「SONY α6000 ILCE-6000」の詳細情報と「α5100」との違い

メーカー概要

高速AFと高画質を両立した小型・軽量一眼

引用:ソニー製品情報

「SONY α6000」の特徴について

「α6000」の立ち位置について

ミラーレス

スタンダード

「α6000」はAPS-C機のスタンダードモデルに該当するかと思います。使い勝手良い上に、軽量なのが特徴。ちなみに、「α6000」は2014年発売で旧モデルになります。現在は2019年発売の「α6100」が最新モデルです。

「α6000」のボディーについて

質量
344g

防塵防滴
×

手ぶれ補正
×

タッチパネル
×

モニター
チルト式

水準器
×

フラッシュ
内蔵:○

「α6000」は重さ約344gで軽量です。それでいてセンサーサイズはAPS-Cなので、画質やボケ具合も良好です。

「SONY α6000 ILCE-6000」の詳細情報と「α5100」との違い

一眼レフカメラであるニコンD5600(約465g)と比較すると、ここまでの差があります。大きさがここまで違うのに、同じAPS-C機なので、撮れる写真の画質は基本的に同じです。

そして、「α6000」のファインダー(EVF)は、倍率約1.07倍(換算0.70倍)・0.39型で144万画素となっています。上位機と比べると、ファインダーはやや粗い印象です(上位機は236万画素など)。

また、モニターはチルト式ですが、タッチパネルには対応していません。あと、残念ですが手ぶれ補正や水準器なども搭載していません(手ぶれ補正はハイエンドモデルのみ搭載)。

「α6000」のセンサーについて

有効画素数
2430万画素

ISO感度
100-25600

BIONZ X

「α6000」は2430万画素のセンサーを搭載しています。エントリーモデルですが、上位機と遜色のない画質で撮影可能です。また、APS-Cサイズのセンサーなので、大きくボカすことも、シャープにすることもできます。

「α6000」の連写性能について

最高連写
11コマ/秒

「α6000」は最高約11コマ/秒の連写が可能です。上位機と同じ高速連写。連続撮影枚数は約49枚(JPEG L)、21枚(RAW)となっています。連写速度の割にはやや少ないかもしれません。特にRAWだと連写が途中で止まる可能性があります。

「α6000」のAF性能について

AFポイント
179点

「α6000」は「ファストハイブリッドAF」という高速AFに対応しています。「0.06秒の高速AF」と謳っており、大切な瞬間も撮り逃がしません。

また、179点の像面位相差AFセンサーを搭載しています。

「SONY α6000 ILCE-6000」の詳細情報と「α5100」との違い

AFセンサーが画面を広く覆っているので、殆どどこでもピントを合わせることができます。ただし、上位機は425点AFセンサーなどなので、これと比べればやや劣るかもしれませんね。

ちなみに、瞳だけにオートフォーカスを自動で合わせる「瞳AF」も使用できるので、子供の撮影などにも役立つかと思います。ただし、検出範囲がEV0〜20なので、薄暗い場所でピントが迷うことがあるかもしれませんね。

「α6000」の動画性能とネットワークについて

4K動画
×

フルHD

Wi-Fi

Bluetooth
×

「α6000」の動画は60pフルハイビジョン(AVCHD Ver.2.0、1920×1080)動画撮影に対応。APS-Cサイズの大型センサーならではの高画質な動画を、高精細でなめらかなフルハイビジョン映像として記録できます。ちなみに、連続で撮影できる時間は約29分まで。4Kには対応していません。

また、Wi-Fi機能を搭載しているので、撮ったその場でスマートフォンやタブレットに写真をダイレクトに転送できます。また、PCへもワイヤレスで保存でき、写真の共有、鑑賞、保存が快適に行える。

「SONY α6000」と新モデル「SONY α6100」との違い

新モデルである「SONY α6100」との主な違いは以下の通りです。大幅に性能が向上しているようですね。

  • ボディー性能
  • AF性能
  • 連写性能
  • 動画性能

ボディー性能

「α6100」は重さ396gで、「α6000」の344gよりもやや重いです。しかし、「α6100」はモニター180回転で自撮り可能、そしてタッチパネル対応です(α6000は両方不可)。

