、自撮りもできません。この点ではD5600のモニターの方が便利です。ちなみに、双方ともタッチパネルには対応しています。

動体への強さ

D5600は39点のAFポイントでしたが、D7500は51点もあり、より優れたAF性能を発揮します。動体への追従性能が断然良いです。

さらにD5600は連写5コマ/秒でしたが、D7500は連写8コマ/秒まで高速連写可能です。連続撮影可能枚数も50コマ(14ビットロスレス圧縮RAW)あるので、連写しても息切れしにくい。

なので、総じて動体の撮影については、D7500の方がずっと強いです。

動画性能

D5600はフルHDのみの動画撮影でしたが、D7500は4K UHD/30pで、最長29分59秒の動画を記録できます。細部までより鮮鋭な映像を撮影可能ですね。

さらに、D7500は手持ち撮影による映像のブレを電子手ブレ補正で軽減できるようになっています。レジャーシーンや旅行先、三脚を使えないような場所でも動画撮影を楽しめる。D5600はここまで出来ません。

「D5600」と旧モデル「D5500」との違い

旧モデルであるD5500との主な違いは以下の通りです。

  • Bluetooth・SnapBridgeへの対応
  • タイムラプス機能の追加
  • バッテリーライフの向上
  • キットレンズの違い

Bluetooth・SnapBridgeへの対応

旧モデルのD5500はWi-Fiは対応しているものの、BluetoothとSnapBridgeには対応していません。特に、SnapBridgeはスマホと常時接続し、撮影後自動で写真をスマホへ転送できるので便利な機能です。D5500はこれが使えないので、スマホへのアクセスが良くはありません。

撮影してすぐにSNSへシェアしたいことも多いかと思うので、その点はD5600の方が優位です。

タイムラプス機能の追加

D5600はカメラ内でタイムラプス動画を作成できますが、D5500はこれができません。

バッテリーライフの向上

D5600は970コマ撮影可能ですが、D5500は820コマでやや少ないです。D5600の方が約18%の省エネになっているようですね。

キットレンズの違い

キットレンズといってカメラとセット販売されているレンズがありますが、D5600の方が最新のレンズがセットになっています(高倍率ズームレンズキットは同じ)。

D5600は「AF-P」というよりAFが高速なレンズがセットになっているので、こちらの方が良いですね。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプ一眼レフ
マウントFマウント
寸法約124×97×70mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約465g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正なし
水準器×
内蔵フラッシュ
バッテリー寿命約970コマ(カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a使用時)CIPA規格準拠

センサー

センサーサイズAPS-C
センサー備考-
有効画素数2416万画素
ローパスフィルターローパスフィルターレス
画像処理エンジンEXPEED 4

静止画記録形式

記録メディアSD、SDHC、SDXCカード
画像ファイル形式RAW12ビット/14ビット(圧縮) ・JPEG-Baseline準拠、圧縮率(約):FINE(1/4)、NORMAL(1/8)、BASIC(1/16)
記録画素数6000×4000ピクセル(サイズL)、4496×3000ピクセル(サイズM)、2992×2000ピクセル(サイズS)
スロット数シングルスロット

オートフォーカス

AF方式TTL位相差検出方式
フォーカスポイント39点
検出範囲-1~+19EV
フォーカス備考-

シャッター

シャッター形式電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード1/4000~30秒
連写速度高速連続撮影:最高約5コマ/秒(JPEG画像撮影時または、12ビットのRAW画像撮影時)または最高約4コマ/秒(14ビットのRAW画像撮影時)
連続撮影可能枚数RAW (14ビット記録)11コマ

露出制御

撮影感度ISO100~25600
測光方式2016分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式
測光モードマルチパターン測光:3D-RGBマルチパターン測光II、中央部重点測光、スポット測光

ファインダー

ファインダー形式ペンタミラー
視野率上下左右とも約95%
倍率約0.82倍

モニター

可動・タッチパネルタッチパネル対応、バリアングル方式
画面サイズ/ドット数3.2型TFT液晶モニター、約104万ドット

動画撮影

4K×
フルHDフルHD1080/60p

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth

その他

使用可能温度0℃~40℃
使用可能湿度85%以下(結露しないこと)
発売日2016-11-25