「CANON EOS-1D X Mark II」の詳細情報。

メーカー概要

革新と熟成のフラッグシップEOS。デュアルDIGIC6+を搭載し、ファインダー撮影時最高約14コマ/秒の高速撮影を実現。

引用:キヤノン製品情報

「CANON EOS-1D X Mark II」の特徴について

「EOS-1D X Mark II」の立ち位置について

一眼レフ

フラグシップ

「EOS-1D X Mark II」はキヤノンのフラグシップ機になります。一眼レフの巨人、キヤノンの最高峰カメラなだけあって、やはり性能も凄まじいものになっています。ただし、現在このカメラは旧モデルです。

「EOS-1D X Mark II」のボディーについて

質量
1530g

防塵防滴

手ぶれ補正
×

タッチパネル

モニター
固定式

水準器

フラッシュ
内蔵:×

「EOS-1D X Mark II」は、上・前・後カバーおよびメモリーカードスロットカバーに、高剛性なマグネシウム合金を採用。重さ約1530gと重いですが、非常に堅牢で気候耐性が高いです。

「CANON EOS-1D X Mark II」の詳細情報。

カメラ内部の温度上昇を抑える、放熱構造も備えているようですね。CMOSセンサーや映像エンジンなどが発生する熱を、ヒートパイプで本体(内部構造)の外へと伝熱します。これにより熱ノイズなども少なくなりそうです。

さらに、ファインダーについても、倍率倍率約0.76倍でキヤノン機で最も大きいです(キヤノンのフルサイズ機はファインダー倍率0.71倍が多い)。ファインダー像が大きく見やすくなっています。

もちろん、ダブルスロット(コンパクトフラッシュ/CFastカード)で安心です。ちなみに、モニターは可動しませんが、タッチパネルには対応しています。

「EOS-1D X Mark II」のセンサーについて

有効画素数
2020万画素

ISO感度
100- 51200

DIGIC 6+

「EOS-1D X Mark II」は有効画素数2020万画素のセンサーを搭載しています。旧モデルである「EOS-1D X」は有効約1810万画素だったので、これよりも画素数が増えている。それだけでなくセンサーの性能も大きく向上しているます。

DxOMarkのセンサースコアを確認してみましょう。

1D X Mk II 1D X 5D MkIII 5Ds R 6D
Overall Score
(センサーの総合点)
88 82 81 86 82
Color Depth
(色の再現域と分離)
24.1 23.8 24.0 24.6 23.8
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
13.5 11.8 11.7 12.4 12.1
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容
できる最高のISO感度)
3207 2786 2293 2308 2340

「CANON EOS-1D X Mark II」は全てキヤノン機の中で、最も性能の良いセンサーになっています。

まず、キヤノンが苦手とするダイナミックレンジが、他のカメラと比較して大幅に広いです。これは大きなアドバンテージ。さらに、高感度耐性もダントツで高く、ノイズレスな画を得られます。ISO感度を上げてシャッター速度を上げたい時などにも優位ですね。

「CANON EOS-1D X Mark II」は非常に優秀なセンサーを搭載しており、キヤノンのフラグシップ機なだけあります。

「EOS-1D X Mark II」の連写性能について

ファインダー
14コマ/秒

モニター
16コマ/秒

「EOS-1D X Mark II」は約14コマ/秒の超高速連写が可能です。さらに、ライブビュー撮影なら最高約16.0コマ/秒も可能(AF/AEは1コマ目固定)。これはニコンD5(約12コマ/秒、ライブビューで約14コマ/秒)を凌ぐ、圧倒的な連写性能です。

さらに、新開発の低ショックミラー駆動システムを採用しているので、ブレも少なくファインダー像には安定感があります。ちなみに、AF/AE追従による高精度なAIサーボAFも使える(ライブビューではAF/AEは1コマ目固定)。

それから、連続撮影可能枚数はRAWで約170枚もあります(CFast 2.0カード使用)。キヤノン機はバッファーが少ない印象でしたが、「EOS-1D X Mark II」は大容量のバッファーで、高速連写しても息切れしにくいです。被写体のどんな瞬間でも逃しません。

「EOS-1D X Mark II」のAF性能について

AFポイント
61点

「EOS-1D X Mark II」のAFには、新開発のAFセンサーを核に光学系とアルゴリズムを再構築した、新61点レティクルAFが搭載されています。また、AIサーボAFとEOS iTR AFのアルゴリズムも進化しているので、動きの速い被写体でも、食い付きが良く、捉えた被写体を離しません。ちなみに、すべてのAFセンサーはF8対応なので、テレコン使用時にも優位です。ただし、AFポイントが61点なのは、他社のカメラと比較して少ないですね。

「EOS-1D X Mark II」の動画性能とネットワークについて

4K動画

フルHD

Wi-Fi
×

Bluetooth
×

「EOS-1D X Mark II」は、シネマ4K(4096×2160)60fpsで録画可能です。動きの速い被写体も滑らかに美しく記録できます。また、素材性を重視し、記録形式にMOV、圧縮方法にMotion JPEGを採用。音声を非圧縮のリニアPCMで収録することも可能です。

ちなみに、120fpsのハイフレームレートに対応したフルHD記録にも対応し、高画質で滑らかなスローモーション映像が録画できます。

それから、Wi-FiやBluetoothには対応していません。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプ一眼レフ
マウントEFマウント
寸法約158.0(幅)×167.6(高さ)×82.6(奥行)mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約1530g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正×
水準器
内蔵フラッシュ×
バッテリー寿命ファインダー撮影:常温(+23℃)約1210枚/低温(0℃)約1020枚

センサー

センサーサイズフルサイズ
センサー備考-
有効画素数約2020万画素
ローパスフィルターあり
画像処理エンジンDIGIC 6+

静止画記録形式

記録メディアCFカード(タイプI準拠、UDMAモード7対応)、 CFastカード(CFast 2.0対応)
画像ファイル形式JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)
記録画素数L(ラージ):約2000万画素、 M1(ミドル1):約1270万画素、 M2(ミドル2):約890万画素、 S(スモール):約500万画素、 RAW(ロウ):約2000万画素、 M-RAW:約1120万画素、 S-RAW:約500万画素
スロット数ダブルスロット (コンパクトフラッシュ/CFastカード)

オートフォーカス

AF方式専用AFセンサーによるTTL二次結像位相差検出方式
フォーカスポイント61点
検出範囲EV -3~18
フォーカス備考-

シャッター

シャッター形式1/8000~30秒
シャッタースピード電子制御式、フォーカルプレーンシャッター
連写速度ファインダー撮影時:最高約14.0コマ/秒(14~2コマ/秒に設定可能)、 ライブビュー撮影時:最高約16.0コマ/秒(16, 14~2コマ/秒に設定可能)
連続撮影可能枚数RAW: CFカード:標準:約59枚/高速:約73枚、 CFastカード:約170枚

露出制御

撮影感度ISO100- 51200
測光方式約36万画素RGB+IR測光センサー使用、216分割TTL開放測光 EOS iSA(Intelligent Subject Analysis)システム
測光モード評価測光、部分測光、スポット測光、中央部重点平均測光

ファインダー

ファインダー形式ペンタプリズム
視野率上下左右とも約100%
倍率約0.76倍

モニター

可動・タッチパネル固定式、タッチパネル対応
画面サイズ/ドット数3.2型・約162万ドット

動画撮影

4K4K(4096x2160) 60p
フルHDFull HD(1920×1080)60p

ネットワーク

WI-Fi×
Bluetooth×

その他

使用可能温度0℃~+45℃
使用可能湿度85%以下
発売日2016-04-28