「CANON EOS 5Ds」の詳細情報と「EOS 5Ds R」との違い。

メーカー概要

35mmフルサイズ約5,060万画素センサーを搭載した高解像モデル。これまで表現できなかった精緻な描写を可能にしています。

引用:キヤノン製品情報

「CANON EOS 5Ds」の特徴について

「EOS 5Ds」の立ち位置について

一眼レフ

ミドルクラス

「EOS 5Ds」はフルサイズ一眼レフカメラでハイエンドモデルに該当します。兄弟機には「EOS 5Ds R」や「5D Mark IV」があり、上位にはフラグシップの「EOS-1D X Mark II」がランナップされている。

「EOS 5Ds」のボディーについて

質量
930g

防塵防滴

手ぶれ補正
×

タッチパネル
×

モニター
固定式

水準器

フラッシュ
内蔵:×

「EOS 5Ds」は主要外装(上・前・後カバー)に高強度・電磁シールド効果や放熱性に優れたマグネシウム合金を採用しています。重さは約930gと重いですが、しっかりとした剛性があり、過酷な環境にも耐えます。もちろん、防塵防滴。

ちなみに、モニターは固定式でタッチパネル非対応です。スロットは、ダブルスロット(コンパクトフラッシュ/SDカード)になっているので、使い分けやバックアップも取れます。

「EOS 5Ds」のセンサーについて

有効画素数
5060万画素

ISO感度
100-6400

DIGIC 6

「EOS 5Ds」の特徴は何とっても有効画素数約5060万画素の高画素という点です。解像力が圧倒的に高いので、被写体の質感や立体感をしっかり表現しきってくれます(ローパスフィルター有り)。もちろん、それだけ解像力の高いレンズも必要なので、Lレンズの高性能ラインを使う必要があるでしょう。

そして、ただ高画素なだけでなく、設計的にも高解像度を追求しています。ミラーショックについては、モーターとカムギアによって駆動と速度制御を行う、独自のミラー振動制御システムを採用しており、微小振動と画面ブレの発生を抜本的に抑えることで、約5060万画素の解像性能を存分に引き出しています。

そして、三脚座を保持する底面シャーシには肉厚のステンレスを採用しています。このように三脚座の剛性を強化することで、カメラと三脚・雲台がひと塊の剛性体のごとく一体化して、ブレを効果的に防いでくれます。

次に、「EOS 5Ds」のセンサーについて、DxOMarkのセンサースコアを元に、他のカメラと比較してみましょう。

EOS 5Ds 5Ds R D850 α7R III 5D III
Overall Score
(センサーの総合点)
87 86 100 100 81
Color Depth
(色の再現域と分離)
24.7 24.6 26.4 26 24
Dynamic Range
(ダイナミックレンジ)
12.4 12.4 14.8 14.7 11.7
Low-Light ISO
(DxOの基準で許容
できる最高のISO感度)
2381 2308 2660 3523 2293

「EOS 5Ds」は「D5s R」と同じセンサー性能と言っても良いでしょう。「5D Mark Ⅲ」との比較では、全ての点で「EOS 5Ds」が優っています。キヤノン機では素晴らしいセンサーとなっています。

「Nikon D850」や「Sony α7R III」との比較ではやや遅れを取ります。特にダイナミックレンジでは大きな差があるかと思います。ニコンはソニー製センサーを搭載しているとの噂ですが、キヤノンはそうではありません。その点で差が出ているのではないかと思います。

「EOS 5Ds」の連写性能について

最高連写
5コマ/秒

「EOS 5Ds」は最高5コマ/秒の連写が可能。これはそこまで速くはないです。連続撮影枚数についても12枚(RAW)なので、ちょと少ない印象です。連写がすぐに止まる可能性があります。

「EOS 5Ds」のAF性能について

AFポイント
61点

「EOS 5Ds」は61点のAFセンサーを高密度で配置されています。構図の自由度も高く、また「EOS iTR AF」を搭載しているので、AFフレームが乗り移りながら動体を追尾することも可能です。動体に対しても高いピント精度を発揮する。ピント精度は解像力を高める上で、とても大切な要素ですね。

「EOS 5Ds」の動画性能とネットワークについて

4K動画
×

フルHD

Wi-Fi
×

Bluetooth
×

「EOS 5Ds」はフルHD30pの動画撮影が可能です。連続最長記録時間は29分59秒まで。また、WI-FiやBluetoothには対応していません。

「EOS 5Ds」と「EOS 5Ds R」との違い

「EOS 5Ds」の兄弟機に「EOS 5Ds R」という「R」がついたモデルがあります。

この両機はローパスフィルターがあるか無いかの違いで、他の性能は同じとなっています。「EOS 5Ds」にはローパスフィルターがあり、「EOS 5Ds R」にはありません。

ローパスフィルターは偽色やモアレを防ぐ機能がありますが、解像度が多少落ちるという副作用があります。「EOS 5Ds R」はローパスフィルターレスにすることで、解像力を極限まで高めたモデルというわけです。

しかし、ローパスフィルターが無いと、偽色やモアレの発生するリスクが増します。偽色やモアレは取り除くことが困難なので、もしそれが嫌であれば「EOS 5Ds」という選択肢になるでしょう。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプ一眼レフ
マウントEFマウント
寸法約152.0(幅)×116.4(高さ)×76.4(奥行)mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約930g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正×
水準器
内蔵フラッシュ×
バッテリー寿命ファインダー撮影: 常温(+23℃)約700枚/低温(0℃)約660枚

センサー

センサーサイズフルサイズ
センサー備考-
有効画素数約5060万画素
ローパスフィルターあり
画像処理エンジンDIGIC 6

静止画記録形式

記録メディアCFカード、 SD/SDHC/SDXCメモリーカード
画像ファイル形式JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)
記録画素数L(ラージ):約5030万画素、 M1(ミドル1):約3930万画素、 M2(ミドル2):約2210万画素、 S1(スモール1):約1240万画素、 S2(スモール2):約250万画素、 S3(スモール3):約35万画素、 RAW(ロウ):約5030万画素、 M-RAW:約2800万画素、 S-RAW:約1240万画素
スロット数ダブルスロット(コンパクトフラッシュ/SDカード)

オートフォーカス

AF方式専用AFセンサーによるTTL二次結像位相差検出方式
フォーカスポイント61点
検出範囲EV -2~18
フォーカス備考-

シャッター

シャッター形式電子制御式、フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード1/8000~30秒
連写速度高速連続撮影:最高約5.0コマ/秒
連続撮影可能枚数RAW:約12枚

露出制御

撮影感度ISO 100~6400
測光方式約15万画素RGB+IR測光センサー使用、252分割TTL開放測光
測光モード評価測光、部分測光、スポット測光、中央部重点平均測光

ファインダー

ファインダー形式ペンタプリズム
視野率上下左右とも約100%
倍率約0.71倍

モニター

可動・タッチパネル固定式、タッチパネル非対応
画面サイズ/ドット数3.2型・約104万ドット

動画撮影

4K×
フルHDフルHD(1920x1080) 30fps

ネットワーク

WI-Fi×
Bluetooth×

その他

使用可能温度0℃~+40℃
使用可能湿度85%以下
発売日2015-06-18