「Nikon D500」の詳細情報とD7500との違い。

メーカー概要

D5同等の最高性能と進化した機動力を融合したDX最強モデル。ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラD500。

引用:ニコン製品情報

「D500」の特徴について

「D500」の立ち位置について

一眼レフ

フラグシップ

「D500」はニコンAPS-C機でフラグシップモデル、ASP-C版のD5という位置付けになっています。非常に堅牢で信頼性のあるボディに、圧倒的なAF性能を兼ね備えています。

特に、スポーツや動物の撮影と相性が非常に良いです。フルサイズに比べ、焦点距離が1.5倍になり、望遠に強いという魅力もあります。

「D500」のボディーについて

質量
860g

防塵防滴

手ぶれ補正
×

タッチパネル

モニター
チルト式

水準器

フラッシュ
内蔵:×

「D500」は860gでAPS-C機にしては非常に重いです。軽量なフルサイズ機よりも重い。しかしながら、高剛性炭素繊維複合素材とマグネシウム合金を採用することで高い堅牢性を持ち合わせています。もちろん、高い防塵防滴構造です。過酷な環境でも故障を恐れずに撮影可能。

ファインダーはペンタプリズムを使用し、明るくクリア。さらに倍率1.0倍なので、APS-C機で最も広く見やすいです。ファインダーで被写体を捉えやすく疲れにくい。

モニターは3.2型約236万ドット高解像度、チルト式でタッチパネル対応です。また、XQDカードとSDカードのダブルスロットになっています。

「D500」のセンサーについて

有効画素数
2088万画素

ISO感度
100-51200

EXPEED 5

「D500」は有効画素数2088万画素のセンサーを搭載しています。画像処理エンジンは「EXPEED 5」です。

特に高感度に強いと言われていますが、ここでDxOMarkのセンサースコアを見てみましょう。

D500 D7500 D7200
Overall Score
(センサーの総合点)
83 86 87
Color Depth
(色の再現域と分離)
24 24.3 24.5
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
14 14 14.6
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容
できる最高のISO感度)
1324 1483 1333

D500が飛び抜けていることを期待していましたが、そうでもないようです。それどころか、やや他の機種に遅れを取っています。

D500の特徴としては高感度でもダイナックレンジが広い点らしいですね。スポーツや動物の撮影ではISO感度を高くして、シャッター速度を高くする必要があります。この際に力を発揮するようです。

それにしても、旧モデルのD7200は素晴らしいセンサー性能ですね。間違いなく名機です。

「D500」の連写性能について

最高連写
10コマ/秒

「D500」は最高約10コマ/秒の連写が可能です。電光石火の速さで撮りまくり。さらに、14ビットロスレス圧縮RAWでも200コマまで継続可能な大容量バッファーメモリーを搭載しています(XQDカード使用時)。連写をしても止まることなく、決定的な瞬間を逃しません。この点はさすがフラグシップ機で、圧倒的な性能です。

「D500」のAF性能について

AFポイント
153点

まず、AFポイントが153点と非常に多く、画面の大部分を覆い尽くします。

Nikon D500の詳細情報とD7500との違い。

ニコンフラグシップモデルであるD5と同じマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールを採用しているので、動きの速い被写体でも食い付きピントを合わせ続けます。構図の自由度も高いですね。

また、-4EVまでの低輝度対応しているので、薄暗い場所、コントラストの低いものでも、ピントを合わせやすくなっています。

あとは合成F値がf5.6までの明るさの場合は、153点すべてのフォーカスポイントが有効で、合成F値がf8となる場合でも、15点のフォーカスポイントが有効です。1.4倍や2.0倍のテレコンを使った場合でも、AFが効きやすくなっています。

「D500」の動画性能について

4K動画

フルHD

「D500」は4K UHD(3840×2160)動画に対応しています。記録時間は最長29分59秒。フルHD、HD動画撮影時は電子手ぶれ補正も使えます。さらに、4K UHDの微速度撮影機能があり、ゆっくりと変化する雲の流れや街の人波の移り変わりなどを、時間を凝縮してドラマチックに表現することも可能です。

