「SONY α9 ILCE-9 ボディ」の詳細情報

メーカー概要

世界初メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを搭載した、フルサイズ一眼

引用:ソニー製品情報

「SONY α9」の特徴について

「α9」の立ち位置について

ミラーレス

フラグシップ

「α9」はソニーのフルサイズミラーレスでのフラグシップモデルになります。高いAF性能と連写を得意とするカメラです。ちなみに、このカメラは2017年発売で、現在は旧モデルになっています。2019年発売の「SONY α9 Ⅱ」が最新モデル。

「α9」のボディーについて

質量
673g

防塵防滴

手ぶれ補正

タッチパネル

モニター
チルト式

水準器

フラッシュ
内蔵:×

「α9」は重さ673gです。トップカバー、フロントカバー、内部フレーム、リヤカバーのすべてにマグネシウム合金が採用され堅牢な作り、また各所にシーリングを施した防塵防滴に配慮した設計となっています。

そして、5.0段の補正効果のある光学式5軸ボディ内手ブレ補正を搭載しています。高い効果でブレを排除し、高い解像力を引き出します。また、手振れ補正のないレンズでも、手ぶれ補正を効かすことができるのは良いですね。

「SONY  α9 ILCE-9 ボディ」の詳細情報

ファインダーは約369万画素の有機ELパネル「Quad-VGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」を搭載。ファインダー倍率は0.78倍なので、広く見やすいEVFになっています。

スロットはSDカード/メモリースティックカードのダブルスロットです。

「α9」のセンサーについて

有効画素数
2420万画素

ISO感度
100- 51200

BIONZ X

「α9」は有効約2420万画素のセンサーを搭載しています。高感度に強い裏面照射構造となっているようです。ローパスフィルターはあります。ARコート(反射防止膜)も施されている。

では、DxOMarkのセンサースコアで確認してみましょう。

α9 α9 II α7R III α7 III 1DXII D5
Overall Score
(センサーの総合点)
92 93 100 96 88 88
Color Depth
(色の再現域と分離)
24.9 25 26 25 24.1 25.1
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
13.3 14 14.7 14.7 13.5 12.3
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容
できる最高のISO感度)
3517 3434 3523 3730 3207 2434

ソニーの優秀なカメラの中では並みの性能のようですが、キヤノンやニコンのフラグシップモデルと比較すると、圧倒的なセンサー性能となります。特に高感度に強いですね。

「SONY α9」はバランスの良い優れたセンサーを搭載していると言えます。

「α9」の連写性能について

最高連写
20コマ/秒

「α9」のセンサーは、世界初の積層構造になっており、メモリーを内蔵しています。これにより処理速度が飛躍的に向上。連写によるファインダーの消失時間ゼロ、最高20コマ/秒の凄まじい高速連写が可能となっています(電子シャッター使用、メカシャッターだと最高約5コマ/秒)。

「SONY  α9 ILCE-9 ボディ」の詳細情報

ファインダーが消失しないので被写体を補足しやすく、動画のような高速連写で一瞬のタイミングも逃しません。また、圧縮RAWで約241枚、非圧縮RAWで128枚もの連続撮影が可能なので、連写の持続性もしっかりあります。

ちなみに、通常だと電子シャッターを使用すると、動きの速いものが歪む現象が生じてしまいます(ローリングシャッター歪み)。しかし、「SONY α9」は読み込み速度を高速化することで歪みを防止する。

あとは電子シャッターなので無音・無振動、メカシャッターの限界を大幅に上回る最高1/32000秒のシャッタースピードを実現します。

「α9」のAF性能について

AFポイント
693点

「α9」は撮影領域のほぼ全面となる約93%をカバーする、693点の像面位相差検出AFセンサーと425点コントラストAFが配置されています。

「SONY  α9 ILCE-9 ボディ」の詳細情報

広範囲・高密度のAFセンサーにより、ピントが抜けやすい小さな被写体でも、画面の端から端まで精度高く捉え続けることができます。検出範囲はEV-3〜20なので暗所にもそれなりに強いです。

さらに、「リアルタイムトラッキング」も採用されています。「リアルタイムトラッキング」はAIを活用した新機能で、色、模様(輝度)、被写体距離(奥行き)からなる空間情報をリアルタイムに高速処理、静止画・動画を問わず、狙いたい被写体を指定し、シャッターボタンを半押しするだけで自動追尾が可能となるものです。もちろん、「リアルタイム瞳AF」も可能。精度に粘りつよく被写体を追随します。

