「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II」の詳細情報

メーカー概要

5軸手ぶれ補正搭載、毎日使える小型スタイリッシュ一眼

引用:オリンパス製品情報

「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II」の特徴について

「E-M10 Mark II」の立ち位置について

ミラーレス

エントリー

「E-M10 Mark II」はOM-Dシリーズのエントリーモデルです。使いやすく誰でも、あらゆるシーンで簡単に美しい写真を撮りやすい。また、質感を重視した金属ボディーの小型デザインが、スタイリッシュさと携帯性を実現しています。気軽に毎日使えるカメラです。

ちなみに、このカメラは2015年発売で旧モデルとなっています。2017年に発売された「E-M10 Mark III」が後続モデルです。

「E-M10 Mark II」のボディーについて

質量
399g

防塵防滴
×

手ぶれ補正

タッチパネル

モニター
チルト式

水準器

フラッシュ
内蔵:○

「E-M10 Mark II」は重さ399gで、オリンパスのOM-Dシリーズでは最軽量です。軽量コンパクトなので携帯製が高く、気軽に持ち歩けます。

さらに、金属外装にレザーの質感をあしらった高級感あふれるデザインです。

OLYMPUS E-M10 Mark II

おしゃれに使えるカメラになっています。また、ダイヤルなどの配置も使いやすく操作性も高い。

ファインダーについては、倍率1.23倍(35mm判換算で0.615倍)、約236万ドットとなっています。ファインファー内の見え方がやや狭いのが、上位クラスのカメラに劣る点です。また、防塵防滴ではありません。

ただし、「E-M10 Mark II」はボディ内5軸手ぶれ補正を搭載しています。

OLYMPUS E-M10 Mark II

手持ち撮影をサポートし、ブレを軽減してくれます。また、ファインダー内も安定するので見やすくなる。

他社のカメラだとエントリーモデルには、ボディ内手ぶれ補正は非搭載なことがありますが、オリンパスはエントリーモデルからしっかりと搭載しています。ただし、レンズ内手ぶれ補正とボディ内手ぶれ補正をシンクロさせる「5軸シンクロ手ぶれ補正」は不可です(ミドルクラス以上のモデルに対応)。

「E-M10 Mark II」のセンサーについて

有効画素数
1605万画素

ISO感度
200-25600

TruePic VIII

「E-M10 Mark II」は1605万画素のセンサーを搭載しています。上位モデルだと2000万画素代のカメラがあるので、画素数はちょっと控え目です。ただし、スマホで見たりするには十分ですし、大きくプリントすることもできます。

「E-M10 Mark II」の連写性能について

最高連写
8.5コマ/秒

「E-M10 Mark II」の連写は最高8.5コマ/秒です。高速連写が可能なので、被写体の一瞬も逃しにくい。連続撮影可能枚数は約22コマ(RAW)なので、多くはないですが、必要十分な枚数かと思います。

「E-M10 Mark II」のAF性能について

AFポイント
81点

「E-M10 Mark II」は81点AFエリアを備えており、モニターにタッチすることでピントを合わせ撮影できる「タッチAFシャッター」に対応しています。さらに、人物の顔や、瞳を検出してフォーカスを行う顔優先AF・瞳優先AFも可能です。

「E-M10 Mark II」の動画性能とネットワークについて

4K動画
×

フルHD

Wi-Fi

Bluetooth
×

「E-M10 Mark II」は4K動画には対応していませんが、フルHD60pの動画には対応しています。連続撮影は最大29分まで。また、120fps(640x480)のハイスピード動画にも対応しています。

そして、「E-M10 Mark II」はWi-Fiを内蔵しているので、スマホアプリOlympus Image Share(OI.Share)を使い、カメラとスマホを手軽に接続し、撮った写真をスマホに取り込むことができます。写真への位置情報の付与なども可能。

「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II」と上位機「E-M5 Mark III」との違い

上位機である「E-M5 Mark III」との主な違いは以下の通りです。

  • 画素数
  • ボディ性能
  • AF性能
  • 連写性能
  • 動画性能
  • 通信

画素数

「E-M10 Mark II」は1605万画素、「E-M5 Mark III」は2037万画素なので、「E-M5 Mark III」の方がより高画素で繊細感が高いです。「E-M5 Mark III」はハイレゾショットも可能(「E-M10 Mark II」はハイレゾ不可)。

また、「E-M10 Mark II」の画像処理エンジン「TruePic VII」、「E-M5 Mark III」は「TruePic VIII」なので、「E-M5 Mark III」の方がより新しい。

ボディ性能

「E-M10 Mark II」は399g、「E-M5 Mark III」は414gです。後者の方がちょっと重い。ただし、「E-M5 Mark III」は防塵防滴構造になっており、ボディ内手ぶれ補正はレンズとシンクロさせる「5軸シンクロ手ぶれ補正」に対応しています。

