「SONY α6100 ILCE-6100」の詳細情報と「α6000」との違い

メーカー概要

高速AFと高速・高精度な「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」に対応した小型・軽量一眼カメラ

引用:ソニー製品情報

「SONY α6100」の特徴について

「α6100」の立ち位置について

ミラーレス

スタンダード

「α6100」はソニーAPS-C機のスタンダードモデルに該当するカメラです。2019年に発売されました。この旧モデルが2014年発売の「α6000」。性能は大きく向上しているようですね。

「α6100」のボディーについて

質量
396g

防塵防滴
×

手ぶれ補正
×

タッチパネル

モニター
チルト式

水準器
×

フラッシュ
内蔵:○

「α6100」は重さ約396gで非常に軽いです。そして、モニターは180度チルト式なので、自撮りなどにも対応できます。

「SONY α6100 ILCE-6100」の詳細情報と「α6000」との違い

もちろん、タッチパネル対応です。

EVFは1.0cm(0.39型)で144万ドット(ファインダー倍率:換算約0.70倍)、電子水準器は非対応となります。手ぶれ補正も非搭載。この辺りは上位機に劣ります。

「α6100」のセンサーについて

有効画素数
2420万画素

ISO感度
100-32000

BIONZ X

「α6100」は有効約2420万画素CMOSセンサーを搭載。銅配線の採用と高効率な回路プロセスによる高い集光効率で、 幅広い感度領域と高感度撮影時の優れた低ノイズ性能を実現しています。センサー性能に定評のあるソニーなので、画質は良いでしょう。ローパスフィルターはあるようです。

「α6100」の連写性能について

最高連写
11/秒

「α6100」は約11コマ/秒の高速連写が可能です(モニター使用時は約8コマ/秒)。これもハイエンドモデルと同じです。

連続撮影可能枚数は33枚(RAW)、77枚(JPEG L)なので、ハイエンドモデルには劣るものの、それでも十分な枚数かと思います。

「α6100」のAF性能について

AFポイント
425点

「α6100」は425点の位相差AFセンサーと、425点のコントラストAFセンサーが高密度に配置され、撮像エリアの約84%をカバーしています。

「SONY α6100 ILCE-6100」の詳細情報と「α6000」との違い

被写体がどの位置にいても的確にAF可能です。「ファストハイブリッドAF」で、AFレスポンスは世界最速0.02秒を謳っています。

そして、α9などに採用されているリアルタイムトラッキングも搭載。これはAIを活用した新機能で、色、模様(輝度)、被写体距離(奥行き)からなる空間情報をリアルタイムに高速処理、狙いたい被写体を指定し、シャッターボタンを半押しするだけで自動追尾が可能となるものです。

また、リアルタイム瞳AFにも対応しています。シャッターボタン半押し時の瞳の追従や、「右目」「左目」を選択して切り替えることなどが可能です。ポートレート撮影などに大変便利。ちなみに、動物にも対応します。

α9の新世代動体予測アルゴリズムも搭載しているとのことなので、AF検出精度と追随性はさらに向上しています。

「α6100」の動画性能とネットワークについて

4K動画

フルHD

Wi-Fi

Bluetooth

NFC

「α6100」は4K30pでの高解像な4K動画が記録可能です。画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力。オーバーサンプリング効果により、圧倒的な解像力を誇る4K画質を実現します。

また、NFC搭載なので、NFC対応のスマホやタブレットにタッチするだけで、写真や動画を転送できる「ワンタッチシェアリング」が可能です。カメラと携帯端末それぞれに接続設定や操作をする必要がなく、ワンタッチですばやく転送できるため、SNSなどにアップロードして手軽にシェアできます。

「SONY α6100」と旧モデル「SONY α6000」との違い

旧モデルである「SONY α6000」との主な違いは以下の通りです。

  • ボディー性能
  • AF性能
  • 連写性能
  • 動画性能

ボディー性能

「α6000」の重さは344gで、「α6100」の396gよりもやや軽いです。しかし、「α6000」のモニターはチルト式であるものの、180回転はできず、さらにタッチパネルに対応しません。。