また、画像処理エンジンは「α6100」の方が最新なので、高感度にも強くなっている。常用感度は100-32000です(α6000はISO100-25600)。

AF性能

「α6100」は425点のAFセンサーを搭載しています。これは上位機と同レベル。一方で、「α6000」は179点でやや少ないです。さらに、「α6100」はリアルタイムトラッキングに対応しており、被写体へのAF追随性能がさらに良くなっています。瞳AFも動物に使える。

連写性能

両機とも同じ11コマ/秒ですが、「α6100」は連続撮影可能枚数がRAW33枚、JPEG Lが77枚です。「α6000」はRAW21枚、JPEG Lが49枚だったので、「α6100」の方がより長く連写が可能となっています。

動画性能

「α6100」は全画素読み出しの4K (3840×2160) 30/24pの撮影が可能です。一方で、「α6000」はフルHD (1920×1080) 60pまででした。

「SONY α6000」と下位機「SONY α5100」との違い

下位機である「SONY α5100」との主な違いは以下の通りです。

  • ファインダー(EVF)の有無
  • 連写性能

ファインダー(EVF)の有無

「α6000」にはファインダー(EVF)がありますが、「α5100」にはありません。「α5100」はファインダー(EVF)を省略することで軽量化されているようです。なので、283g(α5100)と344g(α6000)の違いがあります。

「SONY α6000 ILCE-6000」の詳細情報と「α5100」との違い

大きさもこれくらい違います(左α5100、右α6000)。

ただし、「α6000」の方がボタンが多く、操作性が良くなっている。一方で、「α5100」はモニターを180度回転させて自撮りが可能、さらにタッチパネルにも対応しています(α6000は両方不可)。

連写性能

「α6000」は11コマ/秒の連写で、連続撮影枚数は約49枚(JPEG L)、21枚(RAW)でした。一方で、「α5100」は6コマ/秒の連写で、連続撮影枚数は約56枚(JPEG L)、23枚(RAW)です。連続撮影枚数は「α6000」の方がやや少ないですが、連写は倍以上速く、動く被写体にも強くなっています。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプミラーレス
マウントEマウント
寸法約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 45.1 (奥行き)mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約344g
防塵防滴×
ボディ内手ブレ補正×
水準器×
内蔵フラッシュ
バッテリー寿命ファインダー使用時:約310枚、 液晶モニター使用時:約360枚

センサー

センサーサイズAPS-C
センサー備考-
有効画素数約2430万画素
ローパスフィルターあり
画像処理エンジンBIONZ X

静止画記録形式

記録メディア”メモリースティック PRO デュオ”、”メモリースティック PRO-HG デュオ”、”メモリースティック XC-HG デュオ”、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I 対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I 対応)
画像ファイル形式JPEG (DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.3、 MPF Baseline)準拠、RAW(ソニーARW 2.3フォーマット)
記録画素数Lサイズ: 6000 x 4000(24M),Mサイズ: 4240×2832(12M),Sサイズ: 3008x2000(6.0M)
スロット数シングルスロット

オートフォーカス

AF方式ファストハイブリッドAF(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
フォーカスポイント179点
検出範囲EV0-20
フォーカス備考瞳AF

シャッター

シャッター形式電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード1/4000-30秒
連写速度Hi時:最高約11コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW: 21枚

露出制御

撮影感度ISO100~25600
測光方式1200分割ライブビュー分析測光
測光モードマルチ測光、中央重点測光、スポット測光

ファインダー

ファインダー形式1.0cm(0.39型) 電子式ビューファインダー/1,440,000ドット
視野率100%
倍率約1.07倍(35mm判換算:約0.70倍)

モニター

可動・タッチパネルチルト式・タッチパネル非対応
画面サイズ/ドット数7.5cm(3.0型)ワイド TFT駆動/921 600ドット

動画撮影

4K×
フルHDフルHD(1920x1080) 60p

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth×

その他

使用可能温度-
使用可能湿度-
発売日2014-03-14