「α9」の動画性能とネットワークについて

4K動画

フルHD

Wi-Fi

Bluetooth

NFC

「α9」は、35mmフルサイズ領域での画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力可能です。オーバーサンプリング効果により、高い解像力を誇る4K動画画質を実現しています。

また、NFC搭載なので、ワンタッチでWi-Fi接続が行えます。スマホやタブレットなどのNFC対応のモバイル端末とカメラをタッチするだけで、写真や動画の転送が可能。また、スマホやタブレットをカメラのリモコンとして使用できる「Imaging Edge Mobile」もワンタッチで起動可能です。スマホやタブレットの画面を見ながら、リモート撮影が行えます。

「SONY α9」と新モデル「SONY α9 Ⅱ」との違い

新モデルである「SONY α9 Ⅱ」とはマイナーチェンジとなっています。

  • メカニカルシャッターが5コマ/秒から10コマ/秒に
  • フリッカーレス撮影対応
  • 1000BASE-Tイーサネット端子を内蔵
  • Wi-Fiで5GHz対応
  • USB type C端子を搭載
  • デジタルオーディオインターフェースシュー対応

α9とα9Ⅱに大きな変化はなく、ワークフローを支える通信系を強化した感じです。

ただし、α9が対応してなかった「フリッカーレス撮影」は良いなと思います。「フリッカーレス撮影」ができれば、人工光源の点滅による露出のばらつきを抑えることが可能です。あとは、メカニカルシャッターが5コマ/秒から10コマ/秒に強化されているようですね。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプミラーレス
マウントEマウント
寸法約126.9(幅) x 95.6(高さ) x 73.7(奥行き)mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約673g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正○(5軸手ブレ補正)
水準器
内蔵フラッシュ×
バッテリー寿命ファインダー使用時:約480枚、 液晶モニター使用時:約650枚

センサー

センサーサイズフルサイズ
センサー備考積層型CMOSセンサー、裏面照射構造
有効画素数2420万画素
ローパスフィルターあり
画像処理エンジンBIONZ X

静止画記録形式

記録メディアメモリースティック PRO デュオ、メモリースティック PRO-HG デュオ、メモリースティック マイクロ(M2)、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I /II対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I /II対応)、microSD メモリーカード、microSDHC メモリーカード、microSDXC メモリーカード
画像ファイル形式JPEG (DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.31、 MPF Baseline)準拠、RAW(ソニーARW 2.3フォーマット)
記録画素数Lサイズ: 6000 x 4000(24M)、Mサイズ: 3936 x 2624(10M)、Sサイズ: 3008 x 2000(6.0M)
スロット数ダブルスロット (SDカード/SD・MSカード)

オートフォーカス

AF方式ファストハイブリッドAF(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
フォーカスポイント693点(位相差検出方式)
検出範囲EV-3-20
フォーカス備考瞳AF、リアルタイムトラッキング

シャッター

シャッター形式電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード電子:1/32000~30秒、 メカニカル:1/8000~30秒
連写速度AUTO/電子シャッター時 Hi:最高約20コマ/秒、Mid:最高約10コマ/秒 、Lo:最高約5コマ/秒、メカシャッター時: Hi:最高約5コマ/秒、Mid:最高約5コマ/秒 、Lo:最高約2.5コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW(圧縮):241枚、RAW(非圧縮) 128枚

露出制御

撮影感度ISO100- 51200
測光方式1200分割ライブビュー分析測光
測光モードマルチ測光、中央重点測光、スポット測光(標準/大)、画面全体平均測光、ハイライト重点測光

ファインダー

ファインダー形式1.3cm(0.5型)/3,686,400 ドット
視野率約100%
倍率約0.78倍

モニター

可動・タッチパネルタッチパネル対応、チルト式
画面サイズ/ドット数7.5cm(3.0型) /1,440,000ドット

動画撮影

4K4K(3840x2160) 30p
フルHDフルHD(1920x1080) 60p

ネットワーク

WI-Fi
Bluetooth

その他

使用可能温度-
使用可能湿度-
発売日2017-05-26