また、画像処理エンジンは「α6100」の方が新しく、「α6100」の常用感度は100-32000ですが、「α6000」はISO100-25600です。

AF性能

「α6000」は179点AFセンサーでやや少ないです(「α6100」は425点)。さらに、「α6100」はリアルタイムトラッキングに対応しており、被写体へのAF追随性能がさらに良くなっています。瞳AFも動物に使える。「α6000」は普通の瞳AFのみ。

連写性能

両機とも同じ11コマ/秒ですが、「α6000」は連続撮影可能枚数がRAWで21枚、JPEG Lで49枚ですが、「α6100」はRAW33枚、JPEG Lが77枚です。「α6100」の方がより長く連写が可能となっています。

動画性能

「α6000」は4K未対応で、フルHD (1920×1080) 60pまででした。一方で、「α6100」は全画素読み出しの4K (3840×2160) 30/24pの撮影が可能です。

「SONY α6100」と上位機「SONY α6400」との違い

上位機である「SONY α6400」との主な違いは以下の通りです。ボディーの性能差が大きく、AF性能には殆ど違いはないようですね。

  • ボディー性能
  • 連写性能

ボディー性能

「α6100」も「α6400」も、自撮りとタッチパネル対応です。それに加え、「α6400」の方だけ防塵防滴に配慮された設計で、また堅牢なマグネシウム合金が使われているので、安心して撮影することができます。

それから「α6100」のファインダーは144万画素でフレームレート120fpsは非対応したが、「α6400」は約235.9万画素でフレームレート120fpsに対応します。「α6400」のファインダーはより繊細感があり滑らかです。

あとは、「α6400」は電子水準器に対応しています。

連写性能

両機とも11コマ/秒で同じ連写性能ですが、連続撮影枚数について「α6100」が33枚(RAW)、77枚(JPEG L)なのに対し、「α6400」は46枚(RAW)、116枚(JPEG L)になり、バッファーの容量が増加しています。「α6400」の方が連写が途切れにくいです。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプミラーレス
マウントEマウント
寸法約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 59.4 (奥行き)mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約396g
防塵防滴×
ボディ内手ブレ補正×
水準器×
内蔵フラッシュ
バッテリー寿命ファインダー使用時:約380枚、 液晶モニター使用時:約420枚

センサー

センサーサイズAPS-C
センサー備考-
有効画素数約2420万画素
ローパスフィルターあり
画像処理エンジンBIONZ X

静止画記録形式

記録メディアメモリースティック PRO デュオ、メモリースティック PRO-HG デュオ、メモリースティック マイクロ(M2)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I 対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I 対応)、microSD メモリーカード、microSDHC メモリーカード、microSDXC メモリーカード
画像ファイル形式JPEG (DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.31、 MPF Baseline)準拠、RAW(ソニーARW 2.3フォーマット)
記録画素数Lサイズ: 6000 x 4000(24M),Mサイズ: 4240×2832(12M),Sサイズ: 3008x2000(6.0M)
スロット数シングルスロット

オートフォーカス

AF方式ファストハイブリッドAF(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
フォーカスポイント425点
検出範囲EV-2-20
フォーカス備考リアルタイム瞳AF、リアルタイムトラッキング

シャッター

シャッター形式電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード1/4000~30秒
連写速度Hi+時:最高約11コマ/秒、Hi時:最高約8コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW:33枚、JPEG Lサイズ ファイン:77枚

露出制御

撮影感度ISO100~32000
測光方式1200分割ライブビュー分析測光
測光モードマルチ測光、中央重点測光、スポット測光

ファインダー

ファインダー形式1.0cm(0.39型) 電子式ビューファインダー/1 440 000ドット
視野率100%
倍率約1.07倍(35mm判換算:約0.70倍)

モニター

可動・タッチパネルタッチパネル対応、チルト式
画面サイズ/ドット数7.5cm(3.0型)ワイド TFT駆動/921 600ドット

動画撮影

4K4K(3840x2160) 30p
フルHDフルHD(1920x1080) 60p

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth

その他

使用可能温度-
使用可能湿度-
発売日2019-10-25