「Nikon D5」の詳細情報とD4Sとの違い。

メーカー概要

あらゆる状況下で、瞬間を逃さず高品位な映像表現を可能にする。ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラD5。・XQD-Type/CF-Typeの2タイプから選択可能。いずれのタイプも同種メディア2枚が使えるメモリーカードダブルスロットを搭載しています。

引用:ニコン製品情報

「D5」の特徴について

「D5」の立ち位置について

一眼レフ

フラグシップ

「D5」はニコン一眼レフカメラでのフラグシップモデルになります。フラグシップだけあって、重く巨大、そして非常に高価。ただし、一瞬をも逃さない圧倒的なスピードを兼ね備えたカメラになっています。

「D5」のボディーについて

質量
1415g

防塵防滴

手ぶれ補正
×

タッチパネル

モニター
固定式

水準器

フラッシュ
内蔵:×

Wi-Fi
×

Bluetooth
×

「D5」は横位置、縦位置でもグリップ可能で、また専用ボタンも多いことから、操作性は抜群です。従来機からFn2ボタン、Fn3ボタンが追加され、各機能の割り当てることでワークフローの効率化に貢献します。

さらに、ボタンイルミネーションもされているので、暗所でも操作系の視認性が高く、スムーズな操作が可能です。

Nikon D5

当然ながら、ボディは防塵防滴。重さ1415gと重量はありますが、マグネシウム合金を使用することで、過酷な環境にも耐えられる高剛性・高耐久性ボディーとなっています。

あとは約3780コマ撮れるバッテリーライフも驚異的です(カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18b使用時)。

モニターは固定式、また内蔵フラッシュを省略することで堅牢性を高めています。

「D5」のセンサーについて

有効画素数
2082万画素

ISO100
-102400

EXPEED 5

「D5」では常用ISO感度が100-102400に対応しています。さらに、増感すればニコン史上最高のISO 3280000相当(Hi 5)までの使える。これまで撮れなかった暗闇の被写体も撮影可能です。

画質に関しても、2082万画素の新開発CMOSセンサーと、新しいノイズ低減機能を搭載した画像処理エンジン「EXPEED 5」により、ノイズレスで高感度域まで安定して得られます。

どちらかと言うと、画質は高感度に振っているようですね。低感度ではそこまでの画質ではない一方で、高感度では他のカメラにはない高画質な画を描き出します。

「D5」の連写性能について

最高連写
12コマ/秒

そして、連写は約12コマ/秒を実現(ミラーアップではAF/AE固定で14コマ/秒)。連続撮影可能枚数も200コマという圧倒的性能を誇ります(RAWロスレス圧縮RAW/14ビット記録)。マシンガンのように連写し続けることが可能です。ちなみに、機構ブレを極限まで抑える電子先幕シャッターも搭載しています。被写体の一瞬も高繊細に捉える。

「D5」のAF性能について

AFポイント
153点

「D5」のAFポイントは153点あります。広域・高密度なAFシステムが、動きの速い被写体をしっかり捕捉する。また、-4EVにも対応しているので、低輝度時にもスムーズに確実に合焦します。ちなみに、153点全てf5.6に対応、f8でも15点が対応するので、テレコン使用時においてAFを使いやすいです。

「D5」の動画性能について

4K動画

フルHD

「D5」は4K(3840×2160)30pの4K動画に対応しています(最長29分59秒まで)。ドットバイドット情報読み出しも可能です。撮像素子上で使用する画素数と動画の記録画素数が同じであるため撮影後の処理が少なく、ディテールに富んだ極めて鮮鋭感の高い映像が得られる。また、非圧縮映像をHDMI出力し、外部モニターへの表示、外部レコーダーへの同時記録も可能。

そして、動画編集で4K UHD動画からも「選択フレームの保存」が可能。4K UHDで記録した映像から必要な箇所を画素数約8メガピクセルのJPEG画像として切り出せます。パナソニックなどの4Kフォトみたいな感じですね。