「D500」のネットワークについて

Wi-Fi

Bluetooth

NFC

「D500」はカメラとスマートフォン/タブレット端末をスムーズにつなぐアプリケーション「SnapBridge」に対応。一度設定すれば、Bluetooth®によるカメラとスマートフォンの常時接続が可能です。スマートフォンがバッグに入っていても、カメラのシャッターをきるたびに撮った写真を自動転送。SNSメールで家族や友達に素早くシェアできます。

「D500」と下位機「D7500」との違い

下位機である「D7500」との主な違いは以下の通りです。

  • 大きさ重さ
  • 動体追従性能
  • モニター・ファインダー
  • スロット数・縦グリ

決定的に違うのは動体追従性能です。D500の方が圧倒的に強い。

大きさ重さ

D500は860gですが、D7500は720gです。D500が140gも重いです。

Nikon D500の詳細情報とD7500との違い。

大きさもこれだけ違います(右がD500)。

D500はもちろん防塵防滴ですが、さらに酷使に耐える強度と剛性を確保しています。D7500よりもずっと堅牢。

動体追従性能

D500のAFポイントは153点ですが、D7500は51点です。D500が圧倒的に多い。AFの追従性も良く、動体への食らい付きが違います。さらに、輝度範囲も、D500は-4EV〜20EV、D7500は-3EV〜19EVと、D500の方が広い。つまり、D500のAFの方が暗所などの悪条件に強いことになります。

さらにD500は連写が10コマ/秒で速いです(D7500は8コマ/秒)。バッファについてもD500は200コマ(14bitロスレス圧縮RAW、XQDカード使用時)もあります。D7500は50コマなので、D500は4倍です。D7500もすごいですが、D500の方がもっとすごい。

モニター・ファインダー

D500のモニターは3.2インチ・236万ドットなのに対し、D7500は3.2インチ・92.2万ドットです。D500の方が繊細感のあるモニターです。ちなみに、双方ともチルト式・タッチパネル対応。

ファインダーについては、同じプリズム使用ですが、D7500が倍率0.94倍なのに対し、D500は1.0倍でより広く見やすいです。

スロット数・縦グリ

D500はダブルスロット(SDカードとXQDカード)です。D500はバックアップも取れて安心ですね。さらに、D500は縦グリップ(マルチパワーバッテリーパック)にも対応しているので拡張性が高いです。D7500はシングルスロットで縦グリップ使用不可でした。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプ一眼レフ
マウントFマウント
寸法約147×115×81mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約860g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正×
水準器
内蔵フラッシュ×
バッテリー寿命約1240コマ(カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL15使用時)CIPA規格準拠

センサー

センサーサイズAPS-C
センサー備考-
有効画素数2088万画素
ローパスフィルターローパスフィルターレス
画像処理エンジンEXPEED 5

静止画記録形式

記録メディアXQDカード、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード
画像ファイル形式RAW 12ビット/14ビット(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮)、サイズL/M/S選択可能(サイズM/Sは12ビット、ロスレス圧縮に固定) ・TIFF (RGB) ・JPEG
記録画素数撮像範囲[DX(24×16)]: 5568×3712(L)、4176×2784(M)、2784×1856(S)
スロット数ダブルスロット

オートフォーカス

AF方式TTL位相差検出方式
フォーカスポイント153点
検出範囲-4~+20EV
フォーカス備考-

シャッター

シャッター形式電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター、電子先幕シャッター(ミラーアップ撮影時)
シャッタースピード1/8000~30秒
連写速度高速連続撮影:約10コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW (ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)200コマ

露出制御

撮影感度ISO100- 51200
測光方式180Kピクセル(約180,000ピクセル)RGBセンサーによるTTL開放測光方式
測光モードマルチパターン測光、中央部重点測光、スポット測光、ハイライト重点測光

ファインダー

ファインダー形式ペンタプリズ
視野率上下左右とも約100%
倍率約1.0倍

モニター

可動・タッチパネルタッチパネル対応、チルト式
画面サイズ/ドット数3.2型、約236万ドット

動画撮影

4K4K UHD 30p
フルHDフルHD 1080/60p

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth

その他

使用可能温度0℃~40℃
使用可能湿度85%以下(結露しないこと)
発売日2016-04-28