また、「E-M10 Mark II」のモニターは通常のチルト式ですが、「E-M5 Mark III」は2軸で可動するのでより自由度が高いです。

そして、「E-M10 Mark II」のファインダー倍率は1.23倍(換算0.615倍)なのに対し、「E-M5 Mark III」は1.37倍(換算0.685倍)なので、後者の方がよりファインダー内が広く見えます。

AF性能

「E-M10 Mark II」は81点のAFエリアですが、「E-M5 Mark III」は121点オールクロス像面位相差AFセンサーを採用しており、後者の方がより素早く正確にピント合わせが可能となっています。

連写性能

「E-M10 Mark II」は8.5コマ/秒、「E-M5 Mark III」は10コマ/秒の連写性能となっています。また、「E-M5 Mark III」は約150コマ(RAW)の連続撮影が可能でバッファーも大容量です(「E-M10 Mark II」は約22コマ)。

ちなみに、「E-M5 Mark III」は1/8000秒の高速メカニカルシャッターに対応しています(「E-M10 Mark II」は1/4000秒まで)。明るい屋外で大口径レンズを開放でも使えます。

動画性能

「E-M10 Mark II」はフルHDまでの動画撮影でしたが、「E-M5 Mark III」は4K 30p、Cinema4K(C4K) 24pの4K動画記録に対応可能です。4K記録時は102Mbps、Cinema4K(C4K)記録時は237Mbpsの高ビットレート記録が可能。

通信

「E-M10 Mark II」はWi-Fiのみに対応していましたが、「E-M5 Mark III」はBluetoothにも対応しています。スマートフォンアプリ「OI.Share」を起動するだけで、Bluetoothを介してカメラとスマートフォンのWi-Fi接続が可能。撮影した画像はシェア予約でスマートフォンに自動転送できます。

「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II」と新モデル「E-M10 Mark III」との違い

E-M10 Mark II

新モデルである「E-M10 Mark III」との大きな違いは以下の通りです。

  • 画像処理エンジン
  • AF性能
  • 動画性能

画像処理エンジン

「E-M10 Mark II」は画像処理エンジン「TruePic VII」を搭載していましたが、「E-M10 Mark III」は「TruePic VIII」を搭載しています。「E-M10 Mark III」の方が1世代新しい。

AF性能

「E-M10 Mark II」は81点のAFエリアでしたが、「E-M10 Mark III」は121点に増えています。AFの追従性なども進化している。

動画性能

「E-M10 Mark II」はフルHDまでの動画撮影でしたが、「E-M10 Mark III」は4K30pでの4K動画が撮影可能です。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプミラーレス
マウントMフォーサーズ
寸法119.5mm(W)×83.1mm(H)×46.7mm(D)
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約399g
防塵防滴×
ボディ内手ブレ補正○(5軸手ブレ補正)
水準器
内蔵フラッシュ
バッテリー寿命約320枚 (BLS-50、東芝 SDHC UHS-Ⅰカード EXCERIATM Type1 32GB 使用時、IS ON、CIPAの試験基準による)

センサー

センサーサイズフォーサーズ
センサー備考-
有効画素数1605万画素
ローパスフィルターローパスフィルターレス
画像処理エンジンTruePic VII

静止画記録形式

記録メディアSDメモリーカード(SDHC、SDXC、UHS-Ⅰ、Ⅱ対応Eye-Fiカード対応)
画像ファイル形式RAW(12bitロスレス圧縮)、JPEG、RAW+JPEG、MPO(3D)
記録画素数[RAW] 4608 x 3456、 [JPEG] 4608 x 3456 - 640 x 480
スロット数シングルスロット

オートフォーカス

AF方式ハイスピードイメージャAF
フォーカスポイント81エリア
検出範囲-
フォーカス備考瞳検出AF:Off/近距離の瞳優先/右側の瞳優先/左側の瞳優先

シャッター

シャッター形式電子制御フォーカルプレーン式
シャッタースピード電子:1/16000~60秒、 電子先幕:1/320~60秒、 メカニカル:1/4000~60秒
連写速度約8.5コマ/秒
連続撮影可能枚数[RAW]:約22コマ

露出制御

撮影感度200 - 25600
測光方式TTL撮像センサー測光
測光モード324分割デジタルESP測光、中央部重点平均測光、スポット測光、スポット測光ハイライト / シャドー

ファインダー

ファインダー形式アイレベル式OLEDビューファインダー/約236万ドット
視野率約100%
倍率1.23倍(35mm判換算で0.615倍)

モニター

可動・タッチパネルタッチパネル対応、チルト式
画面サイズ/ドット数3.0型可動式液晶/約104万ドット

動画撮影

4K×
フルHDフルHD(1920x1080) 59.94fps

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth×

その他

使用可能温度0~+40℃(動作時)、-20~+60℃(保存時)
使用可能湿度30~90%(動作時)、10~90%(保存時)
発売日2015-09-04