「D5」と旧モデル「D4S」との違い

旧モデルであるD4Sとの主な違いは以下の通りです。

  • 1661万画素から2082万画素へ
  • 約11コマ/秒から約12コマ/秒へ。バッファも大容量化。
  • オートフォーカス性能の向上
  • 記憶メディアの変更
  • タッチパネル対応
  • 4K動画に対応

1661万画素から2082万画素へ

D5は新開発した有効画素数2088万画素のCMOSセンサーを搭載し、画像処理エンジンは「EXPEED 5」です。一方で、D4Sは有効画素数1623万画素で、「EXPEED 4」を搭載しています。

高感度についてもD4Sは常用100~25600・拡張50~409600でしたが、D5は常用100~102400・拡張50~3280000と大幅な性能向上をしています。

約11コマ/秒から約12コマ/秒へ。バッファも大容量化。

D4Sの約11コマ/秒から、D5は約12コマ/秒へ連写が速くなっています(ミラーアップ時は約14コマ/秒)。また、バッファも大容量化し、D4Sは102コマでしたが、200コマへ倍増しています (ロスレス圧縮RAW/14ビット)。

オートフォーカス性能の向上

D4Sは51点のAFポイントでしたが、D5は153点へ一気に増えています。検出範囲もD4Sの-2~+19EVから、5Dは-4~+19EVへ進化。

記憶メディアの変更

D5はXQDカードのダブルスロットとCFカードのダブルスロットの2種類が用意されていますが、D4SはXQDカードとCFカード(コンパクトフラッシュカード)のダブルスロットでした。

タッチパネル対応

D5のモニターはタッチパネル対応ですが、D4Sは対応していません。解像度も92万ドットから、D5は236万ドットに向上。

4K動画に対応

D5とD4SはどちらもフルHD動画(1920×1080)60pの撮影に対応していますが、D5はさらに最長29分59秒まで撮影できる4K UHD(3840×2160)30p/25p/24pの動画撮影に対応しました。

ライバルカメラ

仕様

基本仕様

タイプ一眼レフ
マウントFマウント
寸法約160×158.5×92mm
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
XQDカード対応機種:約1405g
防塵防滴
ボディ内手ブレ補正×
水準器
内蔵フラッシュ×
バッテリー寿命約3780コマ(カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18b使用時)CIPA規格準拠

センサー

センサーサイズフルサイズ
センサー備考-
有効画素数2082万画素
ローパスフィルターあり
画像処理エンジンEXPEED 5

静止画記録形式

記録メディアXQDカード対応機種:XQDカード、CFカード対応機種:コンパクトフラッシュカード
画像ファイル形式RAW12ビット/14ビット(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮)、サイズL/M/S選択可能(サイズM/Sは12ビット、ロスレス圧縮に固定)、TIFF、JPEG
記録画素数撮像範囲[FX(36×24)1.0×]の場合: 5568×3712ピクセル(サイズL)、4176×2784ピクセル(サイズM)、2784×1856ピクセル(サイズS)
スロット数ダブルスロット

オートフォーカス

AF方式TTL位相差検出方式
フォーカスポイント153点
検出範囲-4~+20EV
フォーカス備考-

シャッター

シャッター形式電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター、電子先幕シャッター(ミラーアップ撮影時)
シャッタースピード1/8000~30秒
連写速度高速連続撮影:約10~12コマコマ/秒、約14コマ/秒(ミラーアップ)
連続撮影可能枚数RAW (ロスレス圧縮RAW/14ビット記録)200コマ(XQDカード)

露出制御

撮影感度ISO100- 102400
測光方式180Kピクセル(約180,000ピクセル)RGBセンサーによるTTL開放測光方式
測光モードマルチパターン測光、中央部重点測光、スポット測光、ハイライト重点測光

ファインダー

ファインダー形式ペンタプリズム
視野率上下左右とも約100%
倍率約0.72倍

モニター

可動・タッチパネル可動不可・タッチパネル対応
画面サイズ/ドット数3.2型、約236万ドット

動画撮影

4K4K UHD 30p
フルHDフルHD

ネットワーク

WI-Fi×
Bluetooth×

その他

使用可能温度0℃~40℃
使用可能湿度85%以下(結露しないこと)
発売日2016-03-26